坂井 修一 SAKAI Shuichi

ID:9000046015202

東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-18 of 18

  • D-6-16 COMPILER TECHNOLOGY FOR STRAIGHT ARCHITECTURE  [in Japanese]

    Nakae Satoshi , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報システム(1), 70, 2016-03-01

  • D-6-15 HDL IMPLEMENTATION AND EVALUATION OF STRAIGHT ARCHITECTURE  [in Japanese]

    Akaki Seiya , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報システム(1), 69, 2016-03-01

  • D-6-14 Evaluation of The Cache Management Where Replacement Policy And Prefetching Synergize: PrePromotion  [in Japanese]

    Katchi Hiroyuki , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報システム(1), 68, 2016-03-01

  • A-7-8 IMPLEMENTATION FOR AUTHENTICATION OF APPLICATIONS BY VM SECURE PROCESSOR  [in Japanese]

    Taniai Hiroki , Chida Takuya , Miyanaga Mizuki , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    Proceedings of the IEICE Engineering Sciences Society/NOLTA Society Conference 2016年_基礎・境界, 94, 2016-03-01

  • A-7-3 Realtime Privacy Monitoring System with Process-based Taint Tracking for Android Phones  [in Japanese]

    Imada Takemasa , Miyanaga Mizuki , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    Proceedings of the IEICE Engineering Sciences Society/NOLTA Society Conference 2016年_基礎・境界, 89, 2016-03-01

  • Inter-organizational Risk Evaluation by Interface Response Method  [in Japanese]

    Zenitani Kengo , Okumura Hirokazu , Mitsushio Hisafumi , Myojin Satoru , Irie Hidetsugu , Sakai Shuichi

    情報セキュリティリスクには業務委託先で発生するインシデントに由来するものが含まれるが、組織を横断してのリスク評価はしばしば困難である。本稿では、複数の組織が連携する場合でも、各々の組織内の詳細な情報を開示することなしにリスク評価を行う手法を境界応答法と名付け提案する。具体的には、組織の連携が発生する境界面での事象だけに着目して十分な情報を抽出する数理アルゴリズムであり、前回報告を行った定性的感度分 …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2016f(0), 5-8, 2016

    J-STAGE 

  • タイミング・フォールト検出手法のRAMへの適用 (集積回路)  [in Japanese]

    神保 潮 , 五島 正裕 , 坂井 修一

    近年,半導体プロセスの微細化に伴ってチップ上の素子遅延のばらつきが増加しており,ワースト・ケース設計では性能が向上しなくなる恐れがある.そこで我々の研究室では,ワースト・ケースではなくティピカル・ケースに基づく動作を可能にするために,タイミング・フォールト検出と二相ラッチによるタイム・ボローイングを組み合わせた,動的タイム・ボローイングを可能にするクロッキング方式を提案している.本稿では,レジスタ …

    Technical report of IEICE. ICD 114(436), 43-50, 2015-01-29

  • タイミング・フォールト検出手法のRAMへの適用  [in Japanese]

    神保 潮 , 五島 正裕 , 坂井 修一

    近年,半導体プロセスの微細化に伴ってチップ上の素子遅延のばらつきが増加しており,ワースト・ケース設計では性能が向上しなくなる恐れがある.そこで我々の研究室では,ワースト・ケースではなくティピカル・ケースに基づく動作を可能にするために,タイミング・フォールト検出と二相ラッチによるタイム・ボローイングを組み合わせた,動的タイム・ボローイングを可能にするクロッキング方式を提案している.本稿では,レジスタ …

    IPSJ SIG Notes 2015-ARC-214(8), 1-8, 2015-01-22

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 111(328), 1-2, 2011-11-22

    References (1)

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術 111(324), 139-140, 2011-11-21

    References (1)

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路 111(327), 41-42, 2011-11-21

    References (1)

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. CPM, 電子部品・材料 111(326), 41-42, 2011-11-21

    References (1)

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム : IEICE technical report 111(323), 43-44, 2011-11-21

    References (1)

  • Safe, Secure and Reliable Society by Electronics and Information Technology : What and how should we protect?  [in Japanese]

    SAKAI Shuichi

    電子情報通信学会技術研究報告. DC, ディペンダブルコンピューティング : IEICE technical report 111(325), 139-140, 2011-11-21

    References (1)

  • Evaluation of Area-Oriented Register Cache  [in Japanese]

    SHIOYA Ryota , IRIE Hidetsugu , GOSHIMA Masahiro , SAKAI Shuichi

    レジスタ・ファイルは,最近のスーパスカラ・プロセッサの構成要素のうち,もっとも高コストなものの1つとなっている.本稿では,我々が提案した,レジスタ・ファイルの回路面積の縮小を目的とする回路面積指向レジスタ・キャッシュの評価と議論を行う.既存のレジスタ・キャッシュは.通常のキャッシュと同様,アクセス・レイテンシの短縮とそれによるパイプライン段数の縮小を第一の目的としている.それに対し,回路面積指向レ …

    IPSJ SIG Notes 178, 13-18, 2008-05-06

    References (12)

  • Speculation scheme that continues executing mispredicted instructions  [in Japanese]

    KITA Takanobu , SHIOYA Ryota , IRIE Eiji , GOSHIMA Masahiro , SAKAI Shuichi

    プロセッサの高クロック化に伴いパイプライン段数は増加傾向にあり,予測ミスペナルティも増大している.予測ミスによってフラッシュされる命令の中には,ミスを起こした命令に依存しない命令も存在する.こうした命令をフラッシュせずに実行し,その実行結果を再利用することで,予測ミスペナルティを緩和することができる.本稿では,一度パイプラインに投入された命令は,フラッシュを行わず実行を継続するアーキテクチャを提案 …

    IPSJ SIG Notes 178, 7-12, 2008-05-06

    References (5)

  • Reducing Issue Delay of Store Instructions on A clustered Microarchitecture  [in Japanese]

    WATANABE SHOTA , IRIE HIDETSUGU , TAKADA MASANORI , SAKAI SHUICHI

    クラスタ型アーキテクチャは、実行コアを複数のクラスタに分散し、広い実行幅と高クロック動作の両立を目指している。本研究ではこのようなクラスタ型のスーパースカラプロセッサで従来よりも大きなボトルネックとなってしまうストア命令のIn-Orderかつ1サイクルに1つという発行の制限に着目し、ストア命令をより早い時刻に発行する手法を提案する。

    IPSJ SIG Notes 162, 199-204, 2005-03-07

    References (9)

  • テキスト情報からの制約に基づく料理画像中の物体検出  [in Japanese]

    Takano Motomu , Miura Koichi , Hamada Reiko , Ide Ichiro , Sakai Shuichi , Tanaka Hidehiko

    我々は、料理番組に着目し、テキスト教材からの情報を画像解析に反映させることにより料理映像の知的構造化を目指している。本研究ではその要素技術として、テキスト情報からの制約を利用し、料理画像中の食材を、画像処理により効率よく検出する手法を提案する。

    Proceedings of the Annual Conference of JSAI JSAI03(0), 111-111, 2003

    J-STAGE 

Page Top