小西 有人 KONISHI Yuto

ID:9000046316126

大阪物療大学 Butsuryo College of Osaka (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-19 of 19

  • Development of a Low-floor Pedoscope and Its Use for Adult Individuals: Age- and Gender-based Comparisons of the Prevalence of Pseudo-floating Toe  [in Japanese]

    HISARI Ayako , KONISHI Yuto , TAKEUCHI Naoko , YOSHIDA Masaki

    〔目的〕開発した低床ピドスコープを適用し,成人期以降の年代間および男女間における立位で床に接地していない足趾(PFT)有無の割合の差を検討することである.〔対象と方法〕30歳から79歳の336名(男性141名,女性195名)とした.高さ90 mmの低床ピドスコープを開発した.開発した機器から取得した足底面画像を2値化した.PFT分類経験の異なる2名の検者にPFT有無を分類させ,検者間信頼性を検討し …

    Rigakuryoho Kagaku 32(1), 111-116, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of construction working wears by EMG  [in Japanese]

    KONISHI Yuto , OGAWA Kazunori , FUKUDA Yoshiyuki , OKA Hisao

    <p>建設現場において高齢作業員の離職と若年作業員の減少が大きな課題となっている. この要因の一つに身体的負担の大きさが挙げられる. 身体的負担を軽減することができれば, 高齢作業員の離職率の低下や若年作業員の雇用促進が期待できる. 本研究では, 弾性素材が筋の収縮方向に張力を発生させることで建設作業をアシストする建設作業用アンダーウェアに着目し, そのアシスト機能の評価を行った. 3 …

    Biomechanisms 23(0), 205-212, 2016

    J-STAGE 

  • Evaluation of assist underwear in the physical burden  [in Japanese]

    KONISHI Yuto , OKA Hisao

    建設作業員は近い将来,高齢化,怪我や体力低下による離職や若年作業員の減少により,労働者数が不足することが懸念されている.この原因の一つに,建設作業の身体的負担が大きい事が挙げられる.その負担を軽減することができれば,高齢労働者の怪我や体力低下による離職率の低下や若年労働者の雇用促進が期待できる.本研究では,各種建設作業動作を行った際の表面筋電位信号を身体的負担の指標として計測し,アンダーウェアの着 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(153), 1-6, 2014-07-26

  • Evaluation of isometric muscle contraction by simultaneous measurement of displacement-MMG and EMG  [in Japanese]

    Konishi Yuto , Oka Hisao

    人は骨格筋を収縮させることで様々な関節運動を行っている.筋の収縮機能を評価するためには,筋収縮に対する入出力信号であるEMGとMMGを同時計測することが必要である.本研究では,独自に開発したEMGとMMGを同時計測できるMMG/EMGハイブリッドセンサを用いて,大腿四頭筋の等尺性収縮機能の新たな評価方法を関発した.被験者に2種類の等尺性収縮を行わせた結果,収縮させる信号(EMG)と収縮した結果の信 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 113(499), 69-72, 2014-03-17

    Ichushi Web 

  • Assist of the sit-to-stand movement focused on antagonist muscle  [in Japanese]

    KONISHI Yuto , FUJINAGA Takeshi , KITAWAKI Tomoki , OKA Hisao

    起立動作は最も重要な日常生活動作の1つである。その起立動作に対するアシスト効果を持つ補助器具には様々な物がある。しかし,拮抗筋に対して働きかけている研究はあまり見られない。そこで,本研究では拮抗筋に対して弾性テープを貼付することで起立動作補助が行えないかを,表面筋電図とモーションキャプチャを用いて検討する.

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 113(147), 21-22, 2013-07-12

    Ichushi Web 

  • Electromyographic Analysis of the Lower Extremities during Pedaling, Treadmill Walking and Squatting  [in Japanese]

    IWASHITA ATSUSHI , KONISHI YUTO , YOSHIDA MASAKI

    〔目的〕ペダリングとトレッドミル歩行,スクワット時の下肢筋活動量を比較検討することとした.〔対象〕健常成人9名とした.〔方法〕筋電図を用い,仕事率60 Wと120 Wでのペダリング,4 km/hと6 km/hでのトレッドミル歩行,60回/分でのスクワットの動作における筋活動量を計測した.〔結果〕歩行時と比較した筋活動量を見ると,大腿四頭筋ではスクワットとペダリング(120 W)で,腓腹筋は歩行(6 …

    Rigakuryoho Kagaku 28(2), 183-187, 2013-04-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (28)

  • Wireless Hybrid Transducer of Displacement-MMG/EMG  [in Japanese]

    OKA Hisao , Konishi Yuto , KITAWAKI Tomoki , OKAMOTO Motoi

    骨格筋の収縮機能を評価するためには,筋を収縮させるための電気信号(EMG)と,収縮した結果生じる力学的な信号(MMG)を同時計測する必要がある。従来のMMG計測で用いられる加速度計では,運動下でのMMG計測を行うことができない。著者らはフォトリフレクタを用いて皮膚表面の変位,すなわち変位MMGと,Ag-AgCl電極によるEMGを同時に計測できるMMG/EMGハイブリッドセンサを試作した。センサ部は …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 112(479), 51-54, 2013-03-13

    Ichushi Web 

  • The Effect of Different Combinations of Pedal Rate and Load during Ergometer Cycling at Different Work Rates on the Muscle Activities of the Lower Limbs  [in Japanese]

    IWASHITA ATSUSHI , KONISHI YUTO , YOSHIDA MASAKI

    〔目的〕60Wと120W,180Wの仕事率で負荷量と回転数を変化させたペダリング時の筋活動を測定し平均値と最大値を検討した.〔対象〕健常成人10名とした.〔方法〕筋電図を用い右側大腿直筋,内側広筋,外側広筋,半膜様筋,腓腹筋内側頭,前脛骨筋を測定した.〔結果〕平均値では60Wと120Wにおいて低負荷高回転で高値を示し,180Wの中負荷中回転にて低値を示した.最大値では60Wの半膜様筋を除く全ての筋 …

    Rigakuryoho Kagaku 28(1), 135-139, 2013-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • Development of New EMG Measurement Method Responding to Muscle Movement  [in Japanese]

    KONISHI Yuto , HATTORI Takumu , NAKAMURA Hideo , ICHIHASHI Noriaki , OKA Hisao , YOSHIDA Masaki

    When measuring the surface EMG with bipolar lead, we must paste electrodes alonga muscle fiber direction. However, the pinnate muscle is known as that the pinnate angle will change by its contraction …

    Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 50(6), 675-680, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • S153012 Evaluation method of sit-to-stand movement using biomechanical information for an assistive device using a pneumatic actuator.  [in Japanese]

    KITAWAKI Tomoki , HUJIMAGA Takeshi , KONISHI Yuto , SASAKI Daisuke , NORITSUGI Toshiro , OKA Hisao

    In this study, we examined an evaluation method of analyze the sit-to-stand movement using the electromyogram (EMG), motion capture and floor reaction force meter. Furthermore, we apply this movement …

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan 2012(0), _S153012-1-_S153012-4, 2012

    J-STAGE 

  • Noninvasive measurement of neuromuscular system activities with multi-channel surface EMG signals  [in Japanese]

    NAKAMURA Hideo , IWASAKI Takahiro , KONISHI Yuto , YOSHIDA Masaki

    本研究の目的は,多チャンネル表面筋電図から運動単位から発生する活動電位を同定し,神経系活動を反映する運動単位発火頻度と筋組織の電気的・化学的特性を反映する活動電位伝導速度の同時計測を行うための計測法を開発することである.運動単位発火時刻を同定し,発火頻度を算出し中枢神経系活動を評価する.また,同定した発火時刻をトリガとして切り出した筋電図チャンネル間の時間遅れから伝導速度を推定する.伝導速度から末 …

    IEICE technical report 109(460), 79-82, 2010-03-02

    Ichushi Web  References (2)

  • 静的姿勢変化時の足趾圧の変化の解析 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    野尻 有香 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 219-222, 2009-11-14

  • 立位肢位における「浮き趾」足趾接地の変化と足趾筋力 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    久利 彩子 , 小西 有人 , 吉田 正樹

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 203-206, 2009-11-14

  • 運動による筋硬度の変化の計測 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    柴 真末佳 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 161-164, 2009-11-14

  • 3軸力覚センサを用いた歩行時の足趾の働きの解析 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    西郷 祥史 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 149-152, 2009-11-14

  • 高齢者転倒予防装置の開発 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    吉冨 滋洋 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 115-118, 2009-11-14

  • 筋電計測用衣服の製作 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    是澤 克彦 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 97-100, 2009-11-14

  • 簡易重心動揺計測システムの開発 (第30回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2009 予稿集)  [in Japanese]

    田巻 加津哉 , 小嶋 大樹 , 小西 有人 [他]

    バイオメカニズム学術講演会予稿集 30, 93-96, 2009-11-14

  • Estimation of muscle fiber direction by matrix electrode  [in Japanese]

    KONISHI Yuto , YAMAGUCHI Akiko , HATTORI Takumu , NAKAMURA Hideo , YOSHIDA Masaki

    表面筋電図計測において,筋線維方向と電極の貼付方向とがずれていることは大きな問題となる.そこで本研究では,計測後のデータより筋線維方向が推定可能な表面筋電図計測手法を提案する.本手法は,マトリクス状電極の各信号と基準電極の信号とを差動増幅した信号を記録する.任意の2つの記録信号の差動信号を求めることで,任意の電極間で双極誘導信号と同様の結果を得る.上腕二頭筋上にマトリクス状電極と基準電極を貼付し, …

    IEICE technical report 109(258), 29-32, 2009-10-22

    Ichushi Web 

Page Top