児島 富美敏 KOJIMA Fumitosh

ID:9000045920914

(株)東芝 Toshiba Corporation (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • Separated detection of blood vessel in 3D MRA  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , MIYATA Takashi , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitosi

    Medical imaging technology 18(4), 573-574, 2000-07-25

    Ichushi Web  References (3)

  • Continuous MPR in 3D MR Angiography  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    Med Imag Tech 17(4), 519-520, 1999-07-01

    Ichushi Web  References (4) Cited by (1)

  • An improvement method in visibility for 3D MR Myelography data  [in Japanese]

    SUZUKI Tomo , HIKICHI Masayuki , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    近年、人体の3次元情報が容易に得られるようになり、その表示方法が問題となってきた。今回我々は、3D MR-Myelographyの表示法について検討し、脊髄腔に対する前処理と複数方向からの最大値投影処理(MIP)によって脊髄神経系の視認性の改善を試みた。

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 99(138), 63-69, 1999-06-24

    Ichushi Web  References (4)

  • A successive multi-planar reformating method for cerebral arteries in 3D MRA data  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    本論文では,複雑な構造を持っている脳血管系を見る方法として連続断面変換表示の方法を提案する.この方法は,血管走行に沿って血管断面を動的に表示する方法であり,次に示す特徴を持っている.(a)脳血管近傍の断面変換画像を生成し,それを拡大表示することができる.(b)脳血管の断面画像と現在表示中の位置を動的に画面に出力でき,補間曲線を利用してスムーズにアニメーション表示する.(c)2本の血管を同時に表示す …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 99(138), 55-61, 1999-06-24

    Ichushi Web  References (12) Cited by (2)

  • An improvement method in visibility for 3D MR Myelography data  [in Japanese]

    SUZUKI Tomo , HIKICHI Masayuki , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1999(7), 63-69, 1999-06-24

    References (4)

  • A successive multi-planar reformating method for cerebral arteries in 3D MRA data  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1999(7), 55-61, 1999-06-24

    References (12)

  • Automatic Blood Vessel Tracing for 3D Brain MR Angiography  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , TAKEUCHI Yasuo , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    従来の血管走行の追跡は3次元細線化処理によって行なわれてきた。しかし3次元の画像処理には複雑なアルゴリズムと多大な処理時間が必要である。本研究では2次元画像処理の結果をいくつか組み合わせることにより、3次元血管走行の自動追跡処理アルゴリズムを提案する。今回検討したアルゴリズムでは、Hilditchの細線化アルゴリズムを利用した3次元ボリュームデータの薄面化処理を考え、曲断面を作成する。曲断面上に2 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 98(135), 35-42, 1998-06-19

    Ichushi Web  References (13) Cited by (6)

  • Automatic Blood Vessel Tracing for 3D Brain MR Angiography  [in Japanese]

    HIKICHI Masayuki , TAKEUCHI Yasuo , HATANAKA Masahiko , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1998(5), 35-42, 1998-06-19

    References (13)

  • New Fat Suppression Method with no Pre-saturation Pulse -WCHASE(Water Chemical-Shift Selective Excitation)-  [in Japanese]

    TOKUNAGA Yu , MIYAZAKI Mitsue , MACHIDA Yoshio , TAKAI Hiroshi , KOJIMA Fumitoshi

    Medical Imaging Technology 16(2), 139-145, 1998-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9) Cited by (2)

  • Automatic blood vessel tracing in 3D head MR angiography  [in Japanese]

    TAKEUCHI Yasuo , KUMAZAWA Seiji , HATANAKA Masahiko , KOJIMA Fumitoshi , MACHIDA Yoshio

    Medical imaging technology 15(4), 507-508, 1997-07-01

    References (3)

  • A Segmentation of Blood Vessels in 3D MR Angiography Data  [in Japanese]

    HATANAKA Masahiko , SHIROSAWA Kazutaka , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    Medical imaging technology 14(4), 469-470, 1996-07-01

    Ichushi Web  References (5)

  • A segmentation of blood vessels in 3D MR Angiography data(3)  [in Japanese]

    TAKEUCHI Yasuo , SHIROSAWA Kazutaka , HATANAKA Masahiko , KOJIMA Fumitoshi , MACHIDA Yoshio

    3次元MR Angiographyデータからの血管像セグメンテーション処理の前処理として、3次元エッジ強調フィルタリング処理について検討し、その効果をMIP画像、セグメンテーション画像上で評価した。今回検討したフィルタリング処理により、MIP画像上では脳実質部に対する主要血管のコントラストの向上、セグメンテーション画像上では主要血管の連続性の改善が見られたので報告する。

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 96(114), 57-64, 1996-06-21

    References (22) Cited by (5)

  • Fundament Study of Mixed TR/TI Inversion Recovery MR Imaging  [in Japanese]

    Horita Hirosi , Takeda Yutaka , Yasuda Mie , Hatanaka Masahiko , Machida Yoshio , Kojima Fumitoshi

    Japanese Journal of Radiological Technology 52(9), 1182, 1996

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A segmentation of blood vessels in 3D MR Angiography data (1)  [in Japanese]

    SHIROSAWA Kazutaka , HATANAKA Masahiko , TAKEHARA Kouji , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    三次元MRアンギオグラフィーのデータから、主要血管の形状と位置を得るためのセグメンテーションについて検討したので報告する。はじめに、臨床診断で広く用いられている最大値投影法により血管の投影像を求め、テクスチャ・エッジ検出の手法を利用して血管像の候補を求めた。次に、複数の投影像から求めた血管候補のボクセルについて共通ボクセルを選択することのより背景部のボクセルを取り除き、その後、領域拡張を行った。

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 95(131), 85-92, 1995-06-24

    Ichushi Web  References (5) Cited by (5)

  • Fundamental Study of MR Fast Inversion Recovery Method using by Computer Simulation (II)  [in Japanese]

    HATANAKA Masahiko , KAWAMURA Tsutomu , HORITA Hiroshi , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    MRIでは撮影時間が長いので短時間撮影法に関する研究・開発が盛んに行われていたが、近年T2強調画像撮影のための高速化の手法(Variable TR/TE SE法やRARE法)がほぼ確立し、臨床の現場でも広く使われるようになった。本研究では、このVariable TR/TE法を強いTl強調画像が得られるIR法に応用し、撮影時間の半減が可能な条件をコンピュータシミュレーションによって見いだしたので報告 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 95(131), 77-84, 1995-06-24

    References (12)

  • A segmentation of blood vessels in 3D MR Angiography data (1)  [in Japanese]

    SHIROSAWA Kazutaka , HATANAKA Masahiko , TAKEHARA Kouji , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1995(19), 85-92, 1995-06-24

    References (5)

  • Fundamental Study of MR Fast Inversion Recovery Method using by Computer Simulation (II)  [in Japanese]

    HATANAKA Masahiko , KAWAMURA Tsutomu , HORITA Hiroshi , MACHIDA Yoshio , KOJIMA Fumitoshi

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1995(19), 77-84, 1995-06-24

    References (12)

  • A fundamental study of MR Fast 1R method using by computer simulation  [in Japanese]

    Kawamura Tsutomu , Hatanaka Masahiko , Machida Yoshio , Kojima Fumitoshi

    MRIは撮影時間が長いことから、短時間に撮影される手法の開発が盛んに行われており、現在では撮影時間の長いT2強調画像が短時間に撮影できる手法などが実現されている。本研究では、Variabl TR, TE SE法などで用いられている手法を強いT1強調画像を得られるIR法に適用し、撮影時間の短縮効果や実現への可能性などについて合成画像の手法に基づいたシミュレーションによって検討したので報告する。

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE94-28, 33-38, 1994

    Cited by (2)

  • 262. Evaluation of mortion using tagging technique on MR imaging  [in Japanese]

    yamaguchi K. , anno H. , kondo T. , katada K. , yamada K. , sugiishi M. , kojima F. , gorou T.

    Japanese Journal of Radiological Technology 47(8), 1294, 1991

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 262. Evaluation of myocardia mortion using tagging technique on MR imaging  [in Japanese]

    山口 弘次郎 , 安野 泰史 , 近藤 武 , 片田 和広 , 山田 和弘 , 杉石 宗隆 , 児島 富美敏 , 五老 健彦

    Japanese Journal of Radiological Technology 47(3), 505, 1991

    J-STAGE 

Page Top