吉田 実 Yoshida Minoru

ID:9000046185344

横須賀共済病院泌尿器科 Department of Urology, Yokosuka Kyosai Hospital (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Partial nephrectomy using a microwave tissue coagulator

    Yoshida Minoru , Noguchi Sumio , Yao Masahiro , Kubota Yoshinobu

    The conventional method of partial nephrectomy with renal vascular clamping has a risk of excessive blood loss and renal function deterioration. Recently, a microwave tissue coagulator is often used a …

    Journal of Microwave Surgery (21), 141-143, 2003

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Sensory tests for taste and flavor of chicken meat, egg and pork ham produced by feeding single cell protein grown on methanol.

    YOSHIDA Minoru , KATO Takeshi , IESAKA Hiroyuki , HAGANO Daisuke , KOBA Kenji , IWAMOTO Toshio , MATSUSHIMA Masahiro , SEIMA Toru , BANSHO Hiroyuki , KOTAKI Masakatsu , 飯野 雅夫

    雌鶏と雌豚に2カ月間試験用飼料を与えた上で次世代をとり, 親と同じ飼料を与えて4年間飼育した後, 鶏卵, 鶏肉および豚肉のサンプルを採取して, 官能検査に供した。鶏卵は固ゆで卵にし, 鶏肉はスープにし, 豚肉はハムにして試験した。<br>鶏用の飼料は, 対照(C)と, 酵母I, Kおよび細菌L(I, K, Lと略す)の4種類, 豚用の飼料は, 対照 (C) とKおよびLの3種類である。 …

    Japanese poultry science 19(2), 76-82, 1982

    J-STAGE 

  • Variation of Chemical composition and Nutritive Value of Dried Samples of Garbage  [in Japanese]

    HOSHII Hiroshi , YOSHIDA Minoru

    都市厨芥11点の化学的組成を測定するとともに, 8日齢の雄ヒナを使う生物定量法により栄養価を評価し, その変動の大きさを比較した。<br>ホテル食堂の副食を主とするサンプルA<sub>1</sub>は, 粗蛋白質 (CP) 31.35%, 可溶無窒素物 (NFE) 24.34%, 総エネルギー (GE) 4.12kcal/gであった。これに主食の残りを混合したサ …

    Japanese poultry science 18(3), 145-150, 1981

    J-STAGE 

  • Nutritional Value of Earthworms for Poultry Feed

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi

    家畜の糞尿, パルプ工場廃液, 活性汚泥など各種の廃棄物の処理にミミズを使用し, その糞を土壌改良剤に, ミミズ自身を釣のえさに利用することが, 全国各地で行なわれている。もし, この種の廃棄物処理がより大規模に行なわれるとすれば, 生産される多量のミミズは, 家畜, 家禽の飼料として活用できるであろう。本研究では, 生物定量法によりミミズの栄養価を測定して, ミミズを飼料として利用する場合の参考 …

    Japanese poultry science 15(6), 308-311, 1978

    J-STAGE 

  • A trial to evaluate novel feed sources under developing research economically

    YOSHIDA Minoru

    Japanese poultry science 15(3), 142-147, 1978

    J-STAGE 

  • Residue of Feed Additives in the Meat and Eggs

    YOSHIDA Minoru

    Japanese poultry science 12(1), 1-13, 1975

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of Dietary Calcium and Phosphorus Levels on Growth of Chicks Fed Yeast Grown on Methanol

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi

    n-パラフィン資化酵母を与えて行なった累代飼養試験1~3)では, 酵母区の育成期の増体量と飼料摂取量が少し低いという結果が5世代を通じて共通して観察され。その原因は主として, 対照飼料と酵母飼料の栄養素のバランスの差によるものと推察されているので, メタノール資化酵母による新しい研究に取組むにあたり, 飼料組成の手直しを行ない, エネルギー, 蛋白質, カルシウム, リンの含量が等しくなるようにし …

    Japanese poultry science 11(6), 225-228, 1974

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of Feeding Yeast Grown on n-Paraffin on Organs of Hens and on Quality of Eggs Laid

    YOSHIDA Minoru , TADA Masao , BANSHO Hiroyuki , MATSUSHIMA Masahiro , UMEDA Isao

    炭化水素酵母を15%含む飼料および対照飼料を与えて累代飼育した雌鶏の重器重量を測定し, また, これらが生産した卵の卵質を検査した。<br>1. 肝, 心臓, 肺臓は, 1羽あたり重量および体重1kgあたり重量のいずれにおいても, 対照区, 酵母区間で差がなく, 362羽の平均は, それぞれ40, 8.1および8.9g/羽であった。<br>2. 腎臓は, 対照区, 酵母区の …

    Japanese poultry science 11(6), 217-222, 1974

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Utilization of non-protein nitrogen by rumen microorganisms:I. Development and application of <i>in vitro</i> screening test  [in Japanese]

    ABE Akira , HORII Satoshi , YOSHIDA Minoru

    供試される合成窒素化合物についてルーメン細菌による利用性を判断するためのスクリーニング法について検討し,更にシクロブロパン誘導体,コハク酸アミド誘導体,ヒダントイン類,アミノニトリル類,ノルボルナン類および尿素化合物についてテストし以下の結果を得た.<br>1. 遠心分画によって得た菌体と窒素飢餓の合成培地との混合液にNPN化合物を添加し,炭酸ガス通気下に38°Cで30時間培養 …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 43(5), 244-250, 1972

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Effect of Dietary Fibre Level on the Growth of Chick  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    Five different sources of fibre, cellulose powder, carboxy methyl cellulose, rice hull, alfalfa meal and soybean oil meal were fed to day-old White Leghorn male chicks for 4 or 8 weeks at 4 different …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 35(tokubetu), 154-159, 1964

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Preparation of Purified Ration for Chick. Part IV:Preparation of Crystalline Amino Acid Diet  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    コーンスターチ,大豆油,結晶アミノ酸混合物を主とする精製飼料を調製して,白色レグホン種雄初生雛を飼育することを試みた.雛は卵黄蛋白質の影響を消すために最初の1週間は実用飼料で飼育した.不可欠アミノ酸の含量を一定にして,可欠アミノ酸の質および量的な関係について主として検討した.<br> その結果,可欠アミノ酸源としてはL-グルタミン酸のみでもよいことが明らかとなった. L-アスパラギン酸 …

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 37(4), 187-191, 1963

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Nutritive Value of Starches. Part IV:Comparison of Digestibility of 15 Natural Starches Estimated by a New Procedure  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , MORIMOTO Hiroshi

    予備飼育飼料を与えて調整した成熟雄ラットに,各種澱粉を含む試験飼料を給与して排糞量を測定することによって,それぞれの供試澱粉と同じ消化性をもつトウモロコシ,ジャガイモ澱粉混合物を推定し,混合物中のジャガイモ澱粉含量をもってPSスコアとし,これによって各種澱粉の消化性を示すことを試みた.<br> 15種類の天然澱粉について検討した結果,穀類澱粉のPSスコアはほぽ0であって消化性が非常によ …

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 37(6), 337-341, 1963

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Studies on Unidentified Growth Factor for Chicks in Fish Meal:II. Transfer of Fish Factor from Hen to Chick  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    魚粉中のヒナに対する成長促進因子,いわゆる魚因子が,種卵を介して種鶏からヒナに繰り越される現象の有無を検討する目的で,白色レグホン種の種鶏に,全植物性飼料または魚粉添加飼料を給与して,種卵を採取し,ふ化してえたヒナを用いて3週間試験した.ヒナ用飼料の組成や実験計画は,前報の場合と全く同じである.<br>その結果,種鶏からヒナに魚因子が繰り越されるという仮説は否定された.<br&g …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 34(3), 192-196, 1963

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Studies on Unidentified Growth Factor for Chicks in Fish Meal:I. Effect of Fish Factor on Growth of Chicks  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    白色レグホン種の雄初生ヒナを用いて,3~4週間の試験を行なった.大豆粕を蛋白質源とする全植物性精製飼料を基礎飼料とし,これに2%および5%の魚粉を添加して用いた,全植物性飼料および魚粉添加飼料のそれぞれのビタミン含量は,NRC (National Research Council, U. S. A.)標準量と過剰量の2水準にした.<br>その結果,白色レグホン種のヒナでは,ある種のビタ …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 34(3), 186-191, 1963

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Nutritive Value of Sweet Potato Starch. Part III:Effect of Various Treatments on Digestibility of Sweet Potato Starch  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , MORIMOTO Hiroshi

    低蛋白飼料をラットをこ給与して1日1頭あたりの排糞量を求めて消化性の指標とする簡便法を検討して,サツマイモ澱粉に対する処理の効果を比較した.<br> 生サツマイモ澱粉を与えると激しく下痢し,糞量も多いが,これを熱処理あるいは酸処理すれば,下痢を防ぐことができた.これらの有効な処理方法はいずれも澱粉の構造に変化を及ぼすもので,生サツマイモ澱粉の消化が悪いのに主としてその構造と関係があると …

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 36(7), 592-596, 1962

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Preparation of Purified Ration for Chick:III. Effects of Increase in Mineral Content and Addition of Cellulose  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    カゼイン,ゼラチン,コーンスターチ,大豆油を主体とする精製飼料を調製し,その無機物含量の妥当性と,セルロース添加の必要性について検討した.<br>1. 無機物は,第1表に示した混合物6%を配合すれば,十分であつて,6%以上配合しても,それ以上よい成績はえられなかつた.無機物含量が6%の場合,精製飼料中のCa, P, Mnの含量は,それぞれ1.57%,0.74%,59ppmであつた.&l …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 31(5), 251-254, 1960

    J-STAGE 

  • Reliability and Accuracy of Growth Experiment with Starting Chicks  [in Japanese]

    YOSHIDA Minoru , HOSHII Hiroshi , MORIMOTO Hiroshi

    白色レグホン種初生雛を金属製金網底バタリーで4週間飼育し,その成績に基ずいて,実験の信頼性を検討した.<br>1. 雄雛では,4週間の期間で,平均増体量248g,標準偏差34.4gであつた.この成績から,1区15羽の試験で,平均増体量に10%以上の差があれば,有意差(5%水準)であると推定できる.<br>2. 飼料摂取量の測定誤差は,第3•第4週の2週間にこぼれた …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 30(6), 386-391, 1960

    J-STAGE 

Page Top