鈴木 翔 SUZUKI Sho

ID:9000045996694

名古屋大学大学院情報科学研究科 Nagoya University, Graduate School of Information Science (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Argument Filtering and Usable Rules in Higher-Order Rewrite Systems  [in Japanese]

    SUZUKI Sho , KUSAKARI Keiichirou , SAKABE Toshiki , SAKAI Masahiko , NISHIDA Naoki

    項書換え系(TRS)の拡張として高階関数を直接扱える単純型付き項書換え系(STRS)やさらにλ抽象も扱える高階書換え系(HRS)が提案されている.静的依存対法はこれら高階の系における非常に強力な停止性証明法である.静的依存対法で停止性を証明する際には引数切り落とし法や実効規則の概念が重要となる.これらはTRS上で提案されSTRS上に拡張されているが, HRS上では知られていない.本論文ではHRS上 …

    IEICE technical report 109(343), 25-30, 2009-12-10

    References (13)

  • Argument Filtering and Usable Rules in Higher-Order Rewrite Systems  [in Japanese]

    鈴木 翔 , 草刈 圭一朗 , 坂部 俊樹 , 酒井 正彦 , 西田 直樹 , SUZUKI Sho , KUSAKARI Keiichirou , SAKABE Toshiki , SAKAI Masahiro , NISHIDA Naoki

    項書換え系(TRS)の拡張として高階関数を直接扱える単純型付き項書換え系(STRS)やさらにλ抽象も扱える高階書換え系(HRS)が提案されている.静的依存対法はこれら高階の系における非常に強力な停止性証明法である.静的依存対法で停止性を証明する際には引数切り落とし法や実効規則の概念が重要となる.これらはTRS上で提案されSTRS上に拡張されているが, HRS上では知られていない.本論文ではHRS上 …

    電子情報通信学会技術研究報告SS, ソフトウェアサイエンス 109(343), 25-30, 2009-12

    IR 

Page Top