和田 知久 WADA Tomohisa

ID:9000046011505

琉球大学大学院理工学研究科 Faculty of Engineering, Graduate school of Engineering and Science University of the Ryukyus (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Investigation on Harmonic Interference Canceller (HIC) for AM radio receiver  [in Japanese]

    TAMASHIRO Taishi , WADA Tomohisa

    一般的に通信に関するノイズは,機器から漏れた電磁波を他の機器が拾うことにより発生する.ノイズは様々な場所で頻繁に起こるため,ノイズの種類によって効率が良いノイズ除去法を選択する必要がある.LMSアルゴリズムは,自乗した平均誤差を最急降下法に基づいて最小にするアルゴリズムである.正弦波及び余弦波を用いて,LMSアルゴリズムによって値を適応させノイズ成分を予測し周期的なノイズ成分を除去する手法がすでに …

    IEICE technical report. Communication systems 112(486), 253-258, 2013-03-14

  • Investigation on Harmonic Interference Canceller (HIC) for AM radio receiver  [in Japanese]

    TAMASHIRO Taishi , WADA Tomohisa

    一般的に通信に関するノイズは,機器から漏れた電磁波を他の機器が拾うことにより発生する.ノイズは様々な場所で頻繁に起こるため,ノイズの種類によって効率が良いノイズ除去法を選択する必要がある.LMSアルゴリズムは,自乗した平均誤差を最急降下法に基づいて最小にするアルゴリズムである.正弦波及び余弦波を用いて,LMSアルゴリズムによって値を適応させノイズ成分を予測し周期的なノイズ成分を除去する手法がすでに …

    IEICE technical report. Circuits and systems 112(484), 253-258, 2013-03-14

  • Investigation on Harmonic Interference Canceller (HIC) for AM radio receiver  [in Japanese]

    TAMASHIRO Taishi , WADA Tomohisa

    一般的に通信に関するノイズは,機器から漏れた電磁波を他の機器が拾うことにより発生する.ノイズは様々な場所で頻繁に起こるため,ノイズの種類によって効率が良いノイズ除去法を選択する必要がある.LMSアルゴリズムは,自乗した平均誤差を最急降下法に基づいて最小にするアルゴリズムである.正弦波及び余弦波を用いて,LMSアルゴリズムによって値を適応させノイズ成分を予測し周期的なノイズ成分を除去する手法がすでに …

    IEICE technical report. Signal processing 112(485), 253-258, 2013-03-14

  • Conversion implementation of GF(2<sup>8</sup>) operand from power representation to standard representation

    Zheng ZhiAn , PHAM HaiDang , Wada Tomohisa

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2007(0), 527-527, 2007

    J-STAGE 

  • A High-speed Mobile ISDB-T Receiver based on the Directivity Limited Adaptive Antenna Array Combining Technique

    Gao Jing , Pham Dang Hai , Wada Tomohisa

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2007(0), 450-450, 2007

    J-STAGE 

  • Performance evalutation of List-Decoding of Generalized Reed-Solomon Codes using Sudan's Algorithm

    Taira R. Yoshinori , Wada Tomohisa

    Record of Joint Conference of Electrical and Electronics Engineers in Kyushu 2007(0), 127-127, 2007

    J-STAGE 

  • SOC Design Related Education, Research and Business Activity in Okinawa  [in Japanese]

    WADA Tomohisa

    情報通信関連産業は、沖縄県の自立発展を図る上で重要なリーディング産業として位置づけられており、平成10年に策定された「沖縄県マルチメディアアイランド構想」に基づき、その実現に向けて人材育成、研究開発、産業化等への各種施策が展開されています。一方、国内の多くの半導体関連企業が集積する九州地域においては、シリコン産業のベルト地帯が形成されつつある。このような状況のなかで、半導体集積回路(LSI)のシス …

    IPSJ SIG Notes 161, 19, 2005-01-21

Page Top