寺田 一成 TERADA Kazunari

ID:9000046304635

富山大学大学院理工学研究部 Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Study of Infomation Amount Reduction for Spatial Scalable Coding Method based on Seam Carving  [in Japanese]

    TERADA Kazunari , INAZUMI Yasuhiro , HORITA Yuukou

    我々は既に,Seam Carvingに基づき,画像の重要な内容を保持した空間スケーラブル符号化法(以下,従来法と呼ぶ)を提案している.従来法は,削除するseamの位置情報をすべて保存していた.これは符号化効率を悪くする原因として問題となっていた.そこで本稿では,保存する削除位置の数を減らすことによって,Seam Carvingに基づく空間スケーラブル符号化法の更なる情報量削減の検討を行う.実験結果 …

    ITE Technical Report 34.44(0), 57-60, 2010

    J-STAGE  References (3)

Page Top