濱田 友貴 HAMADA Yuki

ID:9000046253869

大阪大院 Graudate School of Engineering Science, Osaka University (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Medium Control Haptic Device using Dilatant Fluid  [in Japanese]

    Yoshimoto Shunsuke , Hamada Yuki , Tokui Takahiro , Suetake Tetsuya , Imura Masataka , Kuroda Yoshihiro , Oshiro Osamu

    To present multimodal sensation, both kinesthetic and cutaneous sensation are important in haptic feedback. However, previous systems in multimodal haptic feedback required some different type of hapt …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 16(3), 317-325, 2011

    J-STAGE  References (12)

  • 8D-03 Force generation and bone destruction model by impact  [in Japanese]

    HAMADA Yuki , KAGIYAMA Yoshiyuki , KURODA Yoshihiro , IMURA Masataka , OSHIRO Osamu

    The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME 2010.23(0), 59-60, 2011

    J-STAGE 

  • Haptic display of the impact fracture of the elasto-plastic body for the RAO simulator  [in Japanese]

    HAMADA Yuki , KAGIYAMA Yoshiyuki , KURODA Yoshihiro , IMURA Masataka , OSHIRO Osamu

    近年VR技術を応用し、外科手術に対する訓練を目的としたシミュレータの開発が期待されている。本稿では回転骨切り術シミュレータの開発を目的とする。回転骨切り術とは寛骨臼を鑿を使い、丸く切り取り移動させる手術のことである。本システムにおいて、骨の破壊現象を衝撃の伝播による破壊と考え、ばねモデルを用いて計算を行い亀裂の進展を予測した。また、ユーザの動きと対象物の破壊状態に応じて反力を提示することで対象の状 …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 110(108), 47-52, 2010-06-22

    References (9)

  • Haptic display of the impact fracture of the elasto-plastic body for the RAO simulator  [in Japanese]

    HAMADA Yuki , KAGIYAMA Yoshiyuki , KURODA Yoshihiro , IMURA Masataka , OSHIRO Osamu

    近年VR技術を応用し、外科手術に対する訓練を目的としたシミュレータの開発が期待されている。本稿では回転骨切り術シミュレータの開発を目的とする。回転骨切り術とは寛骨臼を鑿を使い、丸く切り取り移動させる手術のことである。本システムにおいて、骨の破壊現象を衝撃の伝播による破壊と考え、ばねモデルを用いて計算を行い亀裂の進展を予測した。また、ユーザの動きと対象物の破壊状態に応じて反力を提示することで対象の状 …

    ITE Technical Report 34.25(0), 47-52, 2010

    J-STAGE  References (9)

Page Top