玉置 伸[ゴ] TAMAKI SHINGO

ID:9000045861626

福井大学 Fukui. Univ. (1982年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • STUDY ON THE CORELATION BETWEEN THE HOUSING FRONTAGE AND HOUSING PLAN IN HISTORICALLY BUILT-UP AREA : Case study in KANAZAWA City Part 2  [in Japanese]

    TAMAKI SHINGO , KONDO TATSUO

    以上, 2間間口から4間間口までのプランについて, その平面構成, 室構成および奥行分布について検討した。その結果, 間口と平面構成には密接な法則性の存在することが明らかとなった。それは居住室空間確保という住宅空間における絶対的要求に併行して通路空間確保の要求もきわめて大きいところに由来している。その結果を整理するとまず歴史的既成市街地において現在存在する住宅は大きくは四つの型に類型化することがで …

    Transactions of the Architectural Institute of Japan 317(0), 105-116, 1982

    J-STAGE  AIJ  Cited by (1)

Page Top