岩田 靖 IWATA YASUSHI

Articles:  1-8 of 8

  • Evaluation of Selective Value Prediction using the Metatool  [in Japanese]

    岩田 靖 , 鈴木 和宏 , 安里 彰 , 木村 康則

    全国大会講演論文集 第58回(アーキテクチャ), 173-174, 1999-03-09

    IPSJ 

  • Metatool: a trace based SMP simulator.  [in Japanese]

    鈴木 和宏 , 岩田 靖 , 安里 彰 , 木村 康則

    全国大会講演論文集 第58回(アーキテクチャ), 171-172, 1999-03-09

    IPSJ 

  • Predictability of Data Values for Speculative Execution  [in Japanese]

    IWATA YASUSHI , ASATO AKIRA , ARAI MASAKI , OZAWA TOSHIHIRO , KIMURA YASUNORI

    プログラム中に存在するデータ依存の関係にある命令に対して, データ(値)を予測して投機的に実行する値予測に関する研究が近年始まっている.本稿では選択的値予測と呼ぶ値予測の新しい概念を提案する.これは, 値依存の関係にある命令を分類しタスクレベルの投機的実行に効果のある命令のみに対して値予測を行うものである.さらに, 効果的に値予測を行うために値予測による利得という概念を導入し, ベンチマークプログ …

    IPSJ SIG Notes 130, 55-60, 1998-08-05

    References (4) Cited by (3)

  • Load Module Compaction Method for VLIW Processor  [in Japanese]

    岩田 靖 , 安里 彰 , 木村 康則

    全国大会講演論文集 第56回(アーキテクチャ), 165-166, 1998-03-17

    IPSJ 

  • Architecture of Geometry Processor 'Procyon'  [in Japanese]

    ASATO AKIRA , IWATA YASUSHI , NISHIMOTO HARUKO , NAKAYAMA HIROSHI , KIMURA YASUNORI

    我々はジオメトリプロセサ「Procyon」の開発を行なっている. Procyon は4並列VLIW型プロセサで, その高並列演算能力とジオメトリ処理を指向した命令セットにより, サンプルプログラムを用いた評価では, 125MHz動作時で約2.6Mポリゴン/秒の性能が見積もられている. この数字は現時点でのハイエンドの3Dシステムと比較しても遜色ない値である. また, Procyonはソースオペラン …

    IPSJ SIG Notes 126, 49-54, 1997-10-28

    References (4) Cited by (1)

  • Geometry processor Procyon : Software development environment  [in Japanese]

    西本 晴子 , 岩田 靖 , 安里 彰 , 中山 寛 , 木村 康則

    近年, プロセッサの開発では,バードウェアとソフトウェアの開発を並行して行なう場合が多い。そのため,ハードウェアの設計・製作段階からターゲットとなるソフトウェアのテストやデバッグのできる環境を構築する必要がある。Procyonを開発するにあたっては, 設計期間の短縮を第一に考え, シンプルなハードウェア構成にした。そのため, 本来ハードウェアで行なっていた演算結果のバイパス制御をソフトウェアによっ …

    全国大会講演論文集 第55回(アーキテクチャ), 50-51, 1997-09-24

    IPSJ  Cited by (1)

  • Geometry processor Procyon : Compaction method  [in Japanese]

    岩田 靖 , 安里 彰 , 細井 聡 , 西本 晴子 , 小沢 年弘

    VLIW方式のプロセッサが実行する命令コードには, 使用しない実行ユニットに対するnop命令が必ず含まれる。これによりコードサイズが膨大になるという問題がある。本稿ではVLIW方式のジオメトリプロセッサであるProcyonで採用したロードモジュールのコンパクション方式について述べる。本方式では, 命令フェッチ時に動的に復元可能なnop命令をロードモジュール内のテキスト領域から取り除くことでコードサ …

    全国大会講演論文集 第55回(アーキテクチャ), 46-47, 1997-09-24

    IPSJ  Cited by (1)

  • Branch Prediction Method Based on Branch Path Models  [in Japanese]

    IWATA YASUSHI , KATSUNO AKIRA , KIMURA YASUNORI

    高性能バイプラインプロセッサにおいて, 分岐命令に起因するバイプラインハザードを回避し, 効率良くプロセッサを動作させるためには高精度な分岐予測方式を導入することが必要である. 分岐予測方式はパイプライン段数の深いプロセッサや, スーバースカラブロセッサのように複数のパイプラインを持つプロセッサではますます重要となる. 現在までに提案されている予測方式は, 予測する分岐命令の過去の分岐履歴を予測情 …

    IPSJ SIG Notes 117, 61-66, 1996-03-05

    References (6) Cited by (1)

Page Top