海川 航太 UMIKAWA Kota

ID:9000045847718

亘理町立荒浜小 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • 仙台平野のいぐね・海岸林の被害状況と防災効果  [in Japanese]

    小金澤 孝昭 , 海川 航太

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 64(3), 116-117, 2013-01-15

  • The function of Tsunami risk management on the coastal forest and wind break forest in Sendai coastal region  [in Japanese]

    KOGANEZAWA Takaaki , UMIKAWA Kota

    今回の研究を通して、海岸林や屋敷林(いぐね)が津波・瓦礫から建物被害を軽減させ、後背地の被害を和らげる力を明らかにした。今回の大津波で、緑豊かな仙台平野の姿は一変した。ヒアリング調査では、「集落全体を囲うようないぐねを国や自治体で作っていくべきではないか」という回答が得られた。現代の居住構造からしても、いぐねを手入れする手間を考えると、若い世代が個人でいぐねを設けることは難しい。浸水したが現在もい …

    Bulletin of Miyagi University of Education 47, 1-9, 2012

    IR 

Page Top