柴田 純夫 SHIBATA Sumio

Articles:  1-20 of 26

  • 1 / 2
  • 1568 低品位な珪砂を混合したALCの炭酸化収縮特性に関する基礎的研究  [in Japanese]

    前川 明弘 , 西川 孝 , 柴田 純夫 , 松下 文明

    材料施工 (2017), 1135-1136, 2017-07-20

    AIJ 

  • Effects of Silica Sand and Humidity on Carbonation Shrinkage Properties of Autoclaved Lightweight Aerated Concrete  [in Japanese]

    前川 明弘 , 西川 孝 , 柴田 純夫 , 大廣 敏之 , 松下 文明

    三重県工業研究所研究報告 (41), 50-53, 2016

  • Development of High Water-Repellent ALC  [in Japanese]

    SHIBATA Sumio , MATSUSHITA Fumiaki

    Journal of the Society of Inorganic Materials,Japan 18(355), 370-376, 2011-11-01

    References (9)

  • 各種骨材を用いたモルタル・コンクリートの乾燥収縮特性 (平成21年度 共同研究プロジェクト成果)  [in Japanese]

    濱 幸雄 , 松下 文明 , 柴田 純夫

    平成21年度 共同研究プロジェクト成果

    国立大学法人室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告 (21), 11-14, 2010-12

    IR 

  • Drying Shrinkage of Mortar using Slag Fine Aggregate  [in Japanese]

    WATANABE Shihoko , MATSUSHITA Fumiaki , HAMA Yukio , SHIBATA Sumio

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction (2010), 907-908, 2010-07-20

    IR  AIJ  Cited by (1)

  • ガス吸着等温線による硬化セメントペースト中のC-S-Hの構造解析  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 , 濱 幸雄

    30℃または50℃の乾湿繰返しおよび50℃の乾燥を与えた硬化セメントペーストの窒素および水蒸気吸着等温線を測定し,BET比表面積およびESW理論による比表面積を求め比較した。乾燥に伴う比表面積の変化については,窒素によるBET比表面積,および水蒸気のESW理論による複層分子吸着層では比表面積が減少したが,水蒸気によるBET法およびESW法による単分子吸着層ではほぼ一定の値を示した。窒素によるBET …

    コンクリート工学年次論文集 31(1), 739-744, 2009-07

    IR 

  • Influence of Nanostructure Change during Drying on Frost Resistance of HCP  [in Japanese]

    AONO Yoshimichi , MATSUSHITA Fumiaki , SHIBATA Sumio , HAMA Yukio

    Concrete research and technology, Japan Concrete Institute 19(2), 21-34, 2008-05-25

    References (39) Cited by (3)

  • Influence of microstructure change and frost resistance of HCP during drying and wetting cycles  [in Japanese]

    AONO Yoshimichi , MATSUSHITA Fumiaki , SHIBATA Sumio , HAMA Yukio

    30℃および50℃の乾湿繰返しおよび50℃の乾燥を与えた硬化セメントペーストの耐凍害性の変化について,20℃の水中養生の場合と比較検討した。乾湿繰返しまたは乾燥を与えた供試体には何れもひび割れが生じたが,30℃の乾湿繰返し後に耐凍害性は低下しなかった。50℃の乾湿繰返しまたは乾燥によって,水銀圧入法による空隙構造が粗大化する傾向が認められるとともに,29Si-NMRにより硬化セメントペースト中のC …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 921-926, 2008

    IR  NDL Digital Collections 

  • Change in nanostructure of hardening cement paste by drying and wetting cycles  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 [他]

    コンクリート工学年次論文集 29(1), 993-998, 2007

    Cited by (1)

  • 1158 乾燥および乾湿繰返しによる硬化セメントペーストの微細構造変化(耐久性一般)  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 , 濱 幸雄

    乾燥および乾湿繰返しによる硬化セメントペーストのμmからnmまで微細構造変化を水銀圧入法,アルキメデス法,NMRおよび水蒸気吸着等温線により解析した。乾燥または乾湿繰返しによって,細孔構造が粗大化し,C-S-Hの真密度が上昇していることが示唆された。NMRの結果から,シリケートアニオン鎖の重合が進行していることを示した。水蒸気吸着等温線のESW(Excess Suface Work)モデルによる解 …

    コンクリート工学年次論文集 29(1), 993-998, 2007

    IR  NDL Digital Collections 

  • 乾湿繰り返しが及ぼすコンクリートの耐凍害性への影響とその劣化メカニズムに関する研究  [in Japanese]

    濱 幸雄 , 柴田 純夫 , 青野 義道

    国立大学法人室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告 (17), 中扉1枚,11-21, 2006-11

  • STUDY ON FROST RESISTANCE AND ITS DEGRADTATION MECHANISM OF CONCRETE SUBJECTED TO DRYING AND WETTING CYCLES  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 , 濱 幸雄

    Effect of drying and wetting cycles on frost resistance of concrete was evaluated by the ASTM C666 A and the GIF. Both methods showed that drying and wetting cycles deteriorated the frost resistance o …

    日本建築学会構造系論文集 (607), 15-22, 2006-09

    IR 

  • Study on Pore Structute and Frost Resistance of Cement Past and Autoclaved Materials  [in Japanese]

    MITAKA Shingo , 藤原 佑美 , 濱 幸雄 , 青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫

    日本建築学会北海道支部研究報告集 (79), 1-4, 2006-07

    IR  AIJ 

  • Microstructural change of cement paste by drying and wetting cycle  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 [他]

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 731-736, 2006

    Cited by (2)

  • Influence of drying temperature to water uptake and frost resistance of concrete  [in Japanese]

    濱 幸雄 , 小林 和寛 , 青野 義道 [他] , 柴田 純夫

    コンクリート構造物が供用中に受ける過度な乾燥などに起因する微細なひび割れが耐凍害性を低下させる可能性が指摘されている。本研究では,凍結融解開始前の乾燥温度の違いが微細ひび割れ発生に及ぼす影響を把握するとともに,CIF試験によって吸水性状と耐凍害性の関係を評価した。その結果,乾燥によってコンクリートの粗骨材界面に生じる比較的幅の広いひび割れが凍害劣化に及ぼす影響は小さいこと,乾燥温度が高いほど限界飽 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 845-850, 2006

    IR  NDL Digital Collections  Cited by (3)

  • 1119 乾湿繰返しによるセメントペーストの細孔構造変化(耐久性)  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 , 濱 幸雄

    乾湿繰り返しによる硬化セメントペーストの細孔構造変化について,水中養生期間を変えて検討した。乾湿繰返しにより,50~100nm付近の細孔の増加に伴い総細孔量が増加した。その影響は乾湿繰り返しまでの水中養生期間が長い方が顕著であった。^<29>Si-NMR(MAS)の結果から,水中養生期間1ヶ月後の50℃乾湿繰り返し4週後にQ_0,Q_1が減少,Q_2が増加し,シリケートアニオン鎖の縮合 …

    コンクリート工学年次論文集 28(1), 731-736, 2006

    IR  NDL Digital Collections 

  • 599 Microstructure of hardened cement paste and calcium silicate hydrate  [in Japanese]

    松下 文明 , 青野 義道 , 柴田 純夫 [他] , 濱 幸雄

    セメント系材料の代表的なバインダーであるC-S-Hゲル(硬化セメントペースト),1.1nm-トバモライト,ゾノトライトの細孔構造を種々の手法で評価した。^<29>Si-NMRスペクトルから,結晶性(シリケートアニオン鎖重合度)は,C-S-Hゲル<1.1nm-トバモライト<ゾノトライトの傾向であった。水蒸気吸着等温線の解析結果から,1.1nm-トバモライトやゾノトライトで認め …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 599-604, 2006

    IR  NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • STUDY ON FROST RESISTANCE AND ITS DEGRADTATION MECHANISM OF CONCRETE SUBJECTED TO DRYING AND WETTING CYCLES  [in Japanese]

    AONO Yoshimichi , MATSUSHITA Fumiaki , SHIBATA Sumio , HAMA Yukio

    Effect of drying and wetting cycles on frost resistance of concrete was evaluated by the ASTM C666 A and the GIF. Both methods showed that drying and wetting cycles deteriorated the frost resistance o …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 71(607), 15-22, 2006

    J-STAGE  AIJ  References (23) Cited by (4)

  • 高強度コンクリートの耐凍害性に及ぼすマイクロクラックの影響  [in Japanese]

    青野 義道 , 松下 文明 , 柴田 純夫 [他] , 浜幸 雄

    乾湿繰り返しによって高強度コンクリートに生じる微細ひび割れが吸水性状と耐凍害性に及ぼす影響をCIF試験により検討した。乾湿繰り返しによって骨材界面及びマトリックス部分の微細なひび割れが増加し,さらに組織も粗くなることによって吸水が促進され,耐凍害性が著しく低下した。高温での乾燥は限界飽水度を低くし耐凍害性を低下させた。夏期は50℃程度の乾湿繰り返しを受ける可能性があり,HPCの場合でも良質な空気泡 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 1117-1122, 2005

    IR  NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • オートクレーブ養生軽量気泡コンクリートの炭酸化収縮  [in Japanese]

    松下 文明 , 青野 義道 , 柴田 純夫

    オートクレープ養生軽量気泡コンクリート(ALC)の促進炭酸化における収縮をトバモライトの分解過程から考察した。炭酸化収縮は炭酸化度20%から徐々に進み始め,炭酸化度60%では約0.25%収縮した。_<29>si MAS NMRスペクトルから炭酸化度20%まではシリケート2重鎖構造は保持されたまま層間Caイオンがプロトンとイオン交換した。さらに炭酸化が進むとシリケート2重鎖構造からシリカ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 463-468, 2005

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top