筧 善行 Kakei Yoshiyuki

Articles:  1-20 of 20

  • Active surveillance : current status and future perspectives  [in Japanese]

    筧 善行

    日本臨床 72(12), 2204-2211, 2014-12

    Ichushi Web 

  • Urology  [in Japanese]

    筧 善行

    日本医事新報 (4684), 68-73, 2014-02-01

  • 泌尿器癌の薬物療法 : 近未来予測  [in Japanese]

    筧 善行 , 中川 昌之 , 高橋 正幸 , 榎田 英樹 , 杉元 幹史 , 鈴木 啓悦

    西日本泌尿器科 75(5), 217, 2013-05-20

  • Controversial Topics 低リスク前立腺癌に対するActive Surveillance  [in Japanese]

    平間 裕美 , 筧 善行

    Prostate cancer front line 2(1), 2-5, 2013-03

  • Molecular targeted therapy for renal cell carcinoma  [in Japanese]

    KAKEHI Yoshiyuki

    Rinsho Ketsueki 49(8), 622-625, 2008

    J-STAGE 

  • Temporary inferior vena cava filter applied to 4 patients with urological disease  [in Japanese]

    Tsukuda Fumio , Taniguchi Susumu , Okazoe Homare , Taoka Rikiya , Shimada Osamu , Inui Masashi , Kuwata Yoshihiro , Kakehi Yoshiyuki

    急性肺血栓塞栓症(PTE)予防目的で一時留置型下大静脈フィルター(IVCF)を使用した4症例を検討した.症例1は下大静脈(IVC)内腫瘍塞栓を有する精巣癌症例であった.抗癌化学療法施行前にIVCFを挿入したところ,PTEの発症はなく,予定通り抗癌化学療法を施行できた.症例2はIVC内腫瘍塞栓を有する巨大副腎癌症例で,手術予定日の20日前にPTEを生じた.IVCF挿入により呼吸状態は改善し,手術を施 …

    Acta urologica Japonica 52(7), 561-564, 2006-07

    IR  Ichushi Web 

  • Three dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) for localized prostate cancer under field adjustment with implanted gold markers : early clinical outcome  [in Japanese]

    Taketa Shigeo , Shimada Osamu , Tsukuda Fumio , Inui Masashi , Kuwata Yoshihiro , Kakehi Yoshiyuki , Mitani Masahiro , Takashima Hitoshi

    臨床病期Cまでの限局性前立腺癌と診断され放射線治療を選択された19例を対象に,マーカー金球による位置補正を併用した前立腺三次元原体外照射療法が,安全性や照射精度の向上に貢献しているかについて検討した.その結果,マーカーの移動を測定することで,前立腺が移動していること,移動距離には個人差があること,骨盤骨の切除術の既往などがあれば更に大きく移動することがわかった.3ヵ月迄の有害事象はNCI-CTC …

    泌尿器科紀要 50(9), 611-616, 2004-09

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Three cases of congenital urethral stricture in childhood  [in Japanese]

    Sugimoto Mikio , Ueda Nobufumi , Kakehi Yoshiyuki

    症例1は8歳男で,排尿時膀胱造影にて外尿道括約筋遠位部に狭窄があり,両側II度のVURを認めた.内視鏡的切開術を施行し,術後3ヵ月で遺尿症を再発した.再度切開術を施行し,外尿道括約筋のすぐ遠位に膀胱を充満させると強調されるリング状狭窄を認めた.症例2は7歳男で,排尿時膀胱造影にて外尿道括約筋遠位部に狭窄を認め,左側にII度のVURを伴っていた.尿道狭窄症と診断し内視鏡的切開術を施行した.膀胱内には …

    泌尿器科紀要 49(3), 165-168, 2003-03

    IR  Ichushi Web 

  • A case of adenocarcinoma arising in female urethral diverticulum  [in Japanese]

    Kanno Toru , Moroi Seiji , Okuno Hiroshi , Terai Akito , Kakehi Yoshiyuki , Ogawa Osamu

    81歳女.尿道よりの血性分泌物を主訴に受診し,尿道周囲に腫瘤性病変を認めた.腟前壁に尿道に沿って鶏卵大で弾性軟の腫瘤を触知し,圧痛はみられなかった.尿細胞診はクラスVで,移行上皮癌が疑われた.骨盤部CTで尿道周囲に不均一な軟部腫瘤を認めたが,骨盤部リンパ節に明らかな腫脹はみられなかった.骨盤部MRIで膀胱下面に径4cmの腫瘤を認めた.超音波ガイド下に経腟的針生検を施行し,腺癌の診断で腫瘍摘出術を施 …

    泌尿器科紀要 48(4), 235-237, 2002-04

    IR  Ichushi Web 

  • A case of giant perirenal malignant lymphoma: a case report  [in Japanese]

    Nishizawa Koji , Nakamura Eijiro , Kobori Go , Kobayashi Takashi , Yamamoto Shingo , Kamoto Toshiyuki , Okuno Hiroshi , Terai Akito , Kakehi Yoshiyuki , Ogawa Osamu , Ueda Hiroyuki , Yamaoka Toshihide , Kadowaki Norimitsu

    62歳女.腹部腫瘤を自覚し,増大したため受診し,CTで左腎周囲より左骨盤腔に拡がる後腹膜腫瘍を指摘された.腫瘍マーカーではCA125が上昇していたが,血算,生化学的所見に異常はなかった.腹部CTで腎周囲に発生し,左後腹膜腔を占拠する腫瘍性病変を認めた.腫瘍は境界明瞭で単純CTで,均一で腎実質と同濃度,造影CTで腎実質に比べ,弱く造影された.また,大動脈大静脈間リンパ節腫大も認められた.MRIT1強 …

    泌尿器科紀要 48(3), 175-178, 2002-03

    IR  Ichushi Web 

  • A case of regionally metastatic pure squamous cell carcinoma of the urinary bladder successfully treated with radical chemoradiotherapy  [in Japanese]

    Inui Masashi , Fujita Kiyoshi , Ueda Nobuhumi , Takenaka Ikumasa , Kakehi Yoshiyuki

    46歳男.頻尿,肉眼的血尿を自覚し,症状が徐々に増悪し排尿痛も出現した.CRP軽度上昇以外の血液・生化学的異常は認めなかった,が膀胱鏡で非乳頭状広基性腫瘍を認めた.骨盤部MRIでは腫瘍は膀胱内腔の大部分を占め,膀胱周囲脂肪組織および前立腺への浸潤が疑われた.また,左右内腸骨領域にリンパ節を多数認めたが胸腹部CTおよび骨シンチでは他臓器への転移は認めなかった.経尿道的切除術による生検を実施し膀胱扁平 …

    泌尿器科紀要 48(1), 33-35, 2002-01

    IR  Ichushi Web  Cited by (3)

  • Progression from adenocarcinoma to small cell carcinoma of the prostate during endocrinotherapy: a case report  [in Japanese]

    MAENO Atsushi , KAMOTO Toshiyuki , KITAMURA Ken , KANNO Toru , OKUNO Hiroshi , TERAI Akito , KAKEHI Yoshiyuki , TERACHI Toshiro , OGAWA Osamu , MATSUSHIRO Hisanori

    72歳男.前立腺癌の治療経過中に前立腺小細胞癌が発生した.剖検所見で肝,肺,脾,腎,骨髄に転移を認めた.前立腺は全て腫瘍で置き換わっており,膀胱の病巣は前立腺からの連続的な浸潤と考えられた.初発時に認められた腺癌はchromogranin A,NSE染色で陰性であったが,再発時の小細胞癌には顆粒状に強く陽性に染色された.PSA染色では,初発時陽性であったが再発時には一部に認められた腺癌成分以外の小 …

    泌尿器科紀要 47(8), 591-593, 2001-08

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • A case of malignant fibrous histiocytoma arising from the renal capsule  [in Japanese]

    KANNO Toru , KAMOTO Toshiyuki , TERAI Akito , KAKEHI Yoshiyuki , TERACHI Toshiro , OGAWA Osamu

    症例は62歳男性.全身倦怠感で近医を受診し,腹部CTにて左腎腫瘍を指摘された.左腎細胞癌を疑い,経腹的根治的左腎摘出術を施行した.病理組織学的所見では,Vimentinによる免疫染色所見が陽性で,はっきりとした分化を示す成分に乏しい点からmalignant fibrous histiocytomaと診断した.組織学的には腎実質との連続性は明瞭でなく,画像所見と合わせて腎被膜由来と判断した.術後経過 …

    泌尿器科紀要 47(2), 95-98, 2001-02

    IR  Ichushi Web 

  • Diagnosis and treatment of prostate cancer--it's diversity and future prospects  [in Japanese]

    Ogawa Osamu , Tobisu Kenichi , Kakehi Yoshiyuki , Shiraishi Taizo

    泌尿器科紀要 47(2), 131-138, 2001-02

    IR 

  • A study on parameters to predict tumor volume for stage T1c prostate cancers of Gleason score 6 or less  [in Japanese]

    SHICHIRI Yasumasa , KAMOTO Toshiyuki , KAKEHI Yoshiyuki , OGAWA Osamu , YOSHIDA Osamu , AKAKURA Koichiro , EGAWA Shin , SUMIYOSHI Yoshimitsu , ARAI Yoichi

    1996年3月から30ヵ月間に前立腺全摘術を施行したT1c前立腺癌40例を対象に検討した.1)術前の生検でGleason scoreが7以上の症例は,PSA,PSAD,free PSA,% free PSAの全てにおいてGleason scoreが6以下の症例と有意な分布差を認め,全例腫瘍体積が0.5cm3以上であった.2)Gleason scoreが6以下の症例では,腫瘍体積0.5cm3の区分に …

    泌尿器科紀要 46(11), 785-790, 2000-11

    IR  Ichushi Web 

  • Long-term clinical results of 5 cases of urachal carcinoma  [in Japanese]

    KAJITA Yoichiro , HABUCHI Tomonori , KAMOTO Toshiyuki , OKUNO Hiroshi , TERAI Akito , KAKEHI Yoshiyuki , TERACHI Toshiro , OGAWA Osamu , YOSHIDA Osamu

    1)Sheldonらの分類でstage IIIA迄の尿膜管癌の初回手術として,臍・尿膜管全摘除術を加えた膀胱部分切除術にて長期の生存,膀胱温存が得られる可能性が示唆された.2)CEAは患者血清4例中2例,尿膜管癌組織5例中5例で陽性であり,尿膜管癌の腫瘍マーカーとなる可能性が示唆された.3)p53は尿膜管癌組織5例中4例で陽性であったが,stageや予後との相関は認められなかった

    泌尿器科紀要 46(10), 711-714, 2000-10

    IR  Ichushi Web  Cited by (3)

  • National trend of management of benign prostatic hyperplasia in Japan during 1990s: analysis of national health statistics  [in Japanese]

    TERAI Akito , KAKEHI Yoshiyuki , TERACHI Toshiro , OGAWA Osamu

    1990年代の我が国における前立腺大症患者数や医療費の動向を総括する目的で厚生省の各種統計資料を分析した.総受療患者数は1987年20.2万人,1995年33.5万人,1998年59.0万人へと10年余りで2.9倍に増加し,特に1995年以降の増加が著明であった.65歳以上の患者が全体の73~80%,55歳以上が94~98%を占めていた.年間手術件数は5万件前後で,明らかな年次的増加又は減少傾向は …

    泌尿器科紀要 46(8), 537-544, 2000-08

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • CLINICAL STUDIES ON MEROPENEM IN UROLOGY

    Ohmori Kouhei , Kakei Yoshiyuki , Takeuchi Hideo , Yoshida Osamu

    泌尿器科領域感染症4例に対しmeropenemを1回250mg, 1日2回, 4~6日間投与し, 臨床効果と安全性について検討した. 治療対象は4例で, 腎膿瘍1例, 複雑性腎孟腎炎1例, 左腎孟癌術後後腹膜膿瘍1例, 膀胱膣瘻術後創部感染症1例であった. 臨床効果は主治医判定で評価すると, 腎膿瘍および複雑性腎孟腎炎症例に対してはいずれも著効であり, 左腎孟癌術後後腹膜膿瘍, 膀胱膣瘻術後創部感 …

    CHEMOTHERAPY 40(Supplement1), 907-909, 1992

    J-STAGE 

  • 表在性膀胱腫瘍の転移 : 尿路性器腫瘍の転移とその治療  [in Japanese]

    筧 善行

    The Japanese Journal of Urology 81(13), 2021, 1990

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top