長沢 郁夫 NAGASAWA Ikuo

ID:9000045624206

島根県佐田町立佐田中学校 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-19 of 19

  • A Report of Approaches on the "Basic Experience Area" in 2012  [in Japanese]

    Yamamoto kouichi , Nagasawa Ikuo , Hujita Koichi

    島根大学教育学部の教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」を実施してから9年が経過し, 1000時間体験学修を修了した6期目の卒業生を送り出すことができた。 ここでは, 平成24年度の「1000時間体験学修」における基礎体験領域の取り組みの概要, さらには基礎体験におけるアンケートから見た成果等について報告する。

    島根大学教育臨床総合研究 12, 1-15, 2013

    IR 

  • The Development of a Computer Aided Teacher Support System in Making a Teaching Schedule for Woodworking Classes at the Junior High School Level for Technology Education  [in Japanese]

    NAGASAWA Ikuo , YAMASHITA Akinori

    日本産業技術教育学会誌 54(4), 221-228, 2012-12-25

    References (9)

  • Investigation of the Facilities, Equipment and Activity Program in the Public Forest Park  [in Japanese]

    永冨 一之 , 長澤 郁夫 , 山下 晃功

    「木育」事業における学習プログラムの開発に寄与する目的から,「森林環境教育」実践の場として実績のある「国民が森林にふれあう機会の充実を目的とした森」の施設設備およびそこでの開催事業を調査し,今後の森林を主なフィールドとした施設での「木育」事業の展開を考える上での基礎資料の収集を行った。その結果,木工施設は全施設の約7割が保有していること。この施設を利用して,短期の講座を中心に,森林に触れ,そこから …

    大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 60(2), 87-97, 2012-02

    IR 

  • A Report of Approaches on the "Basic Experience Area" in 2011  [in Japanese]

    Nagasawa Ikuo , Hujita Koichi , Yamamoto kouichi

    島根大学教育学部の教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」を実施してから8年が経過し, 1000時間体験学修を修了した5期目の卒業生を送り出すことができた。 ここでは, 平成23年度の「1000時間体験学修」における基礎体験領域の取り組みの概要, さらには基礎体験におけるアンケートから見た成果等について報告する。

    島根大学教育臨床総合研究 11, 1-14, 2012

    IR 

  • A report of approaches on "basic experience area" in 2010  [in Japanese]

    Nagasawa Ikuo , Ikeyama Keigo , Fukuma Toshiyuki

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 10, 1-14, 2011

  • A trial to wood & woodworking education in early childhood education as a developing type of natural environmental learning  [in Japanese]

    Yamashita Akinori , Tanaka Akio , Nagasawa Ikuo

    本プロジェクトは、2009年より「木材利用に関する教育活動の推進計画」の中で、幼児教育に新たな「木育」教育活動を導入した。すなわち、森に代表される自然環境教育活動(森林環境教育)に、持続可能で循環・再生産可能材料である木材を教材とし、木でできた「ロボ木一」教材を開発して、幼児を対象としたものづくり活動を島根県内幼稚園で実践した。この教育実践活動によって、自然環境と生活環境学習を融合させ、しかももの …

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 9, 153-167, 2010

    IR 

  • Outcomes (2007-2009) and perspectives on the future issues from a frame of integrated curriculums in the "basic experience area"  [in Japanese]

    Ogawa Iwao , Nagasawa Ikuo , Aoyama Takumi

    基礎体験領域における、内容構成や評価法、認定体験時間数や学生の自己評価値の経年変化、専攻別体験の整備など、平成19年度~平成21年度の諸実績や改善点について総括的に分析した。さらに、統合的カリキュラム(特にサービス・ラーニング)の視点から、基礎体験領域におけるコア講義の必要性、コミュニティ・エージェンシーの確立と資格認定者の活用、事前・事後指導等におけるリフレクションの配慮点など、今後の課題につい …

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 9, 31-46, 2010

    IR 

  • A report of approaches on "basic experience area" in 2009  [in Japanese]

    Ikeyama Keigo , Nagasawa Ikuo , Fukuma Toshiyuki

    島根大学教育学部の教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」を実施してから6年が経過し,3月には1000時間体験学修を修了した3期目の卒業生を送り出すことができた。 ここでは,基礎体験領域における6年間の取り組みの経緯(改善点)と,平成21年度の基礎体験領域の取り組みの概要と成果について報告する。

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 9, 9-20, 2010

    IR 

  • Effects of utilization of peer-support activities upon mastering experiential learning for the first-year students in the freshman seminar  [in Japanese]

    Aoyama Takumi , Nagasawa Ikuo , Ikeyama Keigo

    現在,多くの大学で,入学生のために初年次教育が行われ,その内容は,大学生活への適応や,学習スキルの会得,コミュニケーションカの向上など様々である。島根大学教育学部でも,平成17年度より新入生に対し,「入門期セミナー1」を1泊2日で実施し,当初は教育支援センター専任教員を中心に教員で研修全体を運営し,学生は補助的な役割を行ってきたが,今年度より学生スタッフを組織の中に位置づけ,より積極的に活用するこ …

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 9, 1-7, 2010

    IR 

  • A report of practices of the "basic experience area" in 2009  [in Japanese]

    Ikeyama Keigo , Nagasawa Ikuo , Hukuma Toshiyuki

    島根大学教育学部の教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」を実施してから5年が経過し,3月には1000時間体験学修を修了した2期目の卒業生を送り出すことができた。 ここでは,基礎体験領域における5年間の取り組みの経緯(改善点)と,平成20年度の基礎体験領域の取り組みの概要と成果について報告する。

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 8, 21-35, 2009

    IR 

  • A longitudinal analysis of self-evaluated experiential learning outcomes in the basic experience area  [in Japanese]

    Nagasawa Ikuo , Aoyama Takumi , Ikeyama Keigo

    島根大学教育学部での新しい教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」の3つの体験領域(「基礎」「学校教育」「臨床・カウンセリング」)が平成16年度から始まり、平成20年3月に、初めての卒業生を送り出した。本研究では、その間の「1000時間体験学修」における基礎体験領域で学生にどのような力がついたのか、2~4学年にかけての自己評価を基に分析した。その結果、「子ども理解」「人間関係力」「学校理 …

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 8, 1-19, 2009

    IR 

  • Constructions of experiential learning through activities inside-outside of the university: the functions of pre- and postinstructions for educational activities in the basic experience area  [in Japanese]

    齋藤 英明 , 嘉賀 收司 , 長澤 郁夫 [他]

    Journal of Japan Association of Universities of Education 26, 139-152, 2008

  • Teaching experiences in school education area and basic experience area in the semester for juniors, what interactive relationship is?  [in Japanese]

    Aoyama Takumi , Nagasawa Ikuo , Kaga Shuji

    今年3月、1000時間体験学修を実施してから、初めての卒業生を送り出した。新カリキュラムでの最初の卒業生の内、従来の学校教育実習に加え、同時期に実習セメスターとして地域の学校に出かけ、体験を積み重ねることで、附属学校での教育実習と学外体験をうまく往還させた学生は、教職志向を高め、より高い実践力を身につけることができた。

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 7, 15-19, 2008

    IR 

  • A report of approaches on "basic experience area" in 2007  [in Japanese]

    Nagasawa Ikuo , Aoyama Takumi , Kaga Shuji

    島根大学教育学部で新しい教員養成カリキュラムである「1000時間体験学修」の3つの体験領域(「基礎」「学校教育」「臨床・カウンセリング」) を実施し始めてから4年が経過し、平成20年3月には, 1000時間体験学修を初めて修了した卒業生を送り出すことができた。ここでは、4年間を通した基礎体験領域における取り組みの改善事例と、平成19年度の基礎体験領域の取り組みの概要について報告する。

    Bulletin on Center for Supporting Education, Shimane University 7, 1-13, 2008

    IR 

  • Development of the Tool of Nutritive Value Calculation for Food and Nutrition Education Using a Spreadsheet Application  [in Japanese]

    TSUKAMOTO Masaaki , NAKAMURA Tamami , MIURA Yuuko , NAGASAWA Ikuo , FUKUSHIMA Makoto , YAMASHITA Akinori

    日本農業教育学会誌 38(2), 75-86, 2007-11-30

    References (4)

  • Optimization of Goal Variable in Independent Learning of Cutting Processing Technology  [in Japanese]

    OHTANI Tadashi , NAGASAWA Ikuo , YAMASHITA Akinori

    Journal of the Japanese Society of Technology Education 48(3), 165-171, 2006-10-30

    References (10) Cited by (2)

  • 選択教科技術における EM を利用した栽培学習と環境教育の実践  [in Japanese]

    長沢 郁夫

    Journal of the Japanese Society of Technology Education 45(3), 169-173, 2003-11-25

    References (3)

  • コンピュータを利用した木材加工領域における生徒用製作題材選定システムの開発と一使用試行例  [in Japanese]

    長沢 郁夫 , 山下 晃功 , 塚本 正秋

    日本産業技術教育学会誌 38(2), 85-89, 1996-05-31

    References (17) Cited by (1)

  • コンピュータを利用した木材加工領域における教師用製作題材選定システムの開発  [in Japanese]

    長沢 郁夫 , 山下 晃功 , 塚本 正秋

    日本産業技術教育学会誌 37(3), 227-232, 1995-08-31

    References (4) Cited by (2)

Page Top