安浦 寛人 YASUURA HIROTO

ID:9000046246693

九州大学大学院システム情報科学研究院:独立行政法人科学技術振興機,CREST Faculty of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University:Japan Science and Technology Agency, CREST (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Considering Performance and Area Overhead in DVS System Utilizing Input Variations  [in Japanese]

    KUNITAKE YUJI , SATO TOSHINORI , YASUURA HIROTO

    半導微細化技術の進展に伴って素子特性のばらつきが増大し,これまで行われてきた最悪ケースを考慮した設計が困難となっている.なぜなら,素子特性のばらつきの増大によって過剰な設計マージンが取られ,性能や消費電力に大きな影響を与えているからである.この過剰に見積もられた設計マージンを取り除く手法として,我々はカナリア方式を検討している.これまで検討してきた方式では,性能と面積のオーバーヘッドにおいて改善の …

    IEICE technical report 108(28), 93-98, 2008-05-13

    References (9)

  • Considering Performance and Area Overhead in DVS System Utilizing Input Variations  [in Japanese]

    KUNITAKE YUJI , SATO TOSHINORI , YASUURA HIROTO

    半導微細化技術の進展に伴って素子特性のばらつきが増大し,これまで行われてきた最悪ケースを考慮した設計が困難となっている.なぜなら,素子特性のばらつきの増大によって過剰な設計マージンが取られ,性能や消費電力に大きな影響を与えているからである.この過剰に見積もられた設計マージンを取り除く手法として,我々はカナリア方式を検討している.これまで検討してきた方式では,性能と面積のオーバーヘッドにおいて改善の …

    IPSJ SIG Notes 178, 93-98, 2008-05-06

    References (9)

Page Top