河口 信夫 KAWAGUCHI Nobuo

Articles:  1-20 of 20

  • Real World Wearable Activity Sensing and Its Applications : 1. HASC Corpus : Large-Scale Human Activity Sensing Corpus and Its Applications  [in Japanese]

    河口 信夫

    音声や画像といった分野では,大規模データの活用により性能向上が図られてきたが,行動認識には利用できるデータが存在していない.我々は人間行動センシングコンソーシアム(Human Activity Sensing Consortium: HASC)を設立し,行動認識技術のより一層の進展のために大規模な行動センシングデータベース HASC corpusを構築した.HASC Challenge を2010 …

    情報処理 54(6), 564-567, 2013-05-15

    IPSJ  IPSJ 

  • Context-Aware Mobile Service Recommendation System using Consumer-generated Information  [in Japanese]

    矢野 幹樹 , 白木 敦夫 , 梶 克彦 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , YANO Motoki , SHIRAKI Atsuo , KAJI Katsuhiko , MATSUBARA Shigeki , KAWAGUCHI Nobuo

    近年,モバイル端末向けに提供されるWeb サービスやアプリケーションなどのサービスの数は爆発的に増加しており,膨大な数のサービスの中から自分に必要な物を探し出すことが困難となりつつある.そこで我々は,ユーザの状況に応じてサービスの推薦を行うシステムの提案を行う.提案するシステムは,自分の現在状況をクエリとする検索サービスを提供する段階と,そこから収集した学習情報を用いて自動的な状況推定を行う段階の …

    マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO)シンポジウム論文集, 516-523, 2010-07-07

    IR 

  • Automatic Estimation of Twitter Users' Situation for Mobile Application Recommendation  [in Japanese]

    白木 敦夫 , 矢野 幹樹 , 酒井 佑太 , 小澤 俊介 , 杉木 健二 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , SHIRAKI ATSUO , YANO MOTOKI , SAKAI YUTA , KOZAWA SHUNSUKE , SUGIKI KENJI , MATSUBARA SHIGEKI , KAWAGUCHI NOBUO

    本論文では,ユーザの状況に適したモバイルアプリケーション推薦のための状況推 定手法を提案する.本手法では,ユーザの状況を推定するためにTwitter でのユーザ の発言を利用する.Twitter における特徴的な言い回し「なう」に着目する.「なう」 を含む発言を分析し,状況を示す表現を検出することにより,Twitter 発言者の状況 を推定する.また,本手法に基づいてアプリケーションを推薦するシス …

    情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO)シンポジウム論文集, 251-257, 2010-07

    IR  Cited by (1)

  • A Wireless LAN Location Estimation Method based on Constrained Conditions in Subway  [in Japanese]

    FUJITA Susumu , SASAKI Takeshi , KAWAGUCHI Nobuo

    電子情報通信学会技術研究報告. USN, ユビキタス・センサネットワーク : IEICE technical report 108(138), 153-157, 2008-07-10

    References (9)

  • Real-world Event Recognition System using Multiple Smart Sensors  [in Japanese]

    根岸 佑也 , 河口 信夫 , Negishi Yuya , Kawaguchi Nobuo

    本稿では,スマート・センサによって即興的に認識できるイベントの種類を多様化することを目的に,複数のスマート・センサを協調させ,メタ-イベント情報を抽出する手法を提案する.我々はこれまでに,実世界における生活音や環境音を,小型・低コストなデバイスにより,認識対象音を即興的に学習可能なInstant Learning Sound Sensor を提案し,小型・低コストなデバイス上に実装してきた.本手法 …

    情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO)シンポジウム論文集, 2008-07

    IR 

  • Rule-based Invisible Assistant for Ubiquitous Computing  [in Japanese]

    根岸 佑也 , Negishi Yuya , 河口 信夫 , Kawaguchi Nobuo

    In this paper, we propose an assistant system which does irritating operations on behalf of user among information devices, such as PCs and information appliances, through the network. Using a screen …

    第13回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS-2005), 2005-12-07

    IR 

  • WebCodget : Mobile Software which Migrate to Web Server for Embedded Devices  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Nobuo , SUNOHARA Masashi

    近年、ネットワークに接続される組込み機器においては、Webサーバを内蔵し、設定等を行う機器が増加している。利用者に特別な機器やソフトウェアが不要な点や、機器に複雑なユーザインタフェースを必要としないことから、ブロードバンドルータや無線LANアクセスポイントなどで、広く採用されている。しかし、多数の機器がネットワークに接続されるユビキタス環境においては、すべての機器にWebサーバが内蔵されていること …

    ITE technical report 2005(107), 41-44, 2005-11-01

    References (5)

  • Position Estimation Technique of Wireless Access Point Using Directional Antenna  [in Japanese]

    佐藤 弘和 , Satoh Hirokazu , 伊藤 誠悟 , Ito Seigo , 河口 信夫 , Kawaguchi Nobuo

    近年、無線LAN技術の普及に伴い、無許可での無線LANアクセスポイントの設置などの問題が生じている。このような状況において、アクセスポイントの位置を特定したいというニーズは大きく広がってきている。例えば、無許可で設置されたアクセスポイントによる通信障害などの問題が発生した場合、ネットワーク管理者は原因となるアクセスポイントの位置を特定し、それを除去する必要がある。そこで本研究では無線LANアクセス …

    電子情報通信学会論文誌 J88-D-Ⅰ(11), 1634-1647, 2005-11

    IR 

  • Design and Evaluation of Speech Act Tags in Spoken Dialogue Corpus  [in Japanese]

    入江 友紀 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , 山口 由紀子 , 稲垣 康善 , IRIE Yuki , MATSUBARA Shigeki , KAWAGUCHI Nobuo , YAMAGUCHI Yukiko , INAGAKI Yasuyoshi

    発話意図タグの設計と評価について述べる. 設計した意図タグは, 詳細度に応じて階層化している. 名古屋大学CIAIR車内音声対話コーパスの約35, 000発話に意図タグを付与した. 信頼性を評価するため, コーパスの一部を用いてタグ付与実験を実施した.

    電子情報通信学会論文誌 J88-D-II(10), 2169-2173, 2005-10-01

    IR 

  • Conversational Information Extraction based on Spoken Dialogue Understanding  [in Japanese]

    小野 貴博 , Ono Takahiro , 大野 誠寛 , Ohno Tomohiro , 松原 茂樹 , Matsubara Shigeki , 山口 由紀子 , Yamaguchi Yukiko , 河口 信夫 , Kawaguchi Nobuo , 吉川 正俊 , Yoshikawa Masatoshi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2005年_情報・システム(1), 44-44, 2005-03-07

    IR 

  • WISS Challenge 2004 : 非接触IC カードを用いたポスターセッション向け投票システムの提案  [in Japanese]

    根岸 佑也 , 河口 信夫

    第12回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS-2004), 2004-12-01

    IR 

  • Corpus-based Speech Understanding, Dialogue Control and Response Generation : Construction of a Corpus-Base Spoken Dialogue System  [in Japanese]

    林 啓太 , 入江 友紀 , 山口 由紀子 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , Hayashi Keita , Irie Yuki , Yamaguchi Yukiko , Matsubara Shigeki , Kawaguchi Nobuo

    情報処理学会第66回全国大会講演論文集 (2), 167-168, 2004-03-09

    IR 

  • Dialogue Flow Analysis using CIAIR In-Car Spoken Dialogue Corpus  [in Japanese]

    加藤 真吾 , 入江 友紀 , 山口 由紀子 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , KATO Shingo , IRIE Yuki , YAMAGUCHI Yukiko , MATSUBARA Shigeki , KAWAGUCHI Nobuo

    情報処理学会第66回全国大会講演論文集 (2), 157-158, 2004-03-09

    IR 

  • データ構造の変更に対応した ソフトウェアの動的更新手法  [in Japanese]

    佐伯 智之 , 河口 信夫 , 稲垣 康善

    ユビキタス環境において,身の回りの各機器にインスト-ルされているソフトウェアのアップデート作業を簡単化するために,ソフトウェアの動的な更新を行うシステムが望まれる.ソフトウェアの動的な更新とは,動作しているソフトウェアのコードを,それがその時点でもつ内部変数などのデータを保持したまま,更新されたコードへと移行させることである.我々は,モバイルエージェントに基づいて動的更新を実現する手法を提案してき …

    第6回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA-2003, 2003-03-12

    IR 

  • 動的に連携可能な情報提示型サービス機器と その利用手法の提案  [in Japanese]

    斉藤 功治 , 河口 信夫 , 稲垣 康善

    ユビキタス環境が普及により、生活環境のいたるところに情報提示型サービス機器があるといった環境が現実のものとなりつつある。本研究では、このような環境において、携帯端末を持ったユーザが容易に様々なサービスを受けられ、他のユーザとのコラボレーションを実現する手法を提案する。また、情報提示サービス間を動的に連携することによって、必要に応じて高度なサービスをユーザが構築して、利用できる手法を提案する。この提 …

    第1回SPAサマーワークショップ(SPA-SUMMER2002), 2002-08-19

    IR 

  • Example-based Spoken Intention Understanding using Japanese Dependency Relation  [in Japanese]

    木村 晋一 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , 稲垣 康善 , Kimura Shinichi , Matsubara Shigeki , Kawaguchi Nobuo , Inagaki Yasuyoshi

    情報処理学会第63回全国大会講演論文集 (2), 197-198, 2001-09-26

    IR 

  • In-Car Speech Database  [in Japanese]

    河口 信夫 , 松原 茂樹 , 岩 博之 , 梶田 将司 , 武田 一哉 , 板倉 忠 , 稲垣 康善 , KAWAGUCHI Nobuo , MATSUBARA Shigeki , IWA Hiroyuki , KAJITA Shoji , TAKEDA Kazuya , ITAKURA Fumitada , INAGAKI Yasuyoshi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 2000年_情報・システム, 309-310, 2000-09-07

    IR 

  • Construction of Speech Database in Moving Car Environment  [in Japanese]

    河口 信夫 , 松原 茂樹 , 岩 博之 , 梶田 将司 , 武田 一哉 , 板倉 文忠 , Kawaguchi Nobuo , Matsubara Shigeki , Iwa Hiroyuki , Kajita Shoji , Takeda Kazuya , Itakura Fumitada

    名古屋大学CIAIRでは、ロバストな音声認識・音声対話システムの実現のために、実走行車内において、音素バランス文、連続数字、離散単語の読み上げ音声、およびナビゲーションや情報検索のための音声対話の収録を行っている。本稿では、車内音声データベースの目的、車内でのデータ収集方法、および本データベース構築のために特別に作成したデータ収集車について報告する。 The CIAIR at Nagoya Uni …

    情報処理学会研究報告 2000(15), 57-62, 2000-02-04

    IR 

  • Multimodal Mail Tool with Quick Response to Speech  [in Japanese]

    松永 悟 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , 外山 勝彦 , 稲垣 康善 , Matsunaga Satoru , Matsubara Shigeki , Kawaguchi Nobuo , Toyama Katsuhiko , Inagaki Yasuyoshi

    情報処理学会第57回全国大会講演論文集 (4), 209-210, 1998-10-05

    IR 

  • Sync/Search : A Multimodal File Search System based on Incremental Interpretation of Natural Language  [in Japanese]

    松永 悟 , 松原 茂樹 , 河口 信夫 , 外山 勝彦 , 稲垣 康善 , Matsunaga Satoru , Matsubara Shigeki , Kawaguchi Nobuo , Toyama Katsuhiko , Inagaki Yasuyoshi

    音声言語インタフェースを持つ従来の情報検索システムの多くは、入力を文単位で処理する。それに対して我々は、音声言語文をその出現順に語単位で解釈するファイル検索システムSync/Searchを構築した。Sync/Searchは、単語およびポインティング情報をその入力毎に解釈し、文の入力途中であっても、検索条件が決まり次第検索を実行する漸進的検索を実現している。そのようなシステムでは、ユ-ザは検索結果を …

    日本ソフトウェア科学会大会論文集 (14), 97-100, 1997-09-29

    IR 

Page Top