八塚 如 Yatsuzuka Hitoshi

ID:9000045656579

大森赤十字病院脳神経外科 Department of Neurosurgery, Omori Red Cross General Hospital (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Dermoid Cyst of the Temporal Bone in an Elderly Patient  [in Japanese]

    SUYAMA Daisuke , MATSUMOTO Masayoshi , YASUE Masaharu , MATSUBARA Osamu , YATSUZUKA Hitoshi

    高齢者の側頭骨板間層原発類皮腫の1例を経験した.頭蓋骨板間層に原発する類皮腫は小児例が多く, 成人例の報告は少ない.報告例のなかでは発生部位が前頭部や眼窩周辺に偏っているが, 同部位に発生した腫瘍は早期に発症, 発見されやすいことがその偏りの原因と考えられた.また, 頭蓋内進展した場合, 本腫瘍は神経脱落症状を呈することは稀で, 発生部位によっては単なる頭皮下腫瘤として放置されている可能性がある. …

    Japanese journal of neurosurgery 9(7), 524-526, 2000-07-20

    Ichushi Web  References (7)

  • A Case of a Rapidly Growing Pure Posterior Communicating Artery Aneurysm  [in Japanese]

    MATSUMOTO Masayosi , ISOJIMA Akira , YATUZUKA Hitoshi , ABE Toshiaki , YUUKI Kenji

    CI研究 : progress in computed imaging 19(3), 285-288, 1997-09-30

    Ichushi Web  References (15)

  • New Percutaneous Catheterization of Atrial Tube for Ventriculo-atrial Shunts  [in Japanese]

    Yatsuzuka Hitoshi , Akiyama Masahiko , Matsumoto Masayoshi , Sanada Shoichi , Numamoto Robert Tomoko , Morooka Satoru , Abe Toshiaki

    成人のVAシャントを行う際,心房側チューブを右心房内に正しく設置する方法を開発した.すなわち,経皮的に内頸静脈を穿刺し,血管撮影用の8Frのsheath introducerを留置したのち,先端までガイドワイヤ一を通した心房側チューブをX線透視下で挿入していくと,容易に右心房内に誘導することができる.

    Japanese Journal of Neurosurgery 4(4), 434-436, 1995

    J-STAGE  Ichushi Web  References (4)

  • A Case of Ruptured Traumatic Internal Carotid Artery Aneurysm after Clipping of Basilar Bifurcation Aneurysm  [in Japanese]

    Yatsuzuka Hitoshi , Morooka Satoru , Akiyama Masahiko , Sanada Shoichi

    pterional approachで,内頸動脈を先細へらで外側に圧排して脳底動脈瘤をクリッピングした後,内頸動脈に動脈瘤が新生し,早期にくも膜下出血をきたした1例を報告した.剥離中のへらの圧迫でできた内頸動脈の損傷部位にClip headがあたり,動脈瘤が発生したものと思われた.iatrogenic traumaによるtraumatic aneurysmの文献的考察をカロえ,その要因と対策を反省 …

    Japanese Journal of Neurosurgery 4(1), 47-51, 1995

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

Page Top