佐藤 三久 Sato Mitsuhisa

ID:9000046015248

電子技術総合研究所 Electrotechnical Laboratory (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • I/O System for the Massively Parallel Computer RWC-1  [in Japanese]

    Hirono Hideo , Matsuoka Hiroshi , Okamoto Kazuaki , Yokota Takashi , Hori Atsushi , Kodama Yuetsu , Sato Mitsuhisa , Sakai Shuichi

    汎用超並列計算機RWC-1における入出力機構は高速かつ大量データの扱いが可能なだけではなく,時分割・空間分割,リアルタイム処理などに対応していることが必要である.この要件を満たすために入出力機構には,命令実行系と独立した階層構造を持つ相互結合網が有利であることが分かった.本稿では下位階層の相互結合網として優先度付きマルチチャネルリングバスを提案する.本相互結合網は通常のリングバスに優先度処理を加え …

    IPSJ SIG Notes August, 33-40, 1993

    Cited by (3)

  • Interconnection Networks for the Massively Parallel Computer RWC-1  [in Japanese]

    Yokota Takashi , Matsuoka Hiroshi , Okamoto Kazuaki , Hirono Hideo , Hori Atsushi , Kodama Yuetsu , Sato Mitsuhisa , Sakai Shuichi

    1,000台クラスの規模を予定している超並計算機プロタイプRWC-1の相互結合網について検討する.RWC-1上で行なわれる並列処理の方式に適合させるため,まず相互結合網に求められる要件を整理する.そしてcircular Omegaをベースに拡張した新しい相互結合網multi-plane circular-Banyan ((CB)^n),Cube-Connected circular-Banyans …

    IPSJ SIG Notes, 25-32, 1993

    Cited by (9)

  • Memory System for the Massively Parallel Computer RWC-1  [in Japanese]

    Matsuoka Hiroshi , Okamoto Kazuaki , Hirono Hideo , Yokota Takashi , Hori Atsushi , Kodama Yuetsu , Sato Mitsuhisa , Sakai Shuichi

    超並列計算機における記憶階層の要件を整理し,超並列計算機RWC-1におけるメモリの大域的仮想化とデータの共有方式について述べる.RWC-1では,大域仮想アドレスを相対PE番号と局所仮想アドレスに分割し,それぞれに変換機構を設けることによって,アドレス変換の柔軟・簡素化を図っている.また,データの局所化に関して,マルチスレッド環境におけるデータの共有がどうあるべきかを論じ,RWC-1で採用を予定して …

    IPSJ SIG Notes 93(71), 17-24, 1993

    Cited by (3)

Page Top