柴田 整一 Shibata Seiichi

ID:9000045707249

東京大学医学部第三内科教室 The Third Department of Internal Medicine, Faculty of Medicine, University of Tokyo (1980年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  15件中 1-15 を表示

  • 臨床を中心とした糸球体賢炎の発症機序:免疫から化学

    柴田 整一

    腎炎の発現機序に関しては, VolhardとFahrによる病理解剖学と馬杉その他による免疫学との両者の密接な協同作業によつて既に確立されたものとして,永く信じられてきた,ところが,純臨床的な立場から観るとき,腎生検法による地味な知見(病理解剖と臨床との対比)の積み重ねを経て,まず病理解剖学的知見の修正がなされるようになり,さらに免疫学によつてすべての症例が説明できるという考え方も,これだけでは到底 …

    日本内科学会雑誌 69(4), 429-446, 1980

    J-STAGE 医中誌Web

  • 糸球体基底膜の構成成分とその病原性

    柴田 整一

    臨床化学 7(2), 110-120, 1978

    J-STAGE 医中誌Web

  • ステロイドが著効を呈したFabry病(angiokeratoma corporis diffusum)の初期の1例

    森田 寛 [他] , 横内 正利 , 金沢 康徳 , 梶沼 宏 , 柴田 整一 , 小坂 樹徳 , 金沢 一郎 , 加納 いつ

    Fabry病(angiokeratoma corporis diffusum)は希な遺伝性の糖脂質代謝異常症である.本症例は16才の男子で,発熱,四肢末端の熱感を伴つた疼痛発作,発汗低下,皮膚の血管腫,角膜の混濁を認めた.尿検査では蛋白(±)の他には異常を認めず,腎機能も正常であつたが,腎生検組織像で尿細管は全く異常なく,糸球体にのみfoam cel1が存在し,初期のFabry病が強く疑われた.な …

    日本内科学会雑誌 64(1), 44-51, 1975

    J-STAGE 医中誌Web

  • (3) 糸球体腎炎の考え方

    柴田 整一

    日本内科学会雑誌 63(4), 321-330, 1974

    J-STAGE 医中誌Web

  • Sepharose Coupling法によるネフロトキシン有効抗原の精製(I)

    成清 卓二 [他] , 柴田 整一

    Porathらによる, 蛋白, peptidesのsepharoseへのcoupling法を用いて, ネフロトキシン(NT)有効抗原の精製を試みた.NTγ-グロブリン分画を, Porathらの方法で, sepharose 2Bにcoupleし, これに, 抗原物質(糸球体基底膜トリプシン消化超遠心上清)を加え, 24時間, 抗原抗体結合反応を行わせた.ついで, ガラスフィルター上で, 未結合の抗原 …

    アレルギー 20(2), 106-110,146-14, 1971

    J-STAGE 医中誌Web

  • 抗核因子の臨床的研究内科諸疾患における陽性率と長期観察例のtiterの変動

    長沢 俊彦 [他] , 柴田 整一 , 中尾 喜久

    膠原病諸疾患145例,その他の内科諸疾患263例の血清中抗核因子陽性率,およびSLEと強皮症のtiterの長期変動について蛍光抗体間接法を用いて検索し,1)膠原病諸疾患の抗核因子は先の報告と同じようにSLEと強皮症の2疾患で高率に陽性を示す.2)その他の内科諸疾患の中では重症筋無力症の陽性率が高い,3)蛋白尿を欠くか,もしくは軽度の蛋白尿を呈すSLE症例のtiterの変動は3型にわけられるが,いず …

    日本内科学会雑誌 58(5), 371-378, 1969

    J-STAGE 医中誌Web

  • 膠原病諸疾患の血管病変:その検索の臨床的意義

    柴田 整一 [他] , 長沢 俊彦 , 詫摩 武英 , 成清 卓二 , 宮川 侑三

    周知のごとく,膠原病諸疾患では系統的な全身の諸症状を次々に示すのであるが,その症状はこれら諸疾患に見出される血管病変の状態と密接な関連を有するものであることを,われわれは度々報告して来た.ところで,それぞれの疾患に見出される血管病変は決して単一ではなく,様々な種類の病変を示すものであり,従つて臨床症状との関連において血管病変を考えるに際しては,それぞれの疾患でみられる血管病変の種々相,ひろがりの特 …

    日本内科学会雑誌 58(4), 271-282, 1969

    J-STAGE 医中誌Web

  • 特異な経過を示したangitisの1剖検例

    中尾 喜久 [他] , 土持 恒人 , 高橋 和郎 , 紫芝 良昌 , 深沢 俊男 , 柴田 整一

    本症例は15才のときRaynaud症状をもつて発病し,肺性心により22才で死亡した未婚の女性である.この間,発熱・発疹・関節痛・筋痛・強皮症症状・肺高血圧症・精神症状等多彩な症状を呈し, LE細胞陽性・hypergammaglobulinemiaを認め,治療上抗生物質は無効, steroidが有効であつた.病理解剖所見では,全層炎・fibrinoid変性・内腔の狭窄および閉塞等各段階の病変が混在す …

    日本内科学会雑誌 57(1), 122-128, 1968

    J-STAGE

  • (4)腎疾患

    柴田 整一 [他] , 長沢 俊彦

    日本内科学会雑誌 56(12), 1379-1383, 1967

    J-STAGE

  • 膠原病の診断における抗核因子検索 (螢光抗体法) の意義について

    長沢 俊彦 [他] , 柴田 整一

    SLEを始めとする種々の膠原病諸疾患62症例の血清中の抗核因子陽性率とそのstaining titerを螢光抗体間接法を用いて検討した. その結果SLEと強皮症の2疾患において陽性率がきわめて高く, そのstaining titerも全例32倍以上の高値を示すことを見出した. 一方, 近年ステロイド療法の進歩に伴なつてSLEの予後が著しく良好となり, 発病後10年近くを経過した現在, ステロイドの …

    日本内科学会雑誌 55(4), 326-330, 1966

    J-STAGE

  • 膠原病と考えられる2症例の腎生検像に見出されたTTP様病変の意義 (とくに剖検例との比較)

    柴田 整一 [他] , 長沢 俊彦 , 詑摩 武英 , 成清 卓二 , 宮川 侑三 , 板倉 弘重 , 高木 昭夫 , 中尾 喜久

    周知の如く血栓性栓球減少性紫斑病 (TTP) では一般に三大又は四大臨床主徴の見出されることが診断の根拠とされている. しかし実はTTPの確定診断には特異な血管病変を病理組織学的に証明することが必要である. すなわち現在の段階では, TTPはなお臨床概念というよりはむしろ病理概念であるといえよう. 従つてTTPの診断は既存の三大主徴などにとらわれずに, 特異な血管病変という面から再検討すべきときに …

    日本内科学会雑誌 55(3), 190-196, 1966

    J-STAGE

  • 螢光抗体法によるNephrotoxin腎炎の研究 : とくにラベル抗体静注法による検討

    長沢 俊彦 [他] , 成清 卓二 , 柴田 整一

    Since the work of Orgega & Mellors the indirect method of fluoresceint antibody technique has been exclusively used for the demonstration of nephrotoxin in vivo. As far as the immun reaction in vi …

    アレルギー 14(2), 43-53,98, 1965

    J-STAGE 医中誌Web

  • 播種性好酸性膠原病の1例

    佐々 茂 [他] , 板倉 弘重 , 榎本 昭 , 千葉 省三 , 古川 哲雄 , 吉野 佳一 , 衣笠 恵士 , 柴田 整一

    20才,女.約3年半前より,筋痛・関節の腫脹・疼痛をもつて発症し,著明な白血球増多および好酸球増多を発見された.四肢・顔面の反復性浮腫,蕁麻疹,紅斑,出没する皮下結節,腹痛,嘔吐等多彩な症状を呈し,発症2年半後に,白血球80500,好酸球88%となり,当科へ入院した.末梢血・骨髄ともに好酸球系の著しい増加がみられたが,他には特に異常を認めなかつた.末梢血の好酸球は,ほとんど成熟型のみである点が特異 …

    日本内科学会雑誌 52(12), 1507-1513, 1964

    J-STAGE

  • Wegener肉芽腫の1例

    森井 浩世 [他] , 長沢 俊彦 , 三村 信英 , 柴田 整一

    17才男子. 4年前より鼻閉があり, 9カ月前より鼻閉増強,鼻漏,鼻出血を生じ, 6カ月前下甲介試験切除により壊疽性鼻炎と診断され,東大耳鼻科に入院. Co<sup>60</sup>, Thio-TEPAによる治療を受け,一時鼻症状の改善を見たが,同科入院当初より蛋白尿,顕微鏡的血尿があり,入院中食欲不良,全身倦怠感,貧血,下腿浮腫,微熱,血沈促進,血清残余窒素の軽度上昇等 …

    日本内科学会雑誌 50(5), 406-413, 1961

    J-STAGE

ページトップへ