辻 亮宏 TSUJI Akihiro

ID:9000046288122

名古屋工業大学 工学部 電気情報工学科 Department of Electrical and Computer Engineering, Nagoya Institute of Technology (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • An Inter-destination Synchronization Mechanism for Live Media in Multicast Communications  [in Japanese]

    TSUJI Akihiro , ISHIBASHI Yutaka , TASAKA Shuji

    本報告では,筆者らの既提案のライブメディアに対するメディア内およびメディア間同期方式と蓄積メディアのための端末間同期方式に対して拡張を行い,マルチキャスト通信環境でのライブメディアの取り扱いを可能にする.筆者らは,ATMネットワークを用いた実験システムにおいて,この同期方式を実装し,リップシンクの評価実験を行った.実験では,メディア発生源のワークステーションからリアルタイム入力されたビデオとそのと …

    IEICE technical report. Information networks 96(543), 17-24, 1997-02-21

    References (9) Cited by (1)

  • An Inter-destination Synchronization Mechanism for Live Media in Multicast Communications  [in Japanese]

    TSUJI Akihiro , ISHIBASHI Yutaka , TASAKA Shuji

    電気学会研究会資料. CMN, 通信研究会 1997(1), 17-24, 1997-02-21

    References (9)

  • An Inter-destination Synchronization Mechanism for Stored Media in Multicast Communications  [in Japanese]

    Tsuji Akihiro , Ishibashi Yutaka , Tasaka Shuji

    マルチメディア通信会議に代表される分散マルチメディアアプリケーションにおいては,複数の端末(メディア出力先)にビデオや音声等の複数メディアをマルチキャスト通信することが頻繁に行われる.マルチメディア情報をマルチキャスト通信するためには,各端末においてメディア同期制御によりメディア内及びメディア間の時間関係を調整するだけでなく,端末間におけるメディア出力速度をも一致させる必要がある.しかし、端末間の …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 1996年.通信(2), 291, 1996-09-18

  • An Experimental Study of a Media Synchromization mechanism for Live Media-Quick Recovery Asynchrony  [in Japanese]

    Tsuji Akihiro , Ishibashi Yutaka , Tasaka Shuji

    ATMネットワークのようなディジタルネットワークを用いたマルチメディア通信においては,ネットワーク遅延の揺らぎを吸収して各メディアの時間関係を維持するメディア同期制御が必要となる.メディア同期は,単一メディア内のメディアユニット(例えば,ビデオフレーム.以下,MUと略す)の時間関係を保つメディア内同期と,複数メディア間の相互同期を意味するメディア間同期に分けられる.筆者等は,文献において,蓄積メデ …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(2), 282, 1996-03-11

  • An Experimental Study of a Media Synchronization Mechanism for Live Media  [in Japanese]

    TSUJI Akihiro , ISHIBASHI Yutaka , TASAKA Shuji

    本報告では、リアルタイム入力メディア間同期方式を提案する.この同期方式は,パラメータ値の変更によって蓄積メディアにも連用できる.筆者らは、ATMネットワークを用いた実験システムにおいて,この同期方式を実装し,リップシンクの評価実験を行った.実験では,メディア発生源側のワ-クステーションからリアルタイム入力されたビデオとそのときの音声を,二つの異なっだTCPコネクションを用いて転送し,メディア出力先 …

    Technical report of IEICE. SSE 95(327), 67-72, 1995-10-20

    References (11) Cited by (2)

  • A Media Synchronization Mechanism for Multicast Communications  [in Japanese]

    Ishibashi Yutaka , Tsuji Akihiro , Tasaka Shuji

    マルチキャスト通信は,マルチメディア通信の実現のための重要な技術の一つであり,多くの研究が行われている.ビデオや音声等の複数メディアをマルチキャスト通信するためには,各メディア出力先においてメディア同期制御によってメディア内及びメディア間の時間関係を調整するだけでなく,メディア出力先間におけるメディア出力速度を一致させる必要がある.筆者らは,前者のメディア同期方式として,複数のメディア発生源からの …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.通信(2), 190, 1995-03-27

Page Top