杉田 秀 SUGITA Shu

ID:9000046013857

早稲田大学大学院理工学研究科 Graduate School of Science and Engineering, Waseda University (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Disk Access Speed up Using Prefetching Thread  [in Japanese]

    FUKAYAMA Tatsunori , SUGITA Shu , HIRUTA Tomonori , YAMANA Hayato

    磁気記憶装置からのデータ取得にかかる時間と,主記憶からのデータの取得にかかる時間では,4〜10倍の差がある.こうした格差を補うための研究として,磁気記憶装置から効率的にデータを取り出す研究が行われている.本論文ではプログラムがアクセスする可能性の高いデータに対して,先読みスレッドで事前にデータの読み込みを行うことによりプログラムの性能向上を目指す.具体的には,マルチコア環境における先読みスレッドを …

    IPSJ SIG Notes 172, 233-238, 2007-03-01

    References (4)

  • A Speed-Up Method for Shell Scripts on Multi-Core and SMT Processors  [in Japanese]

    SUGITA SHU , FUKAYAMA TATSUNORI , HIRUTA TOMONORI , TOUNAKA NOBUAKI , YAMANA HAYATO

    本研究では,マルチコア・SMT(Simultaneous Multi-Threading)プロセッサ上でのシェルスクリプト実行の有効性を示すことを目的とする.近年マルチコアプロセッサおよびSMTの技術が注目されている.しかし,並列性を考慮していないプログラムを通常のコンパイラでコンパイルしても,マルチコアプロセッサやマルチスレッドを有効活用することはできない.通常,これらの技術の恩恵を受けるために …

    IPSJ SIG Notes 172, 73-78, 2007-03-01

    References (7)

  • Disk access speed up using prefetching thread  [in Japanese]

    Fukayama Tatsunori , Sugita Shu , Hiruta Tomonori , Yamana Hayato

    磁気記憶装置からのデータ取得にかかる時間と,主記憶からのデータの取得にかかる時間では,4〜10倍の差がある.こうした格差を補うための研究として,磁気記憶装置から効率的にデータを取り出す研究が行われている.本論文ではプログラムがアクセスする可能性の高いデータに対して,先読みスレッドで事前にデータの読み込みを行うことによりプログラムの性能向上を目指す.具体的には,マルチコア環境における先読みスレッドを …

    IPSJ SIG Notes 2007(17), 233-238, 2007-03-01

  • A Speed-Up Method for Shell Scripts on Multi-Core and SMT Processors  [in Japanese]

    SUGITA SHU , FUKAYAMA TATSUNORI , HIRUTA TOMONORI , TOUNAKA NOBUAKI , YAMANA HAYATO

    本研究では,マルチコア・SMT(Simultaneous Multi-Threading)プロセッサ上でのシェルスクリプト実行の有効性を示すことを目的とする.近年マルチコアプロセッサおよびSMTの技術が注目されている.しかし,並列性を考慮していないプログラムを通常のコンパイラでコンパイルしても,マルチコアプロセッサやマルチスレッドを有効活用することはできない.通常,これらの技術の恩恵を受けるために …

    IPSJ SIG Notes 2007(17), 73-78, 2007-03-01

  • MPIETE2 : Improvement of the MPI Execution Time Estimator in Prediction Error of Communication Time  [in Japanese]

    IWABUCHI Toshihiro , SUGITA Shu , YAMANA Hayato

    本稿では, MPIプログラム実行時間予測ツールMPI Execution Time Estimator(MPIETE)の, 通信予測手法の改善案を提案する. MPIETEは, プログラムを計算ブロック, 通信ブロックに分割し, 各ブロックの実行時間情報からプログラム全体の実行時間を予測する. 予測の際, 各ブロックの実行時間情報の取得を高速に行うことで, 実際の実行よりも速く実行時間予測が可能であ …

    IPSJ SIG Notes 2005(19), 175-180, 2005-03-07

  • MPIETE2 : Improvement of the MPI Execution Time Estimator in Prediction Error of Communication Time  [in Japanese]

    IWABUCHI Toshihiro , SUGITA Shu , YAMANA Hayato

    本稿では, MPIプログラム実行時間予測ツールMPI Execution Time Estimator(MPIETE)の, 通信予測手法の改善案を提案する. MPIETEは, プログラムを計算ブロック, 通信ブロックに分割し, 各ブロックの実行時間情報からプログラム全体の実行時間を予測する. 予測の際, 各ブロックの実行時間情報の取得を高速に行うことで, 実際の実行よりも速く実行時間予測が可能であ …

    IPSJ SIG Notes 162, 175-180, 2005-03-07

    References (8)

  • MPIプログラムの簡易実行による実行時間予測手法における通信時間予測の効率化  [in Japanese]

    杉田 秀 , 岩渕 寿寛 , 山名 早人

    第67回全国大会講演論文集 2005(1), 171-172, 2005-03-02

    IPSJ 

Page Top