藤澤 友紀子 FUJISAWA Yukiko

ID:9000045557923

豊橋技術科学大学 Toyohashi University of Technology (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • 音声認識技術を用いた英単語単発声からの発音上の癖推定 (テーマ:言語処理応力とヒューマンインターフェイス)  [in Japanese]

    峯松 信明 , 藤澤 友紀子 , 中川 聖一

    知的教育システム研究会 (28), 13-18, 2000-03-19

  • Automatic estimation of pronunciation habits using a single word utterance spoken by a Japanese learner  [in Japanese]

    MINEMATSU Nobuaki , FUJISAWA Yukiko , NAKAGAWA Seiichi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2000(1), 311-312, 2000-03-01

    References (2) Cited by (1)

  • Automatic Estimation and VIsualization of English PRonunciation Habit and Its APplication to Prosodic Evaluation of Pronunciation Proficiency  [in Japanese]

    MINEMATSU Nobuaki , FUJISAWA Yukiko , NAKAGAWA Seiichi

    日本人によって発声された英単語音声に対する(韻律的)自動評定を目的として, 1)英単語音声からの「発音上の癖」の自動推定, 2)推定された癖の視覚化, 3)視覚化された癖の分析に基づく発音能力の韻律的評定について検討した.本論文で提案する発音上の癖推定手法は, 筆者らが先行研究において提案した強勢音節自動検出手法に基づいている.先行研究では強勢 / 弱勢音節を, 音節構造・単語内位置などの情報を用 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00083(00002), 486-499, 2000-02-20

    References (29) Cited by (17)

  • Comparison between HMM and DP matching in terms of their performance of detecting stressed syllables in English words  [in Japanese]

    FUJISAWA Yukiko , MINEMATSU Nobuaki , NAKAGAWA Seiichi

    日本人による英(単)語音声の自動韻律評価を目的として、HMMを用いた強勢音節の自動検出について検討している。本稿では、従来法、及び市販語学学習ソフトにおいて採られている方法論を考慮し、同一単語、異なる2発声間における強勢パターンの同-性判定を、HMM.DPマッチング、人間による音響パラメータ視察、の三者間で比較した。判定実5験で用いた音声試料には、同一と判定されるべき単語音声対、非同一として判定さ …

    IEICE technical report. Speech 99(525), 13-18, 1999-12-20

    References (15)

  • Comparison between HMM and DP matching in terms of their performance of detecting stressed syllables in English words  [in Japanese]

    FUJISAWA Yukiko , MINEMATSU Nobuaki , NAKAGAWA Seiichi

    日本人による英(単)語音声の自動韻律評価を目的として、HMMを用いた強勢音節の自動検出について検討している。本稿では、従来法、及び市販語学学習ソフトにおいて採られている方法論を考慮し、同一単語、異なる2発声間における強勢パターンの同-性判定を、HMM.DPマッチング、人間による音響パラメータ視察、の三者間で比較した。判定実5験で用いた音声試料には、同一と判定されるべき単語音声対、非同一として判定さ …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 99(523), 13-18, 1999-12-20

    References (15)

  • Comparison between HMM and DP matching in terms of their performance of detecting stressed syllables in English words  [in Japanese]

    FUJISAWA Yukiko , MINEMATSU Nobuaki , NAKAGAWA Seiichi

    日本人による英(単)語音声の自動韻律評価を目的として、HMMを用いた強勢音節の自動検出について検討している。本稿では、従来法、及び市販語学学習ソフトにおいて採られている方法論を考慮し、同一単語、異なる2発声間における強勢パターンの同一性判定を、HMM、DPマッチング、人間による音響パラメータ視察、の三者間で比較した。判定実験で用いた音声試料には、同一と判定されるべき単語音声対、非同一として判定され …

    IPSJ SIG Notes 29, 13-18, 1999-12-20

    References (15)

  • Automatic Detection of Stressed Syllables in English Words Using HMMS and Its Application to Prosodic Evaluation of Pronunciation Proficiency  [in Japanese]

    MINEMATSU Nobuaki , FUJISAWA Yukiko , NAKAGAWA Seiichi

    日本人によって発声された英単語音声に対する(韻律的)自動評定を目的として,1)英単語音声からの強勢音節検出の自動化,2)提案する強勢音節検出手法に基づいた強勢/弱勢の「音響的適切さ」評定の自動化,について検討した.強勢音節検出においては,音節を単位としたHMMを構築し,その検出を試みた.その際,着目する音節の単語内位置情報/構造情報/コンテクスト情報を導入することでHMMの精度向上を図り,検出性能 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00082(00011), 1865-1876, 1999-11-25

    References (36) Cited by (17)

  • Prosodic Evaluation of English Words Based upon Estimating Learners' Pronunciation Habits  [in Japanese]

    MINEMATSU Nobuaki , FUJISAWA Yukiko , NAKAGAWA Seiichi

    日本人によって発声された英単語音声中の「強勢音節位置の適切さ」「生成された強勢の音響的適切さ」の自動評価に焦点を紋り, 検討を行なっている。先行研究において筆者らは, 強/弱勢音節を, 音節構造・単語内位置などの情報を用いて数十種類に分類し, 各々をHMMによってモデル化することで強勢音節の自動検出を行なった。本研究ではまず, 1) CMN導入による強勢検出率の改善について報告し, 次に, 2) …

    IEICE technical report. Speech 99(74), 23-30, 1999-05-21

    References (13) Cited by (3)

  • Prosodic evaluation of English words based upon the automatic estimation of the speaker's pronunciation habits  [in Japanese]

    MINEMATSU Nobuaki , FUJISAWA Yukiko , NAKAGAWA Seiichi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1999(1), 143-144, 1999-03-01

    References (3) Cited by (1)

  • Detection of stressed syllables in English words using HMMs and acoustic evaluation of the realized stress  [in Japanese]

    FUJISAWA Yukiko , MINEMATSU Nobuaki , NAKAGAWA Seiichi

    日本人による英(単)語音声の自動韻律評価を目的として、強勢音節の自動検出及び強勢検出技術に基づいた韻律的評価について検討した。強勢音節の検出においては、音節を単位としてHMMを構成し、単語内位置情報、音節構造情報、コンテキスト情報を導入することで、HMMの高精度化を検討した。その結果、同一方言(British)内では最もカテゴリ数を増やしたHMMにおいて最高検出率を示すことができた。更に、尤度計算 …

    IEICE technical report. Speech 98(178), 7-14, 1998-07-17

    References (12) Cited by (2)

  • An experimental study on automatic evaluation of English words spoken by Japanese  [in Japanese]

    FUJISAWA Yukiko , MINEMATSU Nobuaki , NAKAGAWA Seiichi

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1998(1), 173-174, 1998-03-01

    References (5)

Page Top