井上 宏 INOUE Hiroshi

ID:9000046065362

大阪歯科大学欠損歯列補綴咬合学講座 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-11 of 11

  • 大学病院の現況と将来に関する調査  [in Japanese]

    井上 宏

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 21, 24-30, 2006-06-15

    Ichushi Web 

  • 8020 Campaign:Evaluation and New Challenge  [in Japanese]

    Inoue Hiroshi

    Ronen Shika Igaku 20(4), 321-321, 2006

    J-STAGE 

  • シンポジウムII 現在の顎関節治療は向上したか  [in Japanese]

    栗田 賢一 , 丹根 一夫 , 井上 宏 , 西野 瑞穂 , 木野 孔司

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 18(1), 23-24, 2006

    J-STAGE 

  • A case of temporomandibular joint disorder subject to postoperative functional evaluation of open TMJ surgery on removal of adhesions and pseudowalls assisted by arthroscopy using electromyography of inferior head of lateral pterygoid muscles  [in Japanese]

    MORI Yui , GOTOH Motohiro , KUBO Hirohito , KAKUDO Kenji , IWAWAKI Yasuto , UCHIDA Shinji , INOUE Hiroshi , ARIKA Takumi

    われわれは顎関節開放剥離授動術を施行した顎関節症患者の外側翼突筋の筋電図を使って術後機能評価を行った。患者は44歳男性, 主訴は開口障害および左側顎関節疼痛で, MRI所見にて顎関節症IV型クローズドロック, 円板はstuck状態であった。試験的パンピングマニピュレーションを施行するも奏効せず顎関節二重造影CTを行った結果, 両側に著明な線維性癒着病変を認め, 顎関節開放剥離授動術が適応となった。 …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 18(1), 6-11, 2006

    J-STAGE 

  • Morphology of lateral pterygoid muscle by magnetic resonance imaging  [in Japanese]

    TAMURA Yoshinori , UCHIDA Shinji , YOTSUI Yoritaka , YOSHIMINE Shigeki , NISHIZAKI Hiroshi , MAEDA Teruta , INOUE Hiroshi

    目的: 外側翼突筋 (以下LPt) の形態は, 屍体解剖による肉眼観察によって明らかにされている。医用画像を用いた観察では, CTを用いた報告も散見されるが, MRIを用いた報告は少ない。本研究ではMRIにて, LPtを非侵襲的に観察することを目的とした。<BR>方法: 顎関節部に自覚的症状をもたない成人21名を被験者とし, MRI装置Signa Horizon LX<SUP&g …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 16(3), 213-219, 2004

    J-STAGE 

  • The effect of a stabilization splint on the stability of jaw terminal points in open-close jaw movements  [in Japanese]

    HASEGAWA Yasuharu , MAEDA Teruta , MURAMATU Gohta , YOSIMURA Kazuyosi , INOUE Hiroshi

    顎関節症の治療法としてスプリント治療による保存療法の効果はよく知られている。しかし, その作用機序は明らかではない。そこでわれわれはスタビライゼーションスプリントの顎位修正効果について着目し, スプリントを経時的に装着させ, 装着前後においてのタッピング運動の下顎閉口終末位であるタッピングポイントの変動を観察した。<BR>被験者は, 本学学生を対象に, 理想的正常咬合者6名, 咬合不正 …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 13(3), 319-324, 2001

    J-STAGE 

  • Sound of TMJ movement in normal subjects. Factors of variation in recording through contact microphone.:—Factors of variation in recording through contact microphone—  [in Japanese]

    Kuremoto Koh-ichi , Maeda Teruta , Inoue Hiroshi

    クリッキングやクレピタスなどの顎関節雑音はこれまで多くの研究によって報告されてきたが, その対照となる正常者の顎関節運動音に関する研究は数少ない.我々は正常者の顎関節運動音の性状を明らかにし, またコンタクトマイクロフォンにより測定する場合, どの様な要因に影響を受けるかを明らかにすることを目的として実験を行った.被検者は自覚的他覚的に顎関節に異常を認めず, 聴診および触診においても顎関節に雑音を …

    The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function 4(1), 17-23, 1997

    J-STAGE 

  • A Case Report of Masticatory Dysfunction in the Elderly:EMG and MKG Observations of Prosthodontic Treatment  [in Japanese]

    Takaoka Seiki , Shimatani Hajime , Fujiwara Itaru , Okuda Hiroyuki , Kanehira Harukazu , Maeda Teruta , Inoue Hiroshi

    高齢者の生理的機能の老化にともない顎口腔系の機能も同様な変化がみられることはよく知られている。このような環境の中で, 高齢者が新義歯に適応していくことは長期間を要すると思われる。したがって高齢者において口腔内の急激な環境変化を少なくし, 最終義歯にスムーズに移行させることは今後, 補綴臨床においてますます重要になる。今回我々は, 咬合高径の低下, 下顎の偏位および顎関節部痙痛を伴なう高齢者に顎位の …

    Ronen Shika Igaku 11(1), 44-51, 1996

    J-STAGE 

  • A study of displacement of the mandibular condyles during wearing of a stabilization biteplate

    NISHIKAWA Toshifumi , KAWANO Akira , KUREMOTO Koh-ichi , ETOH Takanori , INOUE Hiroshi

    スタビリゼーションバイトプレートの作用機序には下顎頭の顎関節部への圧迫の緩和, つまりリリーフ効果がその一つとして挙げられている。しかし, プレート装着時の下顎頭の変位についての報告はあまりみられない。特に, 日常臨床での使用頻度の高いスタビリゼーションバイトプレート装着時の詳細な報告はみられず, リリーフ効果の有無についての報告もみあたらない。そこでわれわれは, スタビリゼーションバイトプレート …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 7(2), 413-422, 1995

    J-STAGE 

  • Electromyographic (EMG) study of masticatory muscles during continuous unilateral gum chewing

    KAWANO Akira , YOSHIMINE Shigeki , UCHIDA Sinji , UNEZAKI Yasuo , SHIMAMURA Seiji , KANEHIRA Harukazu , MAEDA Teruta , INOUE Hiroshi

    本研究は持続的片側咀嚼が咀嚼筋の活動状態や協調様式に与える影響を検討することにより, 習慣的な片側のみでの咀嚼の顎関節症I型への関与を明らかにすることを目的とした。<br>被検者は顎関節部や咀嚼筋に異常を認めない正常有歯顎者8名で, 習慣性咀嚼側のみでガム (Dentyne chewing gum) を30分間連続的に咀嚼させ, 両側咬筋浅部中央 (Mm), 側頭筋後部 (Tp) より …

    Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint 7(3), 484-489, 1995

    J-STAGE 

  • A Case Report of Oral Reconstruction for Elderly Patient  [in Japanese]

    Okuda Hiroyuki , Kanehira Harukazu , Maeda Teruta , Fujiwara Itaru , Kihara Nobuaki , Inoue Hiroshi

    咀嚼系の機能の保全や, また, 審美性の回復を目的として, 咬合高径の低下した患者に咬合を挙上し, 咬合再構成を行う場合がある。このとき, 高齢者では, 生理機能や急激な環境変化に対する適応能力の低下が想定されることから若年者よりも慎重に咬合挙上や咬合再構成を行うべきである。そして, 義歯装着後に新しい咬合高径や義歯にどのように適応していくかを知ることは, 高齢者の補綴処置を考える上で意義深い。& …

    Ronen Shika Igaku 8(2), 143-147, 1994

    J-STAGE 

Page Top