新津 善弘 NIITSU Yoshihiro

ID:9000045954887

芝浦工業大学大学院工学研究科 Graduate School, Shibaura Institute of Technology (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 63

  • 1 / 4
  • Authorization method based on user's consent to access for home network service  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , MIZUNO Osamu , NIITSU Yoshihiro

    携帯電話やデジタルカメラなどの普及により,デジタルコンテンツを作成したり,ポッドキャストしたりすることでだれでも簡単にデジタルコンテンツを取得することができる環境が整ってきた、一般的なユーザが作成したデジタルコンテンツは,家庭内で保存され,ホームネットワークを介して家の中のどこでも共有することができる.一方,NGN(次世代ネットワーク)のような大容量,高品質のネットワークが構築され,個人のデジタル …

    IEICE technical report 107(36), 67-71, 2007-05-10

    References (5) Cited by (1)

  • B-19-15 Private Information Control Method based on Virtual Secretary Assistance  [in Japanese]

    Iwasaki Kentaro , Sueda Yoshiko , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2007年_通信(2), 577, 2007-03-07

  • Open Control Method for User Context Information  [in Japanese]

    TOMARI Yuji , SUEDA Yoshiko , NIITSU Yoshihiro

    現在,インスタントメッセンジャーなどのプレゼンスサービスにおいて,情報を提供する相手によって制約を加えたり,スクリーニングを設定する場合は,個別に手動で実施されているために,ユーザの手間となっている.そこでユーザがあらかじめユーザ情報を開示するポリシを設定し,設定されたポリシに基づいて開示情報を制御する方式を先に提案した.しかし,コンテキストアウェアサービスにおいて,時々刻々と変化するユーザの状況 …

    IEICE technical report 106(461), 91-96, 2007-01-11

    References (5)

  • B-19-9 Study on Open Control Method for User Context Information  [in Japanese]

    Tomari Yuji , Sueda Yoshiko , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2006年_通信(2), 364, 2006-09-07

  • B-19-5 A Proposal of User Policy Adaptation Using Context  [in Japanese]

    Sueda Yoshiko , Mizuno Osamu , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2006年_通信(2), 546, 2006-03-08

  • Automatic contextual information generation using location information  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , OCAMPO Casey Tan , MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    コンテキストアウェアネスサービスにおいては,いつでもどこでも変化するユーザの要望に対応していくために,ユーザやその周囲の状況(コンテキスト)をより詳しく把握する必要がある.そこで,本稿では,より多くのコンテキストを収集する手段として,ユーザの位置情報を活用して,訪問履歴や同伴者といった情報を新たなコンテキストとして生成する方式を報告する.実現したコンテキスト生成方式において,実用的な計算コストでコ …

    ITE technical report 4, 29-34, 2004-04-23

    References (9) Cited by (4)

  • Automatic contextual information generation using location information  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , OCAMPO Casey Tan , MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    映像情報メディア学会技術報告 28(24), 29-34, 2004-04-23

    References (9)

  • Evaluation of context-aware word-of-mouth information sharing  [in Japanese]

    MURAKAMI Koji , NAKATSURU Takeshi , SUEDA Yoshiko , SAKAI Hiroshi , NIITSU Yoshihiro

    本稿では、個人ユーザが情報を登録する際のコンテキストを自動付与することにより、口コミ情報流通システムにコンテキストアウェアネス技術を適用することの有効性を、実証実験結果をもとに評価する。あわせて、口コミ情報検索において有効なコンテキストについても考察する。実験の結果、75%以上のユーザが情報登録時にコンテキストを登録しない一方で、60%以上のユーザがコンテキストによる検索を望んでいることが明らかと …

    Technical report of IEICE. KBSE 103(709), 1-6, 2004-03-08

    References (6)

  • A Study on Software Architecture Composed of Function Modules and Bus Interface for Next Generation Service Creation Environment  [in Japanese]

    Miyake Jun , Sasaki Junichi , Sueda Yoshiko , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2003年_通信(2), 28, 2003-03-03

  • Service Specification Description Method for Advanced Intelligent Network  [in Japanese]

    OKAMOTO Mitsuhiro , NIITSU Yoshihiro

    高度INにおいて通信サービスを実現する通信サービスソフトウェア(SLP)は,通常,サービス生成環境(SCE)で,図形式のサービス仕様を記述することにより自動的に生成される。本論文では,このSLP生成のための図形式のサービス仕様を記述する方法として,従来の記述法に比べ,記述が容易で理解性が高く,また記述能力の高い,サービス仕様記述法を提案する。従来の記述としては, ITU-Tで提案されたサービス非依 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 86(3), 344-352, 2003-03-01

    References (11)

  • Development support system for service management software of Advanced IN  [in Japanese]

    MIYAKE Jun , SUEDA Yoshiko , KISHIDA Takuji , NIITSU Yoshihiro

    高度INにおいて,各サービス固有のサービス管理はSMS(Service Management System)上で動作するMLP(Management Logic Program)によって行なわれる.MLPはサービス毎に開発が必要であり,従来は手書きによりコーディングされていた.そのため長い開発期間が必要であり,また品質の向上が難しいという問題があった.MLPの効率的な開発のため,私達はあらかじめ用 …

    IEICE technical report 101(714), 239-244, 2002-03-14

    References (2)

  • Development support system for service management software of Advanced IN  [in Japanese]

    MIYAKE Jun , SUEDA Yoshiko , KISHIDA Takuji , NIITSU Yoshihiro

    高度INにおいて,各サービス固有のサービス管理はSMS(Service Management System)上で動作するMLP(Management Logic Program)によって行なわれる.MLPはサービス毎に開発が必要であり,従来は手書きによりコーディングされていた.そのため長い開発期間が必要であり,また品質の向上が難しいという問題があった.MLPの効率的な開発のため,私達はあらかじめ用 …

    IEICE technical report. Information networks 101(716), 239-244, 2002-03-14

    References (2)

  • Proposal of service software creation environment for the next generation network (next generation SCE)  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , SASAKI Jyunichi , MIYAKE Jun , NIITSU Yoshihiro

    現在、次世代ネットワークソフトウェアに関するOpenAPIの検討が進められている。我々は、次世代ネットワークにおけるサービスをより迅速に、安価に、高品質で提供する手段として、OpenAPI(Parlay)をサポートした次世代ネットワークソフトウェアを生成するサービス生成環境(次世代SCE)が必要であると考えている。本稿では、次世代ネットワークソフトウェアおよびサービス生成環境への要求条件に基づく次 …

    IEICE technical report 101(647), 37-42, 2002-02-22

    References (11)

  • Proposal of service software creation environment for the next generation network (next generation SCE)  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , SASAKI Jyunichi , MIYAKE Jun , NIITSU Yoshihiro

    現在、次世代ネットワークソフトウェアに関するOpenAPIの検討が進められている。我々は、次世代ネットワークにおけるサービスをより迅速に、安価に、高品質で提供する手段として、OpenAPI(Parlay)をサポートした次世代ネットワークソフトウェアを生成するサービス生成環境(次世代SCE)が必要であると考えている。本稿では、次世代ネットワークソフトウェアおよびサービス生成環境への要求条件に基づく次 …

    Technical report of IEICE. OCS 101(649), 37-42, 2002-02-15

    References (11)

  • A Study on service dependence processing supporting tool on Service Management System  [in Japanese]

    Miyake Jun , Sueda Yoshiko , Kishida Takuji , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(2), 86, 2001-03-07

  • Components of Management Logic Program in Advanced Intelligent Network  [in Japanese]

    SUEDA Yoshiko , KISHIDA Takuji , MIYAKE Jun , NIITSU Yoshihiro

    高度インテリジェントネットワーク(高度lN)では, 呼処理を実現するSLPにおいては標準化が推進されており, SLPの効率的な開発についても活発に議論されている.しかし, 迅速なサービス開発, サービスカスタマイズの利便性の向上を実現するためには, サービス管理システム(SMS)において実行されるサービス管理プログラム(MLP)の開発効率化も検討する必要がある.これまで, サービス管理においてはも …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers B 00084(00003), 488-495, 2001-03-01

    References (6)

  • Management Logic Programs applying Java/CORBA Technologies to SMS and its UPT application  [in Japanese]

    KISHIDA Takuji , SUEDA Yoshiko , MIYAKE Jun , NIITSU Yoshihiro

    通信のパーソナル化が高まるとともにサービスのカスタマイズ化が要求されている。NTTの高度INではこのようなカスタマイズサービスにインターネットを適用することを検討している。本論文では、WWWおよびJava / CORBA技術を用いた高度INにおけるサービス管理業務やサービスカスタマイズを実現する。SMSとサービス管理ソフトウェア(MLP)の構成および機能分担について示す。また、MLPの機能分担を基 …

    Technical report of IEICE. SSE 99(674), 7-12, 2000-03-09

    References (3)

  • Management Logic Programs applying Java/CORBA Technologies to SMS and its UPT application  [in Japanese]

    KISHIDA Takuji , SUEDA Yoshiko , MIYAKE Jun , NIITSU Yoshihiro

    通信のパーソナル化が高まるとともにサービスのカスタマイズ化が要求されている。NTTの高度INではこのようなカスタマイズサービスにインターネットを適用することを検討している。本論文では、WWWおよびJava / CORBA技術を用いた高度INにおけるサービス管理業務やサービスカスタマイズを実現するSMSとサービス管理ソフトウェア(MLP)の構成および機能分担について示す。また、MLPの機能分担を基に …

    IEICE technical report. Information networks 99(676), 7-12, 2000-03-09

    References (3)

  • A Study on Component Programs for Management Logic Programs on Service Management System  [in Japanese]

    Miyake Jun , Sueda Yoshiko , Kishida Takuji , Niitsu Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2000年.通信(2), 74, 2000-03-07

  • 高度INのサービス生成環境における自動補完機能に関する一検討  [in Japanese]

    小幡 洋昭 , 水野 修 , 新津 善弘

    電子情報通信学会技術研究報告 99(507), 99-104, 1999-12-17

  • 1 / 4
Page Top