堀 透 HORI Thoru

Articles:  1-5 of 5

  • Nagoya's roadside trees and their maintenance  [in Japanese]

    堀 透

    Urban green tech (64), 25-28, 2007

  • Experimental analyses on the eye fixation patterns inspecting a tree : A comparison of the globe-shaped tree of Chamaecyparis obtusa ENDL. var. breviramea MAST. and the two types of plane figure.  [in Japanese]

    FUJII Eijiro , HORI Thoru , KARINO Takatoshi , ASANO Jiro

    樹木に対する注視特性がその他のものに対するそれとどう異なるかを比較検討する第一段階として, チャボヒバの玉ものと, それをシルエットとした模擬図形, さらにそれを円と長方形とで表した幾何図形とで比較した.その結果, 6名の被験者のうち4名において, チャボヒバでは模擬図形, 幾何図形に比べて注視点の停留時間, 移動距離がともに短いより細かな視点移動がみられた.また, 残り2人の被験者では, 停留時 …

    The Technical Bulletin of Faculty of Horticulture, Chiba University (42), p99-105, 1989-03

    IR  JASI 

  • Differences in the Eye Fixation Patterns Inspecting Solitaty and Linear Plantings of <I>Biota Orientalis</I> ENDL. and <I>Chamaecyparis Obtusa</I> ENDL var <I>Breviramea</I> MAST  [in Japanese]

    HORI Thoru , FUJII Eijiro , ANBIRU Toshihiko , ASANO Jiro

    単植では対照的な注視特性をもつコノテガシワとチャボヒバを使って, 単植と2~4本の列植に対する注視特性を注視点記録装置によって比較した。チャボヒバでは2本列植の段階で列植特有の注視特性を示すのに対して, コノテガシワでは2本列植ではまだ単植的な注視特性が強く残り, 3本列植ではじめて列植としての注視特性が明確になった。

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architects 48(5), 193-198, 1984

    J-STAGE  Cited by (2)

  • A Deciding Factor of Eye Fixation Pattern Inspecting a Solitary Tree of <I>Cedrus deodala</I> Loud  [in Japanese]

    HORI Thoru , FUJII Eijiro , ANBIRU Toshihiko , ASANO Jiro

    先の研究報告「配植計画に関する基礎的研究単木に対する視覚バターンの解析」で報告した注視点移動パターンを導く要因は何かについて, ヒマラヤスギの形態的要因に絞って解析を試みた。枝彙密度の異なるヒマラヤスギと形態的要素を純粋に示すものとしての図形に対し実験を行ない, その結果枝葉密度か疎なほど垂直性の強いパターンとなり, 密なほど垂直性の弱いバターンとなる傾向がみられ, 幹の見え方に関係することがわか …

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architects 47(5), 251-256, 1983

    J-STAGE 

  • Fundamental Studies on the Planting Design  [in Japanese]

    HORI Thoru , FUJII Eijiro , ANBIRU Toshihiko , ASANO Jiro

    配植計画に関する視覚心理的研究の一つとして, 単木を見る際の眼球運動をケヤキ, ヒマラヤスギ, クスノキを対象として測定した。クヤキ, ヒマラヤスギでは幹に沿った垂直的な注視点の移動パターンがみられ, クスノキでは左右方向の水平的な注視点の移動パターンがみられた。また注視点の分布は, ケヤキでは樹冠中央部と幹, ヒマラヤスギでは上部の幹, クスノキでは樹冠中央部に集まり, 特定の部位に集中する傾向 …

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architects 46(1), 13-18, 1982

    J-STAGE  JASI  Cited by (4)

Page Top