後藤祥 GOTO Akira

ID:9000045849751

大阪大学 (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-9 of 9

  • Recommending Extract Method Opportunities Using Machine Learnig  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 藤原 賢二 , 崔 恩瀞 , 井上 克郎

    リファクタリングとは"外部から見たときの振舞いを保ちつつ,理解や修正が簡単になるように,ソフトウェアの内部構造を整理すること"であり,ソフトウェア開発における重要な活動の1つである.本研究では,メソッド抽出というリファクタリングパターンについて,実際にリファクタリングが行われたメソッドを収集し,それらの特徴量を用いた機械学習によって,メソッド抽出リファクタリングの対象を推薦する手法を提案する.実験 …

    IPSJ Journal 56(2), 627-636, 2015-02-15

    IPSJ 

  • 機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 藤原 賢二 , 崔 恩瀞 , 井上 克郎

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集 (2014), 170-175, 2014-08-25

    IPSJ 

  • An investigation of refactoring performed in combination  [in Japanese]

    SAIKA Tsubasa , CHOI Eunjong , GOTO Akira , YOSHIDA Norihiro , INOUE Katsuro

    リファクタリングを支援するツールが研究されているが,組み合わせて実施されるリファクタリングについてはあまり研究されておらず,既存ツールでは複数のリファクタリングをまとめて実施することができない.ソフトウェア開発履歴中のリファクタリングを対象に,90秒以内に連続して実施されたリファクタリングの組み合わせを調査した結果,3つのパターン(Move, Rename),(Rename, Rename),(E …

    Technical report of IEICE. SS 114(23), 1-6, 2014-05-08

  • An Investigation into the Characteristics of Methods for Extract Method Refactoring  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 藤原 賢二 [他]

    日本ソフトウェア科学会大会論文集 30, 558-563, 2013-09-10

  • An Empirical Evaluation of Slice-based Cohesion Approaches to Supporting Extract Method  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Kaku , YOSHIDA Norihiro , GOTO Akira , INOUE Katsuro

    ソフトウェアの品質向上は,ソフトウェア開発や保守の効率を高めるために重要な活動である. リファクタリングはソフトウェアの品質を保つために重要な作業であるが,複雑な作業を伴うため,開発者には多くの知識や経験が要求される. 本研究では,プログラムスライスに基づく凝集度を用いたメソッド抽出リファクタリング支援手法について評価実験を行った. その結果,手法の有効性の有無,有効に働く場合の条件について知見を …

    Technical report of IEICE. SS 113(24), 13-17, 2013-05-09

    IR 

  • A Tool Support to Merge Similar Methods with Differences  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 井岡 正和 , 井上 克郎 , Goto Akira , Yoshida Norihiro , Ioka Masakazu , Inoue Katsuro , ゴトウ アキラ , ヨシダ ノリヒロ , イオカ マサカズ , イノウエ カツロウ

    ソースコード中で互いに一致または類似した部分を持つコード片のことをコードクローンと呼び,特にメソッド単位のコードクローンを類似メソッドという.もし,類似メソッドを持つメソッドに欠陥が含まれている場合,類似メソッドとなっている他のメソッドにも同様の欠陥が含まれている可能性が高く,それらを修正するのは大きなコストとなる.この問題の解決策として,類似メソッドの集約が有効であるが,類似メソッド間に差分が存 …

    情報処理学会論文誌 54(2), 922-932, 2013-02-15

    IR 

  • A Tool Support to Merge Similar Methods with Differences  [in Japanese]

    後藤祥 , 吉田 則裕 , 井岡 正和 [他] , 井上 克郎

    ソースコード中で互いに一致または類似した部分を持つコード片のことをコードクローンと呼び,特にメソッド単位のコードクローンを類似メソッドという.もし,類似メソッドを持つメソッドに欠陥が含まれている場合,類似メソッドとなっている他のメソッドにも同様の欠陥が含まれている可能性が高く,それらを修正するのは大きなコストとなる.この問題の解決策として,類似メソッドの集約が有効であるが,類似メソッド間に差分が存 …

    情報処理学会論文誌 54(2), 922-932, 2013-02-15

    IPSJ 

  • A Tool Support to Merge Similer Methods with Differences  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 井岡 正和 , 井上 克郎

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012論文集 (2012), 1-6, 2012-08-21

    IPSJ 

  • A Tool Support to Merge Similer Methods with Differences  [in Japanese]

    後藤 祥 , 吉田 則裕 , 井岡 正和 , 井上 克郎 , Goto Akira , Yoshida Norihiro , Ioka Masakazu , Inoue Katsuro , ゴトウ アキラ , ヨシダ ノリヒロ , イオカ マサカズ , イノウエ カツロウ

    ソースコード中で互いに一致または類似したメソッドを類似メソッドという.可読性や保守性の向上を目的として,類似メソッドを 1 つに集約する作業がよく行われるが,類似メソッド間に差分が存在する場合,その集約は難しい.そこで,本研究では,差分を含む類似メソッドの集約作業を,集約候補を提示することで支援する手法を提案する.また,提案手法を統合開発環境 Eclipse のプラグインとして実装した.実験では, …

    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012論文集 (2012), 1-6, 2012-08-21

    IR 

Page Top