中 貴俊 Naka Takatoshi

ID:9000045590937

中京大学工学部 School of Engineering, Chukyo University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • Workshops that Collaborate with a Museum::workshop plan and practice on annular solar eclipses  [in Japanese]

    Iwazaki Kumiko , Endo Mamoru , Naka Takatoshi , Mouri Katsuhiro , Yasuda Takami

    近年,博物館の4大機能のうち,「教育普及」が注目されてきた。すでに,多くの博物館では,教育を主眼においたワークショップや教材開発を実施し,高い教育効果を得ている。本研究では,博物館,大学,企業が連携を行い,2012年5月21日の金環日食をテーマにしたタブレット教材を開発し,8カ所で約300人の子どもたちにレクチャーを実施した。本論では,本ワークショップをふまえ,新しい博物館の「教育」の可能性につい …

    Computer & Education 35(0), 87-92, 2013

    J-STAGE 

  • Operation and showing digital material by 3DCG on tablets devices : Construction of framework for the development contents of 3DCG on tablets devices  [in Japanese]

    NAKA Takatoshi , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , MIYAZAKI Shinya , IWAZAKI Kumiko , YASUDA Takami

    近年の情報技術の発達と普及により,従来までの携帯電話の代替機器としてスマートフォン・タブレット端末などのスマートデバイスの開発・普及が急速に進んでいる。近年の初等教育現場においても,スマ-トデバイスの活用に注目が集まっている。2010年度より総務省による「フューチャースクール推進事業」や文部科学省による「学びのイノベーション事業」などが展開されており,タブレット端末を活用した本格的な学習環境の構築 …

    情報文化学会誌 20(2), 19-26, 2013

    NDL Digital Collections 

  • 1 Design and Development of Tablet-based Digital Teaching Material for Annular Eclipse Lectures based on Cooperation with a Museum  [in Japanese]

    AKAO Eri , ENDO Mamoru , NAKA Takatoshi , IWAZAKI Kumiko , MOURI Katuhiro , YASUDA Takami

    Tablet-based digital teaching materials and their applications are attracting attention. In this research, we focused on an annular solar eclipse observed in Nagoya on 21th May 2012, and developed a t …

    社会情報学会(SSI)学会大会研究発表論文集 2012, 301-304, 2012

    NDL Digital Collections 

  • A Tabletop Interface for Manipulating 3D Human Model  [in Japanese]

    寺川 晃司 , 浦 正広 , 中 貴俊 [他]

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 12, 63-66, 2010

  • A basic study for four-dimensional visualisation of a three-dimensional vowel chart  [in Japanese]

    ISEI-JAAKKOLA Toshiko , NAKA Takatoshi , HIROSE Keikichi

    外国語学習における音声習得で最も基礎的で且つ重要なのは音素であり,特に母音音素である.本研究では,世界中に存在する膨大な外国語学習者がパソコンさえあれば手軽に母音音素学習のできるユーザーフレンドリなシステム開発を目指している.そのシステムの1つとして,第1フォルマントから第3フォルマントまでが表示できる,可視化に基礎を置いた3次元フォルマント母音図を作った.3次元フォルマント母音図においては学習者 …

    ITE Technical Report 34.11(0), 43-46, 2010

    J-STAGE  References (6)

  • Visualization System of atomic and molecular orbitals-MOOTIC-

    Wakamatsu Hideaki , Naka Takatoshi , Yamamoto Shigeyoshi , Hatano Yasuyo , Tatewaki Hiroshi , Miyazaki Shinya

    原子・分子の軌道関数の形状を把握するための3D図形表示システムMOOTICを開発している.今回は,分子を構成する原子の位置に適当な原子軌道関数(ガウス型軌道関数)を配置したあと,原子核の位置の変化にともなう原子軌道間の重なりを観察できる機能を加えた.このとき,原子軌道関数の等値面表示では「軌道の標準的な形状」を描画する-閉曲面の内部に電子の90%(たとえば)が含まれる面を等値面表示する-手法を提案 …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics 2007(0), JP11-JP11, 2007

    J-STAGE 

  • Difficulty Rating of Puzzle Rings Based on Configuration Space  [in Japanese]

    IWASE Akira , SUZUKI Shigeki , NAKA Takatoshi , YAMADA Masashi , ENDO Mamoru , MIYAZAKI Shinya

    知恵の輪を解く際の難易度は,輪を外す手順の組み合わせの複雑さや,輪が移動可能な経路全体の構造の複雑さが主に関連していると考えられる.本論文ではこれら複雑さを表す量を仮定し,知恵の輪の難易度との関連性を明らかにすることにより,知恵の輪の難易度を定量的に評価する方法を提案する.これを実現するためには,知恵の輪の解を計算機処理により求めるためのアルゴリズムや,探索空間の構造化を実装する必要がある.本研究 …

    The Journal of the Society for Art and Science 6(1), 37-43, 2007

    J-STAGE 

  • Visualization of internal node structure of molecular orbital -Piecewise Rendering as a cloud-

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Endo Mamoru , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    分子軌道計算において分子の電子状態を理解する上で,分子軌道関数の形状を把握することが重要になる.このとき,電子数の多い分子の分子軌道は一般に多くの節面を持ちその形状は複雑になる.本研究では分子軌道関数を雲状のオブジェクトとして表示することにより,等値面を高速に表示する手法を提案する.Mn2,H2O,COの分子軌道に適用し,値を連続的に変化させることにより,軌道関数の内部での挙動も把握できることを示 …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics 2006(0), J05-J05, 2006

    J-STAGE 

  • A 3D Display System of Seismic-center Distribution for Earthquake Data Analysis  [in Japanese]

    Kaito Mami , Watanabe Emi , Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Endo Mamoru , Miyazaki Shinya , Hasegawa Junichi

    本論文では,変位情報を用いて制作したVRアプリケーションとして,紙相撲をテーマとした対戦型の実装例を2件提案する.はじめに,プレイヤの跳ぶ行為を入力データとし,ディスプレイ上に表示される紙力士の動きに影響を及ぼすシステムを提案する.つづいて,このシステムに対する評価実験の結果を反映させ,プレイヤが水を揺らす行為を入力データとし,水に浮かぶスクリーンに表示される紙力士の動きに影響を及ぼすシステムを提 …

    The Journal of the Society for Art and Science 4(2), 54-67, 2005

    J-STAGE 

  • Real-time Rendering of Electron Density Cloud Involving Interactive Manipulation:—A Performance Test of Graphic Cards for Texture Quality—  [in Japanese]

    Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi

    This paper presents electron cloud’s metamorphosis in real-time, which can be controlled by direct manipulation of molecular bonds along a given path. The mixed state between a pair of volume da …

    Correspondences on Human Interface 4(3), 3_25-3_30, 2002

    J-STAGE 

  • Real-time Rendering of Electron Density Cloud Involving Interactive Manipulation : A Performance Test of Graphic Cards for Texture Quantity  [in Japanese]

    Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi

    This paper presents electron cloud's metamorphosis in real-time, which can be controlled by direct manipulation of molecular bonds along a given path. The mixed state between a pair of volume dat …

    ITE Technical Report 26.35(0), 25-30, 2002

    J-STAGE  References (10)

  • Visualization of Electron Clouds with Real-time Interaction -Behavior of HOMO and LUMO for rotation around C=C bond of retinal -

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    It is useful for the chemists to know the change of molecular orbital or electron density according to the geometric transformation of molecule structures, in order to explain the mechanism of molecul …

    Symposium on Chemical Information and Computer Sciences<br>Symposium on Structure-Activity Relationships tokusi(0), JP22-JP22, 2001

    J-STAGE 

  • Visualization of Electron Clouds with Real-time Interaction -Behavior of HOMO and LUMO for rotation around C=C bond of retinal -

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    It is useful for the chemists to know the change of molecular orbital or electron density according to the geometric transformation of molecule structures, in order to explain the mechanism of molecul …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics tokusi(0), JP22-JP22, 2001

    J-STAGE 

Page Top