南 晴文 Minami Harufumi

Articles:  1-10 of 10

  • Breeding of low rosette-forming varieties 'Izuohshima E3 gou' and 'Tokyo E1 gou' in Eustoma grandiflorum  [in Japanese]

    宮下 千枝子 , 栄森 弘己 , 南 晴文 [他] , 鵜沢 玲子

    切花として人気の高いトルコギキョウ(Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.)は,都内ではこれまで伊豆大島を中心に栽培され,近年では区部や多摩地域の直売用カジュアルフラワーとして栽培が増加している。トルコギキョウは幼苗期の高温遭遇によりロゼット化する性質がある(Ohkawa et al, 1991)。夏期に播種・育苗する作型では,このロゼット打破のため種子や苗の冷蔵処理 …

    東京都農林総合研究センター研究報告 (9), 15-21, 2014-03

    JASI 

  • Commercial seed production and seed storage of Angelica keiskei 'Ashitaba' native to Hachijyo Island  [in Japanese]

    南 晴文 , 白井 靖子 , 大澤 良

    伊豆島しょ地域におけるアシタバ生産拡大のために、八丈島在来のアシタバ(以下、八丈系アシタバと記す)の種子増殖および種子貯蔵に関する試験に取組んだ。八丈系アシタバの伊豆島しょ各地域に自生する在来アシタバとの自然交雑を回避するために、アシタバの風媒飛散花粉による自然交雑距離、種子生産に及ぼす虫媒受粉の影響度、アシタバの主要な花粉媒介昆虫の種類を調べた。その結果、(1)アシタバの風媒飛散花粉は7m以上に …

    Bulletin of Tokyo Metropolitan Agriculture and Forestry Research Center (5), 39-44, 2010-03

    JASI 

  • Identification of Bitter Constituents from Angelica keiskei KOIDZUMI  [in Japanese]

    SHIBANO Makio , HASHIYAMA Emi , TANIGUCHI Masahiko , BABA Kimiye , MINAMI Harufumi

    Laserpitin (LAS), isolaserpitin (ILA) and (8<i>S</i>,9<i>R</i>)-8-angeloxy-8,9-dihyrooroselol (DHO) were identified as bitter constituents from <i>Angelica</i> (< …

    BUNSEKI KAGAKU 58(12), 1047-1051, 2009-12-05

    J-STAGE  References (11)

  • The Components and Line Breeding of Angelica keiskei KOIDZUMI  [in Japanese]

    BABA Kimiye , TANIGUCHI Masahiko , SHIBANO Makio , MINAMI Harufumi

    アシタバ<i>Angelica keiskei</i> KOIDZUMIは八丈島を原産地とする日本固有のセリ科の大型多年草である.現地では古くから,野菜又は民間薬として利用されている.本植物は根,茎,葉に多量の黄色物質を含んでいるのが特徴である.著者等は植物学的形態と高速液体クロマトグラフィーによるクマリン成分のプロファイルに基づき,産地による比較分類を行った.またこの黄色 …

    BUNSEKI KAGAKU 58(12), 999-1009, 2009-12-05

    J-STAGE  References (21)

  • Line breeding of Angelica keiskei with high chalcone content  [in Japanese]

    馬場 きみ江 , 谷口 雅彦 , 芝野 真喜雄 , 南 晴文 , 白井 靖子 , 大澤 良

    薬用植物研究 31(1), 30-35, 2009-06

  • Recent studies of Ashitaba (Angelica keiskei) as functional food ingredient, and its patent information  [in Japanese]

    南 晴文 , 谷口 雅彦 , 芝野 真喜雄 [他] , 馬場 きみ江

    アシタバは、八丈島では江戸時代頃より野菜あるいは薬、飢饉時の救荒作物として利用されてきたとされている。近年では、関東地方を中心に健康野菜として食されるほかアシタバ特有の機能性成分「カルコン類」が注目され機能性食品の素材としての需要が増加している。2005年の市場流通量は1,500トンで、野菜としての需要量の約10倍量の規模となっている。新聞紙上では、アシタバが含有する特有の機能性成分「カルコン類」 …

    Bulletin of Tokyo Metropolitan Agriculture and Forestry Research Center (3), 81-87, 2008-02

    JASI 

  • Bolting characteristics of low rosette-forming variety 'Izuohshima E3 gou' in Eustoma grandiflorum  [in Japanese]

    Miyashita Chieko , Minami Harufumi

    トルコギキョウの強ロゼット性品種'天竜乙女'にγ線を照射し,後代を高温育苗で選抜することにより,夏播き栽培の高温条件下でも安定して抽台する弱ロゼット性品種'伊豆大島E3号'が得られた.'伊豆大島E3号'の弱ロゼット性は,強ロゼット性品種との交配試験により,抽台の第一段階の節間伸長を高温下でも促進する効果が高く,その後の花芽形成の促進効果は …

    Regulation of Plant Growth & Development 42(1), 88-92, 2007

    J-STAGE  References (18)

  • Production and Breeding of Ashitaba Angelica keiskei indigenous to Izu islands  [in Japanese]

    MINAMI H. , SHIBANO M. , TANIGUCHI M. , BABA K. , MIYASHITA C. , SHIRAI Y. , OHSAWA R.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 75(2), 527, 2006-09-23

  • γ線により誘発されたトルコギキョウの弱ロゼット性系統の選抜  [in Japanese]

    宮下 千枝子 , 南 晴文 , 栄森 弘己

    東京都農業試験場研究報告 (33), 53-57, 2005-03

    JASI  Cited by (2)

  • Characteristics of non-heat-induced rosette lines induced by gamma irradiation in Eustoma grandiflorum  [in Japanese]

    MIYASHITA Ch. , MINAMI H. , EIMORI K. , SAKURAI N.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 73(2), 441, 2004-09-25

Page Top