江左 篤宣 Esa Atsunobu

ID:9000045813274

近畿大学医学部泌尿器科学教室 Department of Urology, Kinki University School of Medicine (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • SCOPOLAMINE-N-BUTYL BROMIDE LOADED CYSTOMETRY AND ITS CLINICAL SIGNIFICANCE  [in Japanese]

    Sugiyama Takahide , Esa Atsunobu , Park Young Chol , Kaneko Shigeo , Kurita Takashi

    排尿筋反射亢進や,低コンプライアンス膀胱の膀胱内圧に神経因子,筋性因子がどの程度関与しているかを明らかにすべく本検討を行なった.対象は1980年1月から1985年4月までに,近畿大学医学部附属病院泌尿器科で排尿障害のために,排尿機能検査を施行した99例である.方法は,DISA炭酸ガスシストメータを用い流量150ml/minで副交感神経遮断剤Scopolamine-N-butylbromide 20 …

    The Japanese Journal of Urology 78(4), 720-725, 1987

    Ichushi Web 

Page Top