石島 義之 Ishijima Yoshiyuki

ID:9000045821684

宇宙航空研究開発機構 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Overview of MICHIBIKI Development  [in Japanese]

    INABA Noriyasu , MATSUMOTO Akihiro , KISHIMOTO Motohisa , SHINTATE Kyoji , ISHIJIMA Yoshiyuki , KAWAKITA Shiro , MYOJIN Erika

    準天頂衛星初号機「みちびき」は,測位単独ミッションの研究開発衛星として,官民協力計画時代から先行して研究・開発中の測位ミッション部の成果を引き継ぎつつ,基本設計の着手から打上げまで4年弱の短期間で開発された.短期開発の実現のため,ミッション部とのインタフェース部の早期の明確化・固定,及び既存バス技術の徹底活用等の方針のもと開発が進められた.一方,特殊な軌道への対応,頑健性強化に加え,我が国初の測位 …

    Aeronautical and Space Sciences Japan 61(8), 261-266, 2013

    J-STAGE  References (7)

  • BI-1-1 Initial operation results of Quasi-Zenith Satellite-1 (MICHIBIKI)  [in Japanese]

    Kuroda Tomonori , Kishimoto Motohisa , Kawakita Shiro , Ishijima Yoshiyuki , Inaba Noriyasu , Terada Koji , Onodera Noriyoshi , Ito Daiki , Kudo Masato , Okamoto Takeshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_通信(1), "SS-67"-"SS-68", 2011-02-28

  • Development Status of the Quasi-Zenith Satellite System and Conceptual Study on Future Regional Satellite Navigation System  [in Japanese]

    ISHIJIMA Yoshiyuki , KISHIMOTO Motohisa , NODA Hiroyuki , KOGURE Satoshi , INABA Noriyasu , TERADA Koji

    本稿では、準天頂衛星システムの開発状況として、各構成要素である測位ミッション(高精度測位実験システム)、準天頂衛星初号機「みちびき」、追跡管制システムの最新の開発状況や軌道上技術実証計画について報告するとともに、初号機をベースにした将来衛星測位システムに関する検討状況について紹介する。

    IEICE technical report 110(92), 105-109, 2010-06-17

    References (6) Cited by (1)

Page Top