工藤 則男 KUDO NORIO

ID:9000045860319

田口設計事務所 Architects, Office TAGUCHI (1981年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • A FUNDAMENTAL STUDY FOR THE CORRELATION OF EACH FACILITIES ON REGIONAL PLANNING IN MEDICAL FACILITIES  [in Japanese]

    KAKEHI KAZUO , KANNO MINORU , KUDO NORIO

    これまで宮城県内6市町における1年間の国保レセプトから, 転医患者を抽出し, 主として転医の発生及び転医の動機(要因)について考察した。以下に得られた知見を要約してまとめとする。(i)転医の発生頻度を転医率の指標で表わし, 地域別の転医率がその地域の施設的地域条件とどのような関係にあるかを考察した。その結果, 施設密度の高い地域においては, 患者自身が自己の症状に見合った施設を最初から選択的に利用 …

    Transactions of the Architectural Institute of Japan 307(0), 112-121, 1981

    J-STAGE  AIJ 

  • 医療施設の連関システムに関する基礎的研究 : (その2)転医の各種形態  [in Japanese]

    工藤 則男 , 筧 和夫 , 菅野 實

    学術講演梗概集. 計画系 (55), 749-750, 1980-09-12

    AIJ 

  • 医療施設の連関システムに関する基礎的研究 : (その1)転医の発生頻度  [in Japanese]

    菅野 實 , 筧 和夫 , 工藤 則男

    学術講演梗概集. 計画系 (55), 747-748, 1980-09-12

    AIJ 

  • A FUNDAMENTAL STUDY ON REGIONAL PLANNING IN MEDICAL FAILITIES OF THE CANCER PATIENTS  [in Japanese]

    KAKEHI KAZUO , KANNO MINORU , KUDO NORIO

    これまで宮城県がん登録の資料をもとに, 医療施設の体系化をはかる際の基本的な課題である圏域構成, 施設機能, 施設連関について考察してきた。以下に得られた結果を要約する。なお, 本資料は前に記したように, この種の資料としては全国的にみて最も信頼性のある資料であり, 得がたい貴重な資料であるが各施設からの報告, すなわち登録の精度などに関しては自ずと限界がある。従って, ここで得られた結果について …

    Transactions of the Architectural Institute of Japan 275(0), 105-118, 1979

    J-STAGE  AIJ 

Page Top