日本大学

Articles:  1-4 of 4

  • The New High-Reynolds Number Pipe Flow Facility at CICLoPE  [in Japanese]

    タラメーリ アレッサンドロ , ベラーニ ガブリエル , 沖田 浩平 , 田口 智清 , 松原 雅春 , Alessandro Talamelli , Gabriele Bellani , ボローニャ大学 , ボローニャ大学 , 日本大学 , 電気通信大学 , 信州大学 , Alma Mater Studiorum Universita di Bologna , Alma Mater Studiorum Universita di Bologna

    In this paper we present a new and unique wind tunnel for the study of wall-bounded turbulent flow at high-Reynolds number. The facility is a 110.9 m long pipe embedded in a closed-loop circuit. The m …

    ながれ : 日本流体力学会誌 = Nagare : journal of Japan Society of Fluid Mechanics 33(3), 259-266, 2014-06

  • Minimum-Turbulence-Level Wind Tunnel at KTH  [in Japanese]

    フランソン イエンス H. M. , ヨハンソン アルネ V. , アルフレッドソン P. ヘンリック , 沖田 浩平 , 田口 智清 , 松原 雅春 , Jens H. M. Fransson , Arne V. Johansson , P. Henrik Alfredsson , 王立工科大学 , 王立工科大学 , 王立工科大学 , 日本大学 , 電気通信大学 , 信州大学 , Linne Flow Centre KTH-Royal Institute of Technology , Linne Flow Centre KTH-Royal Institute of Technology , Linne Flow Centre KTH-Royal Institute of Technology

    This paper gives a short background and description of the Minimum-Turbulence-Level (MTL) wind tunnel at KTH. It describes the philosophy behind the design of the various flow components of the tunnel …

    ながれ : 日本流体力学会誌 = Nagare : journal of Japan Society of Fluid Mechanics 33(3), 253-258, 2014-06

  • 2309 Evaluation of Moisture and Gas Permeability of Surface Treated Concrete Member under Accelerated Weathering Condition  [in Japanese]

    御園 麻衣子 , 今本 啓一 , 永井 香織 , Maiko MISONO , Kei-ichi IMAMOTO , Kaori NAGAI , 東京理科大学大学院工学研究科建築学専攻 , 東京理科大学 , 日本大学 , School of Tec.Tokyo University of Science , Tokyo University of Science , Nihon University

    大会学術講演会研究発表論文集 (2012), 43-46, 2012-10-18

  • 国際宇宙ステーション搭載全天X線監視装置  [in Japanese]

    冨田 洋 , MAXIチーム , JAXA , 理化学研究所 , 東京工業大学 , 青山学院大学 , 日本大学 , 中央大学 , 京都大学 , 大阪大学 , 宮崎大学

    全天X線監視装置(Monitor of All-sky X-ray Image:MAXI)は国際宇宙ステーションの曝露部に搭載されたX線天文観測装置である。MAXIは宇宙ステーションの特性を生かして広い宇宙を約90分周期で何度も観測し、X線領域で突発的な天体現象や星の増光などを探索する。MAXI は2009年8月に観測を開始後、多くの時間変動現象を発見し速報を出している。

    IEICE technical report 110(92), 31-35, 2010-06-17

Page Top