亀山 充隆 KAMEYAMA Michitaka

ID:9000046253822

東北大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Sciences, Tohoku University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Architecture of a Stereo Matching VLSI Based on Recursive Computation  [in Japanese]

    TANJI Keita , HARIYAMA Masanori , KAMEYAMA Michitaka

    3次元計測のためのステレオビジョンでは,画像間の対応を高速かつ高信頼に求めることが必要となる.対応点探索の手法として,SAD(Sum of Absolute Differences)演算に基づく方法がある.SAD演算に基づく対応点探索では,SAD演算が膨大な回数行われるため計算量の減少が重要となる.本稿では,SAD間の共通の中間結果に着目した再帰的SADを提案する.また,一般的な2眼ステレオビジョ …

    IPSJ SIG Notes 178, 63-67, 2008-05-06

    References (3)

Page Top