中村 秀一 NAKAMURA SHUICHI

ID:9000046010452

キヤノン株式会社情報メディア研究所:キヤノン株式会社CyberMediaプロジェクト Media Technology Laboratory, Canon Inc.:CyberMedia Project, Canon Inc. (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Design and Preliminary Evaluation of an Optical Bus Computer Cluster  [in Japanese]

    FUKUI TOSHIYUKI , SUZUKI SHIGEO , NAKAMURA SHUUICHI , SHIMOYAMA TOMOHIKO , SUDOU YOSHIAKI , HAMAGUCHI KAZUMASA , SHIBAYAMA SHIGEKI

    本稿では, ワークステーションクラスタの分散共有メモリ機構を, 光波長多重回線を用いてハードウェアでサポートした '光バスクラスタ' の第一次試作機 'Euphoria' の仕様, 及びEuphoriaを実際に稼動させて測定した基本性能の評価に関して述べる. Euphoriaはハードウェア・バスプロトコルを光回繰により他ノードまで通信し, cache coherenceを保った分散共有メモリを実現 …

    IPSJ SIG Notes 119, 143-148, 1996-08-27

    References (4) Cited by (3)

  • Performance Evaluation with Deferred Cache Coherence Protocol in Distributed Shared Memory Computer Cluster  [in Japanese]

    NAKAMURA SHUICHI , SUDO YOSHIAKI , FUKUI TOSHIYUKI , HAMAGUCHI KAZUMASA , SHIBAYAMA SHIGEKI

    分散共有メモリ型計算機クラスタのシミュレータを利用して, 遅延キャッシユ・コヒーレンシ・プロトコルの性能評価を行った. シミュレーションにより, 本プロトコルが分散共有メモリ型計算機クラスタのようなメモリ・アクセス・レイテンシの大きなシステムにおいてキャッシュ・ライン・サイズを大きくした場合には有効性を示すことがわかった.

    IPSJ SIG Notes 119, 119-124, 1996-08-27

    References (17)

  • A Deferred Cache Coherency Protocol Exploiting Weak Consistency  [in Japanese]

    NAKAMURA Shuichi , SHIMOYAMA Tomohiko , FUKUI Toshiyuki , HAMAGUCHI Kazumasa , CHO Kenjiro , SHIBAYAMA Shigeki

    緩いメモリ・コンシステンシ・モデルを利用した新しい遅延キャッシュ・コヒーレンシ・プロトコルを提案する.本プロトコルを採用したキャッシュ・メモリはプロセッサから要求されたメモリ・アクセス群に対するコヒーレンシ・トランザクションをリオーダリング限界まで遅延させることが可能である.この遅延によりメモリ・アクセス群に対してのコヒーレンシ・トランザクションを統合して発行することができ,トランザクション総数を …

    IPSJ SIG Notes 113, 153-160, 1995-08-23

    References (9) Cited by (1)

  • HDL Design of the Education-Purpose 32 bit Microprocessor QP-DLX  [in Japanese]

    山家 陽 , 中村 秀一 , 岩井原 瑞穂 , 村上 和彰 , 安浦 寛人

    我が国の大学における計算機工学教育は,その多くは講義のみによるもので,実験や実習を伴うものは極めて少ないのが現状である. しかも, ソフトウェアによる実現部分と集積回路技術によってハードウェアとして実現する部分を総合的に考える,システム設計側に立った集積回路設計という立場で組まれた実験カリキュラムはほとんど無いと思われる.そのため,ソフトウェア/ハードウェアの両面に渡る技術分野を概観できる一貫教育 …

    全国大会講演論文集 第48回(ハードウェア), 109-110, 1994-03-07

    IPSJ 

  • A Soft Core Processor for Hardware/Software Co-design  [in Japanese]

    Nakamura Shuich , Yasuura Hiroto

    Soft-Core Processorを用いた新しいASIC設計手法を提案する.本手法は,コアプロセッサと基本ソフトウェアをベースとしたシステム仕様の決定,ハードウェアとソフトウェアとの境界の変更,システム性能の評価手法,ハードウェアの再設計およびそれに伴う基本ソフトウェアの自動変更,開発環境の整備といったシステム全体の設計手法を体系的に提案するもので,統括的かつ実際的な手法である.本報告ではSo …

    Technical report of IEICE. VLD 93(392), 81-88, 1993-12-17

  • Development and Design Environment of the Educational Computer System QP-DLX  [in Japanese]

    Iwaihara Mizuho , Yamaga Akira , Nakagawa Tomomi , Kunisada Katuhiro , Saitoh Yasuhiko , Nagaura Wataru , Ike Kenjiro , Nakamura Shuichi , Yamada Tetsuya , Murakami Kazuaki , Yasuura Hiroto

    計算機工学教育用32ビットRISC型マイクロプロセッサQP-DLX(Kyushu University Education-Purpose DLX Microprocessor)の開発プロジェクトにおける,ハードウェア記述言語SFLによる設計の過程を報告する.QP-DLXの開発環境,設計結果,CADベンチマークとしての設計データの公開,QP-DLXを用いたマイクロプロセッサ設計演習の構想について述 …

    IPSJ SIG Notes 93(111), 95-102, 1993-12-16

  • Development and Design Environmernt of the Educational Computer System QP-DLX  [in Japanese]

    Iwaihara Mizuho , Yamaga Akira , Nakagawa Tomomi , Kunisada Katsuhiro , Saito Yasuhiko , Nagaura Wataru , Ike Kenjiro , Nakamura Shuichi , Yamada Tetsuya , Murakami Kazuaki , Yasuura Hiroto

    計算機工学教育用32ビットRISC型マイクロプロセッサQP-DLX(Kyushu University Education-Purpose DLX Microprocesser)の開発プロセジェクトにおける,ハードウェア記述言語SFLによる設計の過程を報告する.QP-DLXの開発環境,設計結果,CADベンチマークとしての設計データの公開,QP-DLXを用いたマイクロプロセッサ設計演習の構想について …

    Technical report of IEICE. VLD, 9-16, 1993

    Cited by (1)

  • Developing an Education-Purpose Microprocessor QP-DLX for Computer Science Courses  [in Japanese]

    Iwaihara Mizuho , Nakamura Shuichi , Kunisada Katuhiro , Saitoh Yasuhiko , Nakagawa Tomomi , Nagaura Wataru , Yamaga Akira , Yamada Tetsuya , Akaboshi Hiroki , Gwun Oubong , Murakami Kazuaki , Yasuura Hiroto

    「ソフトウェアから,計算機アーキテクチャ,論理回路設計,集積回路設計・製造に至る計算機工学一貫教育」用マイクロプロセッサQP-DLX(Kyushu University Education-Purpose DLX Microprocessor)の開発プロジェクトについて述べる.アーキテクチャとしては,「J.L. Hennessy and D.A.Patterson:Computer Archite …

    IPSJ SIG Notes, 35-42, 1993

    Cited by (7)

Page Top