東 正訓 Higashi Masanori

Articles:  1-1 of 1

  • Theoretical framework of individual difference variables in personality and social psychology(II) : Attitude-behavior relation and the theory of planned behavior  [in Japanese]

    Higashi Masanori

    種々の社会的行動の予測因としての態度(attitude)をめぐって、1930年代から、「態度は行動を予測できない」という悲観論とそれへの反論といった議論が続いている。本研究では、この議論の歴史的展望を行ない、「適切な方法で測定をおこなえば態度は行動を十分に予測しうる」との立場を重点的に紹介した。特に、行動を十分に予測可能にするための工夫として、FishbeinとAjzenが提案した集積原理(agg …

    Bulletin of the Faculty of Psychology, Otemon Gakuin University 1, 181-206, 2007-03-29

Page Top