田中 克己 TANAKA Katsumi

Articles:  1-20 of 36

  • 1 / 2
  • Semantic Similarity Calculation based on Distributed Representation of Experiences and Search for Geographic Objects Providing Experiential Value  [in Japanese]

    松村 優也 , 大島 裕明 , 田中 克己 , 吉川 正俊

    情報処理学会関西支部支部大会講演論文集, 8p, 2017

  • Query Mining Based on Term Relationship Estimation in Verbal Queries  [in Japanese]

    Fukuchi Daisuke , Yamamoto Takehiro , Tanaka Katsumi

    <p>In this paper, we propose a method to find query suggestions of a verbal query, which contains a verb in the query, from the Web. People sometimes cannot obtain appropriate search results eve …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 32(1), WII-J_1-15, 2017

    J-STAGE 

  • Displaying the Amount of Missed Information in Recall-Oriented Tasks  [in Japanese]

    Umemoto Kazutoshi , Yamamoto Takehiro , Tanaka Katsumi

    <p>In recall-oriented tasks, where collecting extensive information from different aspects of a topic is required, searchers often have difficulty formulating queries to explore diverse aspects …

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence 32(1), WII-G_1-12, 2017

    J-STAGE 

  • Analysis of Relationship between Search Behavior and Task Satisfaction Focused on Search Expertise and Prior Knowledge  [in Japanese]

    梅本 和俊 , 山本 岳洋 , 田中 克己

    本稿では,検索タスク実行時のユーザの検索行動と,終了時のタスクに対する満足度との関係性を調査する.従来の情報検索に関する研究では,適合ページを多く提示することがユーザの満足度の向上につながるという前提の下で,検索結果のランキング手法が考案されてきた.しかし,それぞれの適合ページで記述されているタスクの答えが異なる場合は,かえってユーザの不満を引き起こす可能性がある.また,情報検索に対する専門性やタ …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 7(4), 13-28, 2014-12-29

    IPSJ 

  • ブログデータを用いたレシピ状況検索 : レシピの決定要因となった状況の発見 (データ工学)  [in Japanese]

    門脇 拓也 , 山肩 洋子 , 田中 克己

    本研究では,twitterなどで呟かれる「暑い中,日帰り出張だった」といった『状況』を表す文書から,レシピを決める要因となる『状況』を発見して,そのユーザに適したレシピを検索する手法を提案する.本研究では,ブログの中でレシピを紹介する「ブログ型レシピ」を対象に分析を行った.まず,ブログのタイトルから抽出したレシピの特徴名をラベルとし,そのブログの『状況』に関する記述から得た文書ベクトルをLabel …

    IEICE technical report. Data engineering 114(204), 13-18, 2014-09-10

  • 比較タスクにおける検索・閲覧行動分析に基づく情報再発見支援 (データ工学)  [in Japanese]

    武田 裕介 , 大島 裕明 , 田中 克己

    本研究では,比較タスクを行う際のユーザの行動の分析と,その結果に基づいたページ推薦手法の提案を行う.何かを比較するための情報取得行動(比較タスク)では,例えば,関係する複数のページをWebブラウザで同時に開き,タブ機能を用いてそれらのタブを切り替えながらページを比較するといったような特徴があると想定される.そこで,ユーザの実際の行動ログの分析を行い,比較タスクに特有な行動の発見を行う.また,一度行 …

    IEICE technical report. Data engineering 114(173), 119-124, 2014-08-01

  • Query Formulation for Action Search by Bootstrapping  [in Japanese]

    KITAGUCHI YOSHINORI , OHSHIMA HIROAKI , TANAKA KATSUMI

    本研究では,抽象的な行動を表す動詞が与えられたときに,より具体的・実際的・詳細な行動についてWebで検索するために利用可能なクエリを生成する手法を提案する.たとえば「ゴルフ」というトピックと「上達する」という動詞が与えられたときに,(シャンク,直す),(距離感,掴む)という語の組を生成する.取得されるアクションは多様である事が望ましい.クエリの生成は,ブートストラップ法による動詞から名詞の検索,名 …

    IEICE technical report. Data engineering 114(173), 101-106, 2014-08-01

  • ニュース記事の理解支援のための背景知識抽出と補完 (データ工学)  [in Japanese]

    田中 祥太郎 , ヤトフト アダム , 田中 克己

    本稿では,ニュース記事の理解に役立つような背景知識をWeb上のリソースから取得する手法を提案する.ニュース記事の中には,その背景知識がなければ内容を理解しにくいものがある.このようなニュース記事は背景知識の説明を含んでいることがあるが,それらは必ずしも十分であるとは限らない.そこで本稿では,ユーザに対してニュース記事の理解を支援するため,ニュース記事から人物や国家などのエンティティを抽出し,Web …

    IEICE technical report. Data engineering 114(173), 95-100, 2014-08-01

  • Query Formulation for Action Search by Bootstrapping  [in Japanese]

    Yoshinori Kitaguchi , Hiroaki Ohshima , Katsumi Tanaka

    本研究では,抽象的な行動を表す動詞が与えられたときに,より具体的・実際的・詳細な行動について Web で検索するために利用可能なクエリを生成する手法を提案する.たとえば 「ゴルフ」 というトピックと 「上達する」 という動詞が与えられたときに,(シャンク,直す),(距離感,掴む) という語の組を生成する.取得されるアクションは多様である事が望ましい.クエリの生成は,ブートストラップ法による動詞から …

    IPSJ SIG Notes 2014-IFAT-115(18), 1-6, 2014-07-25

  • Query Formulation for Action Search by Bootstrapping  [in Japanese]

    Yoshinori Kitaguchi , Hiroaki Ohshima , Katsumi Tanaka

    本研究では,抽象的な行動を表す動詞が与えられたときに,より具体的・実際的・詳細な行動について Web で検索するために利用可能なクエリを生成する手法を提案する.たとえば 「ゴルフ」 というトピックと 「上達する」 という動詞が与えられたときに,(シャンク,直す),(距離感,掴む) という語の組を生成する.取得されるアクションは多様である事が望ましい.クエリの生成は,ブートストラップ法による動詞から …

    IPSJ SIG Notes 2014-DBS-159(18), 1-6, 2014-07-25

  • Object Set Retrieval Based on Identity and Exclusivity of Attribute Values and its Application to Tourist Spot Data  [in Japanese]

    佃 洸摂 , 大島 裕明 , 加藤 誠 , 田中 克己

    本稿では,オブジェクトの属性値の組合せに基づくオブジェクト集合の検索手法を提案する.オブジェクト集合検索において,考えられるあらゆるオブジェクトの組合せを検索結果として提示するのはユーザの負担が大きくなり適切でない.たとえば,京都市内の3つの観光地から構成される観光地集合を検索する場合に,観光地のあらゆる3つ組を提示すると膨大な数になる.そこで提案手法では,オブジェクト集合を構成する各オブジェクト …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 6(5), 49-61, 2013-12-27

    IPSJ 

  • レシピフローグラフを介したレシピ集合の要約と特徴抽出(データ工学と食メディア)  [in Japanese]

    山肩 洋子 , 今堀 慎治 , 杉山 祐一 , 田中 克己

    本研究では,Webでレシピを検索した結果得られた上位数件のレシピから,それらの典型的な調理手順と,個々のレシピの特徴を発見する手法を提案する.まず,「肉じゃが」「カルボナーラ」「ビーフシチュー」「ニガウリ」の4種類のクエリにより検索された各上位10件のレシピに対し手作業で抽出された特徴を分析したところ,出現頻度は高くないものの,最も重視されるのは『手順』に関する特徴であることが分かった.そこで,あ …

    IEICE technical report. Data engineering 113(214), 43-48, 2013-09-05

  • 語の出現頻度と意味関係分析を用いたWebからのタスク検索  [in Japanese]

    Ryo Kato , Hiroaki Ohshima , Takehiro Yamamoto , Makoto P.Kato , Katsumi Tanaka

    本研究では,クエリとしてある目的が与えられた際に,その目的を達成するために必要なタスク集合をウェブから発見するタスク検索を提案する.本稿では,タスク検索の第一歩として,入力クエリを効果的にクエリ拡張することで,元のクエリでは発見不可能なタスクを含んだウェブページを収集する手法について提案する.提案手法では,検索連動型広告に着目し,動詞の出現パターンを用いてタスクに関連した動詞を抽出することで,クエ …

    IPSJ SIG Notes 2013-IFAT-111(16), 1-6, 2013-07-15

  • An Analysis System of Reporting Tendencies in News Websites Based on Readers' Varied Emotions  [in Japanese]

    ZHANG Jianwei , KAWAI Yukiko , KUMAMOTO Tadahiko , SHIRAISHI Yuhki , TANAKA Katsumi

    ニュースサイトは日常生活における重要な情報源であり,閲覧者は発生事象の情報を受信する(受ける)のと同時に,書き方によって「楽しい」,「悲しい」,「怒り」等の多様な印象も受けている.特に,賛否両論となるニューストピックに関しては,複数のニュースサイトで報道傾向が異なるため,異なった印象を受ける.また,同じ話題であっても,時間が経つと報道傾向が変化する場合には異なる印象を受ける.そこで本研究では,記事 …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 25(1), 568-582, 2013

    J-STAGE 

  • 下位語を利用した単語概念が持つ視覚的多様性の数値化  [in Japanese]

    松尾賢治 , 川野悠 , 大島裕明 , 田中克己

    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)論文集 (2011), 401-408, 2011-07-20

    IPSJ 

  • Extracting Aspects from Q&A Contents for Supporting Web Searches  [in Japanese]

    山本 岳洋 , 中村 聡史 , 田中 克己

    我々は膨大な検索結果をさまざまな観点から閲覧し,効率良く多くの方法を閲覧するための仕組みとして,検索結果全体の俯瞰的インタフェース(タームクラウド)と語ベース適合フィードバックに基づく検索結果の再ランキングシステムを提案してきた.提案してきた俯瞰的インタフェースは有効なものであったが,提示する単語は単純な語の出現頻度に基づき選ばれていたため,ユーザの再ランキング行為を促進するには不十分であった.そ …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 4(2), 74-87, 2011-07-01

    IPSJ  IPSJ  Cited by (1)

  • Search-by-Reaction : The Web Search Using Reader's Reaction in Twitter  [in Japanese]

    莊司 慶行 , 田中 克己

    日本データベース学会論文誌 10(1), 43-48, 2011-06

  • 質問応答コンテンツにおける補完情報分析と検索質問生成  [in Japanese]

    高田夏希 , 小山聡 , 田中克己 , 山本祐輔

    平成21年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集 (2009), 2009-09-29

    IPSJ 

  • 検索ランキングを考慮したWeb検索結果の網羅的閲覧  [in Japanese]

    厚見悠太 , 大島裕明 , 田中克己

    平成21年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集 (2009), 2009-09-29

    IPSJ 

  • 挟みこむ検索:与えられた2オブジェクトの補間オブジェクト発見  [in Japanese]

    旭直人 , 山本岳洋 , 中村聡史 , 田中克己

    平成21年度情報処理学会関西支部支部大会講演論文集 (2009), 2009-09-29

    IPSJ 

  • 1 / 2
Page Top