宮崎 慎也 Miyazaki Shinya

ID:9000045590941

中京大学 工学部 School of Engineering, Chukyo University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-14 of 14

  • A Technique for Real-time Datamoshing Using Web Camera Input  [in Japanese]

    Ito Yuichi , Stone Carl , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    Art making use of digital noise and errors has been exhibited in recent years. Many of these works have been classified as “glitch” and are forming a new trend in multimedia art. “Da …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 67(11), J413-J416, 2013

    J-STAGE 

  • Structure Analysis and Difficulty Rating of Balloon Modeling  [in Japanese]

    Ura Masahiro , Yamada Masashi , Endo Mamoru , Miyazaki Shinya , Yasuda Takami

    バルーンアートは,バルーンにより動物などの形状を制作するアート技法である.1本,もしくは,複数本のバルーンをひねることにより,様々な形状が生成できる.バルーンアートの造形はシンプルであるが,想定された完成形状から制作手順を推測することは容易ではない.そこで,本研究では,バルーンアートのための構造解析手法と難易度評価手法を提案する.1本のバルーンにより制作されるバルーンアートの完成形状をグラフで表現 …

    The Journal of the Society for Art and Science 8(4), 143-150, 2009

    J-STAGE 

  • Visualization System of atomic and molecular orbitals-MOOTIC-

    Wakamatsu Hideaki , Naka Takatoshi , Yamamoto Shigeyoshi , Hatano Yasuyo , Tatewaki Hiroshi , Miyazaki Shinya

    原子・分子の軌道関数の形状を把握するための3D図形表示システムMOOTICを開発している.今回は,分子を構成する原子の位置に適当な原子軌道関数(ガウス型軌道関数)を配置したあと,原子核の位置の変化にともなう原子軌道間の重なりを観察できる機能を加えた.このとき,原子軌道関数の等値面表示では「軌道の標準的な形状」を描画する-閉曲面の内部に電子の90%(たとえば)が含まれる面を等値面表示する-手法を提案 …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics 2007(0), JP11-JP11, 2007

    J-STAGE 

  • Difficulty Rating of Puzzle Rings Based on Configuration Space  [in Japanese]

    IWASE Akira , SUZUKI Shigeki , NAKA Takatoshi , YAMADA Masashi , ENDO Mamoru , MIYAZAKI Shinya

    知恵の輪を解く際の難易度は,輪を外す手順の組み合わせの複雑さや,輪が移動可能な経路全体の構造の複雑さが主に関連していると考えられる.本論文ではこれら複雑さを表す量を仮定し,知恵の輪の難易度との関連性を明らかにすることにより,知恵の輪の難易度を定量的に評価する方法を提案する.これを実現するためには,知恵の輪の解を計算機処理により求めるためのアルゴリズムや,探索空間の構造化を実装する必要がある.本研究 …

    The Journal of the Society for Art and Science 6(1), 37-43, 2007

    J-STAGE 

  • Visualization of internal node structure of molecular orbital -Piecewise Rendering as a cloud-

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Endo Mamoru , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    分子軌道計算において分子の電子状態を理解する上で,分子軌道関数の形状を把握することが重要になる.このとき,電子数の多い分子の分子軌道は一般に多くの節面を持ちその形状は複雑になる.本研究では分子軌道関数を雲状のオブジェクトとして表示することにより,等値面を高速に表示する手法を提案する.Mn2,H2O,COの分子軌道に適用し,値を連続的に変化させることにより,軌道関数の内部での挙動も把握できることを示 …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics 2006(0), J05-J05, 2006

    J-STAGE 

  • Practical Application of Image Media Technologies

    MIYAZAKI Shinya , ENDO Mamoru , YAMADA Masashi , HASEGAWA Junichi , YASUDA Takami , YOKOI Shigeki

    画像処理、CGの基礎技術は、最近では情報マルチメディアの一端を担う映像系メディア技術として捉えられている。本研究では我々のグループ過去に行ってきた研究テーマを紹介しつつ、映像メディア技術の応用研究、共同研究における要点などに関する考察を行なう。

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 33(0), 143-147, 2005

    J-STAGE 

  • A 3D Display System of Seismic-center Distribution for Earthquake Data Analysis  [in Japanese]

    Kaito Mami , Watanabe Emi , Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Endo Mamoru , Miyazaki Shinya , Hasegawa Junichi

    本論文では,変位情報を用いて制作したVRアプリケーションとして,紙相撲をテーマとした対戦型の実装例を2件提案する.はじめに,プレイヤの跳ぶ行為を入力データとし,ディスプレイ上に表示される紙力士の動きに影響を及ぼすシステムを提案する.つづいて,このシステムに対する評価実験の結果を反映させ,プレイヤが水を揺らす行為を入力データとし,水に浮かぶスクリーンに表示される紙力士の動きに影響を及ぼすシステムを提 …

    The Journal of the Society for Art and Science 4(2), 54-67, 2005

    J-STAGE 

  • Visualization of Human Body Sensing for Supporting Sports Motion Analysis  [in Japanese]

    Inaba Hiroshi , Taki Tsuyoshi , Miyazaki Shin-ya , Hasegawa Jun-ichi , Koeda Mitsuhiro , Yamamoto Hidehiro , Kitagawa Kaoru

    本論文では,スポーツ動作分析の支援を目的とした人体センシング情報の可視化提示法とその応用例について述べる.スポーツにおける打撃動作や投球動作の分析では,動作中に得られた筋電位などの運動機能情報を,対応する動作フォーム映像と比較しながら行うことが多い.この作業を支援するため,本方法は,動作中の人物の各要所部位で計測した筋電位値とその変化を,その人物の人体骨格を表す3D モデル上の対応する部位に色の差 …

    The Journal of the Society for Art and Science 2(3), 94-100, 2003

    J-STAGE 

  • Real-time Elastic Object Interaction Constructed by Computation Accelerated Elastic Models  [in Japanese]

    Suzuki Shigeki , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya , Hasegawa Junichi , Yasuda Takami , Yokoi Shigeki

    運動計算を比較的高速に行える弾性プリミティブ(弾性要素)モデルで構成される仮想弾性物体とのリアルタイムインタラクションを実現する.一般的なボクセルデータ形式の入力形状に対して,大きさの異なる多面体形状の弾性要素を効率良く組み合わせることにより,高速処理に有利な少ない要素数で自由形状の弾性物体モデルを構築する.弾性物体とのインタラクションのための入力デバイスとしてジョイスティックデバイスを用いること …

    The Journal of the Society for Art and Science 2(1), 8-14, 2003

    J-STAGE 

  • Real-time Rendering of Electron Density Cloud Involving Interactive Manipulation:—A Performance Test of Graphic Cards for Texture Quality—  [in Japanese]

    Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi

    This paper presents electron cloud’s metamorphosis in real-time, which can be controlled by direct manipulation of molecular bonds along a given path. The mixed state between a pair of volume da …

    Correspondences on Human Interface 4(3), 3_25-3_30, 2002

    J-STAGE 

  • Real-time Rendering of Electron Density Cloud Involving Interactive Manipulation : A Performance Test of Graphic Cards for Texture Quantity  [in Japanese]

    Naka Takatoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi

    This paper presents electron cloud's metamorphosis in real-time, which can be controlled by direct manipulation of molecular bonds along a given path. The mixed state between a pair of volume dat …

    ITE Technical Report 26.35(0), 25-30, 2002

    J-STAGE  References (10)

  • Visualization of Electron Clouds with Real-time Interaction -Behavior of HOMO and LUMO for rotation around C=C bond of retinal -

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    It is useful for the chemists to know the change of molecular orbital or electron density according to the geometric transformation of molecule structures, in order to explain the mechanism of molecul …

    Symposium on Chemical Information and Computer Sciences<br>Symposium on Structure-Activity Relationships tokusi(0), JP22-JP22, 2001

    J-STAGE 

  • Visualization of Electron Clouds with Real-time Interaction -Behavior of HOMO and LUMO for rotation around C=C bond of retinal -

    Naka Takatoshi , Hatano Yasuyo , Yamamoto Shigeyoshi , Yamada Masashi , Miyazaki Shinya

    It is useful for the chemists to know the change of molecular orbital or electron density according to the geometric transformation of molecule structures, in order to explain the mechanism of molecul …

    Proceedings of the Symposium on Chemoinformatics tokusi(0), JP22-JP22, 2001

    J-STAGE 

  • Coulomb Force Feeling System based on Virtual Reality Technology

    Yoshida Shunsuke , Hatano Yasuyo , Miyazaki Shinya , Yokoi Shigeki

    物理現象や化学反応の数値シミュレーションを可視化することは, メカニズムをより容易に把握できることから有用である, 例えば, イオン性の分子のまわりの静電ポテンシャルから電気力線や等電位面を計算し, 分子構造に併せた画像を作成することで, 反応性の解析や反応中心の予測がしやすくなる.しかしながら, 印刷やディスプレイからは本来3次元情報であるこれらの性質を読み取ることはある程度習熟した者でなければ …

    JCPE Journal 12(3), 229-236, 2000

    J-STAGE 

Page Top