バン・クイク ハリー van Kuijk Harry

ID:9000046305347

テレダインダルサ株式会社High Tech Campus Teledyne DALSA Professional Imaging, High Tech Campus (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Back-side-illuminated image sensor with burst capturing speed of 5.2 Tpixel per second  [in Japanese]

    Arai Toshiki , Yonai Jun , Hayashida Tetsuya , Ohtake Hiroshi , van Kuijk Harry , Etoh Takeharu Goji

    バースト5.2テラ画素/秒の撮像速度を有する裏面照射型撮像素子を開発した.裏面照射型は,光開口率100%,光利用率向上,及び時間開口率100%を実現できるので高感度化が可能であり,表面照射型で遮光膜であった金属層を配線として使用することで配線抵抗を低減できるので高速度化が可能である.駆動評価実験の結果,感度252V/lux・sと最高撮像速度1,670万枚/秒が得られた.画素数約31万画素と最高撮像 …

    ITE Technical Report 37.19(0), 23-26, 2013

    J-STAGE  References (6)

  • Development of a 2Mfps 300 kpixel Ultrahigh-Speed CCD  [in Japanese]

    ARAI Toshiki , KITAMURA Kazuya , YONAI Jun , OOTAKE Hiroshi , HAYASHIDA Tetsuya , MARUYAMA Hirotaka , VAN KUIJK Harry , ETOH Takeharu Goji

    最高撮影速度が200万枚/秒の30万画素超高速度CCDを開発した.この超高速度CCDはフォトダイオードと読出し用垂直転送路の間にフォトダイオード1個につきそれぞれ144個のCCDメモリを配置した特殊な構造により構成される.全画素一斉の並列動作で信号電荷をCCDメモリに記録することで超高速度撮影が可能になった.超高速度CCDの最高撮影速度を見積もるため,フォトダイオード中の電荷の移動時間により制限さ …

    The IEICE transactions on electronics C 94(9), 252-260, 2011-09-01

    References (6) Cited by (2)

  • Design of the Backside Illuminated Ultrahigh-Speed CCD  [in Japanese]

    ARAI Toshiki , HAYASHIDA Tetsuya , KITAMURA Kazuya , YONAI Jun , MARUYAMA Hirotaka , OOTAKE Hiroshi , OHTSUKA Nao , VO LE Cuong , ETOH Takeharu Goji , VAN KUIJK Harry

    超高速度CCDの感度向上のため,超高速度CCDを裏面照射型にする素子構造について検討した.裏面照射型超高速度CCDは開口率100%と量子効率60%により,表面照射型に比べ感度10倍以上を達成できる.超高速度CCDは素子表面側にCCDメモリが存在する特殊な構造のため,独特な課題に対処することが可能なn-/p-2層エピタキシアル構造について検討した.入射光がCCDメモリまで浸透し光電変換して発生した電 …

    The IEICE transactions on electronics C 94(6), 147-154, 2011-06-01

    References (7) Cited by (2)

  • C-12-37 Development of a 2Mfps 300kpixel ultrahigh-speed CCD  [in Japanese]

    Arai Toshiki , Kitamura Kazuya , Yonai Jun , Ootake Hiroshi , Hayashida Tetsuya , Maruyama Hirotaka , Etoh Takeharu Goji , van Kuijk Harry

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_エレクトロニクス(2), 109, 2011-02-28

  • Improvement of dynamic range characteristics in ultrahigh-speed CCD  [in Japanese]

    Arai Toshiki , Yonai Jun , Kitamura Kazuya , Ootake Hiroshi , Hayashida Tetsuya , Maruyama Hirotaka , Etoh Takeharu Goji , van Kuijk Harry

    近年、目にもとまらない一瞬の現象を捉えることができる高速カメラの研究開発が進められている。これまでに我々は最高撮影速度100万枚/秒の超高速度CCDを開発した。この超高速度CCDの超高速駆動時のダイナミックレンジ特性改善のため、理論解析を行った。その結果、撮影速度を速くした時に素子内部の駆動電圧波形がなまる現象がダイナミックレンジ特性低下の直接的要因であることが分かった。対策として、画素配線抵抗を …

    ITE Technical Report 34.48(0), 25-28, 2010

    J-STAGE  References (3)

  • 11-3 A study of structure of backside illuminated ultraghigh-speed CCD  [in Japanese]

    Arai T. , Hayashida T. , Kitamura K. , Yonai J. , Maruyama H. , Etoh T. Goji , van Kuijk Harry

    A structure of backside illuminated ultrahigh-speed CCD is studied. Potential profile of n-/p-/p+ structure is calculated by three-dimensional semiconductor device simulator. To minimize transit time, …

    PROCEEDINGS OF THE ITE ANNUAL CONVENTION 2009(0), _11-3-1_, 2009

    J-STAGE 

Page Top