毛利 篤史 MOHRI Atushi

ID:9000046010431

三菱電機(株)情報技術総合研究所 Mitsubishi Electric Corporation, Information Technology R&D Center (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Development of Memory Management Unit for Out-of-Order Completion RISC Processor  [in Japanese]

    Mohri Atsushi , Nakashima Kohji , Iwazaki Yasuo , Satoh Masato , Murata Hiroshi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.エレクトロニクス(2), 117, 2001-03-07

  • MPEG2 de-code LSI with VLIW Mediaprocessor Core Memory Architecture  [in Japanese]

    ANDO Yasuomi , MOHRI Atushi , YOSHIDA Toyohiko , YAMADA Akira

    電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会 1998(19), 13-18, 1998-03-13

    References (5)

  • Verification method of Mediaprocessor D30V  [in Japanese]

    Nakakimura K. , Yoshida T. , Yamada A. , Sato H. , Mohri A.

    マルチメディア分野への適応が可能なメディアプロセッサとして、独自のアーキテクチャを採用したD30Vを開発した。開発の過程においては、C言語によるシミュレータを作成して演算能力評価およびテストケース作成を行った。機能検証および論理検証では、検証期間を短縮するために、検証方法や検証で用いるテストケース自身に工夫を凝らし、加えて論理検証ではテストベンチの論理合成による回路化を行った。D30Vのプロセッサ …

    IPSJ SIG Notes 97(119), 49-56, 1997-12-11

  • Verification method of Mediaprocessor D30V  [in Japanese]

    NAKAKIMURA K. , YOSHIDA T. , YAMADA A. , SATO H. , MOHRI A.

    マルチメディア分野への適応が可能なメディアプロセッサとして、独自のアーキテクチャを採用したD30Vを開発した。開発の過程においては、C言語によるシミュレータを作成して演算能力評価およびテストケース作成を行った。機能検証および論理検証では、検証期間を短縮するために、検証方法や検証で用いるテストケース自身に工夫を凝らし、加えて論理検証ではテストベンチの論理合成による回路化を行った。D30Vのプロセッサ …

    IPSJ SIG Notes 127, 49-56, 1997-12-11

    References (5)

  • VLIW Mediaprocessor D30V Architecture  [in Japanese]

    MOHRI A. , YOSHIDA T. , HOLMANN E. , TAKATA H. , YAMADA A. , SHIMAZU Y.

    MPEG2のようなマルチメディア・アプリケーションを実行するためには、プロセッサに高い演算処理能力が要求される。この要求を満たす、2ウェイのVLIWと2ウェイのSIMDアーキテクチャで、250MHz動作時に1.0GOPSを有するメディアプロセッサコアD30Vを開発した。D30Vでは4演算/1クロックサイクルを行う4ステージパイプラインを2本備え、インターロック処理を避けるためにパイプ内とパイプ間で …

    Technical report of IEICE. ICD 97(229), 9-15, 1997-08-21

    References (5) Cited by (1)

  • 2V 250MHz Multimedia Processor Design

    TAKATA Hidehiro , SHIMAZU Yukihiko , MOHRI Atsushi , YAMADA Akira , YOSHIDA Toyohiko

    MPEG2のようなマルチメディアアプリケーションにおいては, プロセッサに高い演算処理能力が要求される. この要求を満たす, 1.2W@2V 250MHzのVLIWマルチメディアプロセッサを開発した. 本論文では, インプリメンテーションにおけるキー技術について述べる. 0.3μm 1-poly 4-metal CMOSプロセスにより, 30万トランジスタのプロセッサコアと, 64KBのSRAMを …

    Technical report of IEICE. ICD 97(197), 129-136, 1997-07-24

    References (9)

  • 2V 250MHz Multimedia Processor Design

    TAKATA Hidehiro , SHIMAZU Yukihiko , MOHRI Atsushi , YAMADA Akira , YOSHIDA Toyohiko

    MPEG2のようなマルチメディアアプリケーションにおいては, プロセッサに高い演算処理能力が要求される. この要求を満たす, 1.2W@2V 250MHzのVLIWマルチメディアプロセッサを開発した. 本論文では, インプリメンテーションにおけるキー技術について述べる. 0.3μm 1-poly 4-metal CMOSプロセスにより, 30万トランジスタのプロセッサコアと, 64KBのSRAMを …

    Technical report of IEICE. SDM 97(195), 129-136, 1997-07-24

    References (9)

Page Top