小宮山 裕子 KOMIYAMA Hiroko

ID:9000046247073

山梨大学医学部附属病院看護部 University of Yamanashi Hospital (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • <第6回学術集会抄録>入院患者が不快と感ずる病棟環境の実態調査  [in Japanese]

    保坂 奈美 , 花輪 ゆみ子 , 平野みのり , 小宮山 裕子 , 中村 美知子

    Yamanashi nursing journal 4(2), 86, 2006

  • Unpleasant Conditions of the Surgical Ward for Inpatients - Comparison Between Just Entered and One Week in Hospital -  [in Japanese]

    HOSAKA Nami , HANAWA Yumiko , HIRANO Minori , KOMIYAMA Hiroko , NAKAMURA Michiko

    病棟環境を入院患者がどのように感じているかについて,明らかにすることを目的として,Y大学医学部附属病院に入院している患者を対象に,入院初日から3日目まで(以下,初回)41名,入院期間が7 日から10 日目まで(以下,2回目)28名に, 2回目のアンケート調査を実施した。調査項目は,病室の窓からの採光や照明などの視覚領域から8項目,他人の会話やトイレの使用音など聴覚領域から10項目,病室の温度や湿度 …

    Yamanashi nursing journal 4(2), 81-84, 2006

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Comparison of Attitude to Take Medicine between The Depressive Patients and The Hypertension Patients  [in Japanese]

    OMOTE Keiko , YUI Mohoko , OZAWA Minako , KOMIYAMA Hiroko , KAMEDA Kanako , TEZUKA Tomie , YAMADA Mitsuko , IGARASHI Aiko , MORI Chizuru

    うつ病患者と高血圧症患者の服薬態度を明らかにすることを目的に,ローゼンバーグの態度モデルを用いた調査用紙を作成し,外来通院中のうつ病患者49 名,高血圧症患者52 名を対象に調査を行った。対象者の年齢でマッチングさせ,服薬態度について比較を行った。その結果,うつ病患者は高血圧症患者より服薬回数が多く,服用している薬物の作用や副作用について知っていると回答した者が多かった。しかしうつ病患者は「薬の副 …

    Yamanashi nursing journal 1(1), 19-23, 2002

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top