大久保 保勉 OHKUBO Tsutomu

ID:9000046300984

太陽化学(株) (1986年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Methane fermentation of alcohol stillage derived from sweet potato tuber (II) Pilot-scale methane fermentation (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    ISHIHARA Masanobu , OHKUBO Tsutomu , YONAHA Kazuo , TOYAMA Seizen

    0.6m^3容大型発酵槽にて馴養したスラッジに生甘藷アルコール蒸留廃液を混合しpH7.5,37℃でメタン発酵を行い, ガス生成経過, 発生ガス量及び発生ガス中のメタン含量等について調べた。蒸留廃液を7日間メタン発酵して得られる総発生ガス量は廃液の有機物kg当たり819ℓで, その90%は発酵5日間で発生した。発生ガス中のメタン含量は69.8%に達した。発酵1日目から有機酸(酢酸, プロピオ …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (33), p95-102, 1986-12

    IR  JASI 

  • Methane fermentation of alcohol stillage derived from sweet potato tubers : (I) Small-scale methane fermentation (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , ISHIHARA Masanobu , OHKUBO Tsutomu , YONAHA Kazuo

    生甘藷を原料としたアルコール蒸留廃液を馴養したスラッジと混合しpH7.5,37℃でメタン発酵を200ml容注射筒を用いて行ない, ガス生成過程, 発生ガス量及び発生ガス中のメタン含量等について調べた。発酵液(20%スラッジ, 湿重)中の蒸留廃液濃度は有機物として1.3∿1.5%が最適で, 60%のメタンを含むガスが発生した。ガス発生量は, スラッジ濃度が20%までは廃液量とスラッジ濃度との …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (32), p55-62, 1985-12

    IR 

  • Ethanol production from sweet potato tubers by applying enzyme preparations (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , ISHIHARA Masanobu , YONAHA Kazuo , OHKUBO Tsutomu

    甘藷芋(100kg)を酵素剤で処理し, 150l容発酵槽を用いて発酵を行ないエタノール生産について検討した。芋の磨砕物にペクチナーゼ(100g)を加えて処理(pH4.5,25℃, 18時間)することにより液状化を図った。澱粉の糊化と液化を図るために, 液状化物にα-アミラーゼ(50g)を加えて加熱処理(pH5.5,80℃, 10分間)を行った。加熱処理することにより澱粉の糖化が容易となり, 液状化 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (31), p35-42, 1984-12

    IR  JASI 

  • Methane fermentation of sweet potato stalks and leaves (II) Pilot-scale methane fermentation (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , OHKUBO Tsutomu , ISHIHARA Masanobu , YONAHA Kazuo

    大型発酵槽(0.6m^3)を用い, 乾燥した甘藷茎葉を馴養スラッジに加えてpH7.5,37℃でメタン発酵を行ないガス発生経過, 発生ガス量及び発生ガス中のメタン含量等について調べた。乾燥茎葉を10日間メタン発酵して得られる総発生ガス量は茎葉kg当たり290lで, その80%は発酵6日間で発生した。発生ガス中のメタン含量は70%であった。発酵3日目に酢酸及びプロピオン酸が発酵液中に蓄積したが発酵4日 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (31), p29-34, 1984-12

    IR  JASI 

  • Saccharification of uncooked sweet potato tubers with enzymes for ethanol fermentation (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , ISHIHARA Masanobu , YONAHA Kazuo , OHKUBO Tsutomu

    生甘藷を無蒸煮で直接アルコール発酵の原料として使用するために, 酵素標品による生甘藷の液状化, 液化及び糖化条件を検討した。磨砕した生甘藷は0.2%ペクチナーゼとともに加温処理(30℃, 4∿5時間)することにより液状化した。液状化の程度は酵素濃度及び処理温度に依存した。液状化物にα-アミラーゼ及びグルコアミラーゼを加えて加温処理(40℃)しても還元糖量の増加はみられなかった。液状化物中の …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (30), p185-191, 1983-12

    IR  JASI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Methane fermention of sweet potato stalks and leaves : (I) Small-scale methane fermentation (Department of Agricultural Chemistry)  [in Japanese]

    TOYAMA Seizen , OHKUBO Tsutomu , ISHIHARA Masanobu , YONAHA Kazuo

    甘藷茎葉を馴養したスラッジと混合しpH7.5,37℃でメタン発酵を200ml容注射筒を用いて行ない, ガス生成経過, 発生ガス量及び発生ガス中のメタン含量等について調べた。生茎葉を15日間メタン発酵して得られる総発生ガス量は乾重g当り347mlで, その88%は発酵8日間で発生した。発生ガス中のメタン含量は58%であった。発酵初期には発酵液のpH及び発生ガス中のメタン含量は低いが, 発酵の進行に伴 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (30), p177-183, 1983-12

    IR  JASI 

  • 440 甘藷いもアルコール蒸留廃液のメタン発酵 : 発酵条件の検討  [in Japanese]

    当山 清善 , 大久保 保勉 , 石原 昌信 , 与那覇 和雄

    日本醗酵工学会大会講演要旨集 昭和58年度, 278, 1983

    NDL Digital Collections 

Page Top