小野澤 幸男 Onozawa S.

ID:9000046186991

電気通信大学電子工学科 Department of Electronic Engineening, The University of Electro Communications (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Evaluation of Combined Raster Morie Patterns on Color CRTs Using a Gaussuan Weighting Method  [in Japanese]

    INOUE Tetsuhiko , ONOZAWA Sachio , SHIRAI Shoji , OKU Kentaro , OSHITA Kazuhisa , SAWAHATA Masato , MIKOSHIBA Shigeo

    To reduce raster moire fringes appearing on color CRTs, a technique to simulate moire patterns is needed. Although it is necessary to know the moire pattern appearing on the entire screen of a CRT, th …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 55(8), 1198-1206, 2001-08-20

    J-STAGE  References (9) Cited by (2)

  • Japan Racing Association-Tokyo Race Course  [in Japanese]

    ISHII Makoto , ONOZAWA Sachio , NAKANISHI Yasuko

    The Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 54(5), 676-679, 2000-05-20

  • Shaping of an Electron Beam in High-Resolution CRTs for Reduction of Moire Fringes

    ONOZAWA S. , MIKOSHIBA S. , SHIRAI S. , OKU K. , OSHITA K. , SAWAHATA M.

    高精細CRTに発生するラスタモアレを低減するために、ガウス関数重みづけ法を用いて視認されるモアレパターンをシミュレートする技法を開発した。モアレパターンは、ビームプロファイル形状の影響を強く受ける。この技法を用いることで、さまざまなモードに対する最適なビームプロファイルの追求が可能となる。一般にガウス分布はラスタモアレを低減する最適な電子密度分布であると言われているが、本論文で、ガウス分布をわずか …

    IEICE technical report. Electronic information displays 98(666), 29-32, 1999-03-19

    References (5)

  • Shaping of an Electron Beam in High-Resolution CRTs for Reduction of Moire Fringes

    Onozawa S. , Mikoshiba S. , Shirai S. , Oku K. , Oshita K. , Sawahata M.

    高精細CRTに発生するラスタモアレを低減するために、ガウス関数重みづけ法を用いて視認されるモアレパターンをシミュレートする技法を開発した。モアレパターンは、ビームプロファイル形状の影響を強く受ける。この技法を用いることで、さまざまなモードに対する最適なビームプロファイルの追求が可能となる。一般にガウス分布はラスタモアレを低減する最適な電子密度分布であると言われているが、本論文で、ガウス分布をわずか …

    ITE Technical Report 23.27(0), 29-32, 1999

    J-STAGE  References (5)

Page Top