坂井 博 SAKAI Hiroshi

ID:9000045954885

日本電信電話株式会社 NTT Corporation (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-19 of 19

  • A Study on Operation of Virtual Desktop Service with Virtual L2 Networks  [in Japanese]

    ARIMICHI Hiroshi , TAJMA Yoshitake , YOKOZEKI Daigoro , SAKAI Hiroshi , AOKI Michihiro , URUSHIDANI Shigeo

    我々は、仮想ネットワークと仮想デスクトップを連携させたクラウドシステムの研究を行っている。これまでに、仮想デスクトップが接続する仮想L2ネットワークを、ユーザによる簡易なセルフオペレーションで切替可能なシステムを開発し、学術情報ネットワークSINET4においてトライアルサービスを実施し、サービス性の評価を行ってきた。また現在、仮想L2ネットワークによるL2VPNサービス拡張の検討にも取り組んでいる …

    IEICE technical report 112(463), 541-546, 2013-03-07

  • OpenStackとOpenFlowオーバレイ技術を活用したIaaS基盤 (特集 オープンソースのクラウド・ビッグデータ基盤技術)  [in Japanese]

    水野 伸太郎 , 坂井 博 , 横関 大子郎 [他]

    NTT技術ジャーナル 24(10), 12-16, 2012-10

  • A Study of Virtual Desktop Service Cooperated with Virtual L2 Networks  [in Japanese]

    TAJIMA Yoshitake , ARIMICHI Hiroshi , YOKOZEKI Daigoro , SAKAI Hiroshi , AOKI Michihiro , URUSHIDANI Shigeo

    我々は,仮想サーバと仮想ネットワークを連携させるクラウドシステムの研究を行っている.本稿では,仮想L2ネットワーク,仮想サーバ,仮想デスクトップを連携させて,PC,共有サーバ,ネットワークからなるオフィスのコンピューティング環境をまとめてクラウド上で提供し,ユーザがオンデマンドに制御可能なサービスを提案する.本サービスではユーザが自らの簡易な操作によりコンピューティング環境を作成し,ユーザの仮想デ …

    IEICE technical report. Information networks 111(469), 395-400, 2012-03-01

    References (7)

  • グローバルスタンダード最前線 クラウドの標準化動向  [in Japanese]

    坂井 博

    NTT技術ジャ-ナル 23(4), 59-63, 2011-04

  • R&Dホットコーナー 利用者状況に合わせた携帯電話待受画面への情報配信  [in Japanese]

    坂井 博 , 村上 幸司 , 中津留 毅 [他]

    NTT技術ジャ-ナル 18(8), 32-35, 2006-08

  • Context-aware information provision based on context-handling platform  [in Japanese]

    SAKAI Hiroshi , NAKATSURU Takeshi , MURAKAMI Koji , SUEDA Yoshiko

    コンテキストアウェアなアプリケーションが利用する各種コンテキスト情報の、収集・加工・蓄積等を行なうコンテキスト管理プラットフォームを提案する。また提案プラットフォームを活用したアプリケーション例として、公衆無線LANのアクセスポイント情報と、利用者のスケジュール情報を用いて、利用者の次の予定までの「余裕時間」に着目した情報を提供する行動支援システムについて報告する。

    Technical report of IEICE. KBSE 104(431), 13-18, 2004-11-11

    References (6) Cited by (4)

  • Automatic contextual information generation using location information  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , OCAMPO Casey Tan , MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    コンテキストアウェアネスサービスにおいては,いつでもどこでも変化するユーザの要望に対応していくために,ユーザやその周囲の状況(コンテキスト)をより詳しく把握する必要がある.そこで,本稿では,より多くのコンテキストを収集する手段として,ユーザの位置情報を活用して,訪問履歴や同伴者といった情報を新たなコンテキストとして生成する方式を報告する.実現したコンテキスト生成方式において,実用的な計算コストでコ …

    ITE technical report 4, 29-34, 2004-04-23

    References (9) Cited by (4)

  • Automatic contextual information generation using location information  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , OCAMPO Casey Tan , MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    映像情報メディア学会技術報告 28(24), 29-34, 2004-04-23

    References (9)

  • Evaluation of context-aware word-of-mouth information sharing  [in Japanese]

    MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SUEDA Yoshiko , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    本稿では、個人ユーザが情報を登録する際のコンテキストを自動付与することにより、口コミ情報流通システムにコンテキストアウェアネス技術を適用することの有効性を、実証実験結果をもとに評価する。あわせて、口コミ情報検索において有効なコンテキストについても考察する。実験の結果、75%以上のユーザが情報登録時にコンテキストを登録しない一方で、60%以上のユーザがコンテキストによる検索を望んでいることが明らかと …

    Technical report of IEICE. KBSE 103(709), 1-6, 2004-03-08

    References (6)

  • Studies on personal activity support in ubiquitous networks  [in Japanese]

    SAKAI Hiroshi , KIKUCHI Toshinori , MURAKAMI Koji , SHIBATA Takaho

    本稿は,"いつでも" "どこでも" "あらゆる情報やサービス"にアクセスできるユビキタスネットワークにおいて,ネットワークと携帯情報端末が連携することにより,ユーザ個人の日常生活における,様々な目的達成のための行動を支援する「ユビキタスパーソナル行動支援」のコンセプト,および提案コンセプトを実現する主要技術である「状況適応型スマートプロポジショニング技術」を論じ,その試作システムについて報告する. …

    IEICE technical report 103(10), 21-24, 2003-04-18

    References (5) Cited by (1)

  • An advanced IN control architecture for providing VoIP Supplementary Services  [in Japanese]

    NAGATAKE Yukiteru , SAKAI Hiroshi , NOHARA Tatsuo , TAKAMI Kazumasa

    高度IN(Intelligent Network)を用いて電話網とIP(Internet Protocol)網の間でシームレスにVoIP(Voice over IP)の付加サービスを提供する検討が進められている。本稿では、IP網のH.323システムに対して高度INサービスを提供するためのSCF(Service Control Function)アクセス機能のIP網への配備法、VoIP呼への高度IN …

    Technical report of IEICE. SSE 100(153), 1-6, 2000-06-29

    References (10) Cited by (4)

  • Basic call state model for providing advanced IN services for VoIP calls  [in Japanese]

    Nagatake Yukiteru , Sakai Hiroshi , Nohara Tatsuo , Takami Kazumasa

    Proceedings of the IEICE General Conference, 82, 2000

    Cited by (2)

  • A Method of SCP-access-function allocation in IP networks  [in Japanese]

    Nagatake Yukiteru , Sakai Hiroshi , Nohara Tatsuo , Takami Kazumasa

    Proceedings of the IEICE General Conference, 81, 2000

    Cited by (2)

  • Service Logic Program Creation Method for Advanced Intelligent Network  [in Japanese]

    SAKAI Hiroshi , TAKAMI Kazumasa , NIITSU Yoshihiro , HIRANO Masanori

    非エキスパートなサービス開発者が定義した簡易なサービス仕様から, 高度INの通信サービスソフトウェア(SLP)を自動生成する技術を提案する. 従来のSLP生成方式では, サービス非依存な機能ブロック(SIB)の結合によりサービス仕様を定義し, 各SIBに対応して用意されたプログラム部品(ライブラリー)を, 定義された結合規則に従って組み合わせることでSLPを生成するものが多いが, SIBの粒度が実 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00082(00005), 886-897, 1999-05-25

    References (7) Cited by (5)

  • An architecuture for IN sevice provision through IP-based network  [in Japanese]

    Sakai Hiroshi , Takami Kazumasa

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1998年.通信(2), 72, 1998-09-07

  • Service Logic Program Generation Method using Specification Supplementing Techniques  [in Japanese]

    SAKAI Hiroshi , TAKAMI Kazumasa , NIITSU Yoshihiro

    高度INの通信サービスソフトウェア(SLP)を, 図形式で定義された簡易な通信サービス仕様から自動生成するSLP生成ツールを開発中である. SLP生成ツールにおけるSLP生成法は, サービス開発者が定義した通信サービス仕様の単純な線形変換によるものではなく, 生成の過程で知識を用いて仕様の一部を自動的に補完することを特徴とする. SLP試作実験により, 本補完技術による仕様の補完率は, SLPの規 …

    Technical report of IEICE. SSE 96(324), 7-12, 1996-10-25

    References (4) Cited by (4)

  • A Study on the Service Specifications Supplementing Method for the Advanced IN  [in Japanese]

    坂井 博 , 西村 正寿 , 高見 一正 , 新津 善弘

    NTTでは、高度インテリジェントネットワーク(高度IN)の通信サービスソフトウェアSLP(Service Logic Program)を、ユーザー網間のメッセージシーケンスで定義された簡易な通信サービス仕様から自動的に生成する。SLP自動生成ツールを開発中である。SLPを生成する場合、番号変換等の高度なサービス機能を提供する高機能レイヤと、基本接続機能を提供する伝達レイヤとの処理の分界点となる、D …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.通信(2), 113, 1996-09-18

  • Design of an SLP Generation System for the Advanced Intelligent Network  [in Japanese]

    SAKAI Hiroshi , TAKAMI Kazumasa , NIITSU Yoshihiro

    高度インテリジェントネットワークの通信サービスソフトウェア(SLP)を、図形式で定義された簡易な接続手順から自動生成するSLP生成ツールを開発中である。本稿では、SLP生成ツールを用いたSLP開発形態を論じ、SLP生成ツールの定性的評価を行なう。さらに、SLP生成ツールを用いたSLP記述において、サー-ビス開発者が誤りを含む接続手順を定義した場合、これを正常な接続手順へと復帰させる手順を獲得し、サ …

    Technical report of IEICE. SSE 95(510), 13-18, 1996-02-16

    References (7) Cited by (1)

  • A Service Software Generation Method for Advanced IN  [in Japanese]

    坂井 博 , 高見 一正 , 新津 善弘

    NTTでは、高度化・多様化するネットワークサービスヘの要求に迅速に対応するために、高度インテリジェントネットワーク(Advanced IntelligentNetwork:以下、高度IN)の研究開発を進めている。高度INにおけるサービスソフトウェアは、高度INの分散機能ブレーンにおいて呼制御機能を指令する機能エンティティとして定義されているSCF(Service Controol Function …

    全国大会講演論文集 第49回(ソフトウェア工学), 321-322, 1994-09-20

    IPSJ  Cited by (1)

Page Top