伊野 文彦 INO Fumihiko

ID:9000046010417

大阪大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • DT-1-3 Research Trends on Accelerator-based Systems  [in Japanese]

    Ino Fumihiko

    Proceedings of the IEICE General Conference 2015年_情報・システム(1), "SS-11"-"SS-14", 2015-02-24

  • The GPU Accelerator and Its Research Trends  [in Japanese]

    INO Fumihiko , HAGIHARA Kenichi

    GPU(graphics processing unit)とは,コンピュータグラフィクスを加速するための演算器である.本稿では,GPUを汎用アクセラレータとして応用したい初学者を対象として,その仕組み,プログラミング技術および研究動向について解説する.GPUプログラムの記述方法として,少ない労力で記述できるOpenACCによる高級な方法,および労力は多いが性能を最大化できるCUDA(compute …

    Medical Imaging Technology 31(3), 147-152, 2013

    J-STAGE 

  • Accelerating Normalized Mutual Information based Nonrigid Registration using CUDA  [in Japanese]

    IKEDA Kei , INO Fumihiko , HAGIHARA Kenichi

    電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 111(389), 115-120, 2012-01-12

    References (13)

  • Comparison of GPU Implementations for Accelerating Mathematical Morphology

    MAENO Ryuju , INO Fumihiko , HAGIHARA Kenichi

    本稿では,モルフォロジー演算の高速化を目的として開発した2種類のGPU実装手法を評価した結果を示す.開発した手法は,画素値計算を独立な部分問題に分割し,各部分問題をGPUを用いて並列処理する.この際,分割に関して 2種類の手法があり,その各々は構造要素の画素ごと(Scatter型)もしくは元画像の画素ごと(Gather型)の計算を部分問題とみなす.後者はEidheimらの手法を基に,任意の構造要素 …

    Proceedings of the Annual Conference of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 34vc(0), 239-244, 2006

    J-STAGE 

  • Performance Evaluation of Globus Toolkit to Manage Resources for Rapid Turnaround Processing  [in Japanese]

    MURAKI KENSUKE , KAWASAKI YASUHIRO , MIZUTANI YASUHARU , INO FUMIHIKO , HAGIHARA KENICHI

    本稿では, グリッドにおいて10秒程度の短時間処理を実現することを目標として, 標準ミドルウェアGlobus Toolkitが内包する資源情報収集システムMDS(Monitoring and Discovery Service)の性能評価を示す. 評価には, 64台のPCクラスタを用い, 資源情報の要求から収集を終えるまでの応答時間を計測した. その際, MDSを用いた短時間処理の実現可能性を明ら …

    IPSJ SIG Notes 162, 79-84, 2005-03-07

    References (9)

Page Top