坂本 次男 Sakamoto Tsugio

ID:9000046292030

防衛大学校 通信工学科 Dept of Communications Eng., National Defense Academy (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Double layered electromagnetic wave absorber using magnetic (Fe(CO)_5)- dielectric (TiO_2) composite material for GHz frequency band  [in Japanese]

    Saito Mitsuru , Sakamoto Tsugio , Niori Hirotake , Chino Masaru , Yamamoto Takashi , Kobayashi Masaki

    カーボニル鉄磁性体(Fe(CO)_5)・酸化チタン誘電体(TiO_2)複合体(ミクロコンポジット)を用いた2層型電波吸収体の反射減衰量-周波数特性を測定し、電波吸収特性を評価した。又、各層それぞれの複素比透磁率、複素比誘電率の値を用いて反射減衰量-周波数特性の理論計算を行い、単層型電波吸収体との関係を明らかにし、2層型電波吸収体の設計法を示した。

    ITE Technical Report 25.15(0), 19-22, 2001

    J-STAGE  References (4)

  • Electromagnetic wave absorber using dielectric (Ti)・magnetic (Fe) composite material for GHz frequency band  [in Japanese]

    Saitoh Mitsuru , Sakamoto Tugio , Niori Takehumi , Chino Masaru , Yamamoto Takashi , Kobayasi Masaki

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2000年通信ソサイエティ大会講演論文集(1), 221, 2000-09-07

  • Electromagnetic wave absorber using dielectric(Ti)・magnetic(Fe)composite material for GHz frequency band(I)  [in Japanese]

    Saito Mitsuru , Sakamoto Tsugio , Niori Hirotake , Chino Masaru , Yamamoto Takashi , Kobayashi Masaki

    誘電体(Ti)・磁性体(Fe)複合体材料(ミクロコンポジット)による単層型電波吸収体により、Fe/Tiの混合比の変化によって、最大反射減衰量を-40dB以下に維持したまま、整合周波数を7.7GHzから9.4GHzまで任意に設定可能であることを示した。又、-20dBの帯域幅では、7.3GHzから10.2GHzまでの周波数帯域を同一材料で実現できることを示した。更に、反射減衰量の理論計算により、複素誘 …

    ITE Technical Report 24.30(0), 1-6, 2000

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • Perfect matching of electromagnetic wave absorptive material  [in Japanese]

    SAKAMOTO Tsugio , CHINO Masaru , YAMAMOTO Takashi , YAMAMOTO Ario , KOBAYASHI Masaki

    本報告は、第1に同軸管による短絡・開放法を用いて計測した反射減衰量と位相角から、コンポジット電波吸収体の材料定数を算出する。第2に、完全整合状態の特徴を示すコンポジット電波吸収体の整合周波数における材料定数を算出する。第3に、反射係数と位相角を任意に変化させ、完全整合を満たす材料定数はいかなる値であるかをシミュレートする。

    IEICE technical report. Electromagnetic compatibility 98(661), 27-34, 1999-03-16

    References (6)

  • Perfect matching of electromagnetic wave absorptive material  [in Japanese]

    Sakamoto Tsugio , Chino Masaru , Yamamoto Takashi , Yamamoto Ario , Kobayashi Masaki

    本報告は、第1に同軸管による短絡・開放法を用いて計測した反射減衰量と位相角から、コンポジット電波吸収体の材料定数を算出する。第2に、完全整合状態の特徴を示すコンポジット電波吸収体の整合周波数における材料定数を算出する。第3に、反射係数と位相角を任意に変化させ、完全整合を満たす材料定数はいかなる値であるかをシミュレートする。

    ITE Technical Report 23.24(0), 27-34, 1999

    J-STAGE  References (6)

  • Study on the Radio Absorptive by γ-Fe_2O_3 and TiO_2 Composite Materials ( Part 6 )  [in Japanese]

    Chino Masaru , Sakamoto Tugio , Yamamoto Takashi , Yamamoto Ario , kobayashi Masaki

    The radio absorptive properties of (γ-Fe_2O_3/TiO_2) are measured at the frequency range from 40 MHz to 20.0 GHs. For the ideal properties for the single layer radio absorptive materials, absorptive c …

    ITE Technical Report 22.59(0), 1-6, 1998

    J-STAGE  References (4)

Page Top