谷 嘉代子 TANI KAYOKO

Articles:  1-20 of 29

  • 1 / 2
  • 作業への動機づけとFmθ  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    臨床脳波 20(2), p115-120, 1978-02

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Mental Activities and Electroencephalograms(4) : On the Fm Theta and Personality Traits  [in Japanese]

    TANI KAYOKO

    Reports of the science of living. (25), p149-154, 1977

    IR  Ichushi Web 

  • 児童の臨床心理学-3-(入門講座)  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    臨床脳波 18(12), p773-781, 1976-12

    Ichushi Web 

  • 児童の臨床心理学-2-(入門講座)  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    臨床脳波 18(11), p713-720, 1976-11

    Ichushi Web 

  • 児童の臨床心理学-1-(入門講座)  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    臨床脳波 18(10), p645-651, 1976-10

  • A Comparative Study of Behaviors of Family-rearing and Institution-rearing Infants  [in Japanese]

    谷 嘉代子 , 天野 美佐子 , 中村 とし美

    はじめに : 乳児保育の心理的条件に関する研究は, 保育条件による影響の判定や, その効果の時期の判断など研究方法上の困難が多い。また, 人間の人格発達の臨界期を考えると, 思いつきや御都合主義的試行錯誤的の保育は許されないことも論をまたない。他方, 現実には生活の変動期社会にあって, 乳児の保育型が困乱していることも事実で, ここで現在のわれわれの社会での乳児の保育の心理条件のミニマムをはっきり …

    大阪市立大学家政学部紀要 (22), 139-144, 1975-03

    IR  Ichushi Web 

  • On Psychological Development of Mentally Handicapped Infants  [in Japanese]

    TANI KAYOKO , SOGABE TAKAKO , MITSUNAGA YASUKO

    Reports of the science of living. (23), p163-168, 1975

    IR  Ichushi Web 

  • The EEG during playing by young children with Down's syndrome  [in Japanese]

    谷 嘉代子 , 坂井 知恵子 , 森川 裕子

    子どもの精神的緊張を高めることを期待して, 遊戯場面を設定し, 彼らの行動を観察しながら, 脳波測定をおこない, 遊戯場面で子どもが興味と関心を強めるときの脳波的反応を明らかにしようとした。被験児としては, 注意集中に問題があると考えられている遅滞のあるダウン症児7名(5~7才)と統制群として健康幼児6名(4~6才), 成人4名(20~21才)である。結果としては, ダウン症児では遊戯場面で, 行 …

    Reports of the science of living 21, 127-133, 1974-03

    IR  Ichushi Web 

  • Mental Activities and Electroencephalograms(3) : On the Types of Alpha-Waves-Blocking  [in Japanese]

    谷 嘉代子 , 佐々木 伸子

    精神活動とシーター波について先に報告したが, 今回はアルファ波について周波数分析装置による分析値をもちいておこなった。20名の被験者(大学学生)によって, 9種類の作業(計算作業, 感覚運動作業, 記憶作業)を実施し, その間, 脳波と心搏を記録した。作業のさいにアルファ波抑制が生じ, 後にアルファ波が再び出現するのは普通にみられることであるが, 時間的にみて, アルファ波の変化の型にはいくつかの …

    大阪市立大学家政学部紀要 (20), 151-157, 1973-03

    IR  Ichushi Web 

  • Mental Activities and Electroencephalograms(2) : Mental Performances and Theta waves  [in Japanese]

    谷 嘉代子 [他] , 小畑 典子 , 中井 モト子 , 西岡 扶子

    精神活動を脳波を使って明かにすることを目的として前回第1報告では連続加算作業(クレペリン・テスト)中に特徴ある脳波(シーター波)を見出し, それの出現するときには, 心理的に作業になれたときであることを述べた。今回はさらに精神作業の種類を加えて, 計算, 暗算, 筆算, 珠算を視覚経路, 聴覚経路で問題をあたえる方法でおこない, その他に, 時間再生反応やタイプライティングのような作業として簡単な …

    Reports of the science of living 18, 193-200, 1971-02

    IR  Ichushi Web 

  • 脳波と心理学-3-人格の研究と脳波(入門講座)

    谷 嘉代子

    臨床脳波 12(3), 169-176, 1970-05

  • 脳波と心理学-2の2-行動研究と脳波(入門講座)

    谷 嘉代子

    臨床脳波 12(2), 85-91, 1970-03

  • 脳波と心理学-1-(入門講座)

    谷 嘉代子

    臨床脳波 12(1), 9-16, 1970-01

    Ichushi Web 

  • 睡眠脳波と言語学習効果との関係について

    谷 嘉代子

    臨床脳波 11(6), 445-453, 1969-11

    Ichushi Web 

  • Mentel Activities and Electroencephalograms(1) : EEG Patterns during Simple Mental Arithmetics  [in Japanese]

    谷 嘉代子 , 厚 千恵子 , 中井 モト子

    計算作業実施中の脳波活動を記録し, 精神活動と脳波像の関係を明らかにしたいと考えた。方法としては, クレペリン加算作業を行わせ, その間の脳波を記録し, 作業中に現われるシーター波に注目して, その脳波型と作業の諸条件を対応させた。 / 1. 作業中に出現するシーター波は6-7サイクルの高振幅シーター波で, 主として正中線, 前頭部にburst状, またはtrain状に出現した。 / 2. そのシ …

    Reports of the science of living 16, 183-189, 1968-11

    IR  Ichushi Web 

  • Over-Night-EEG's and their Developmental Meaning  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    1才から23才まで17名の終夜睡眠脳波の検討から次の事柄を検討考察した。 / (1)睡眠は低年令では深睡眠期が長く, 成人では軽睡眠期が長い。 / (2)Rem期の出現時間百分率は1才半以後では年令間に大きな差はなく, Remの脳波にも周波数の上で大きな差異はない。 / (3)体動はいづれの年令でも軽睡眠で最も高頻度に出現し, 次いでRem期であり, 深睡眠期では少い。 / (4)睡眠中の行動の観 …

    Reports of the science of living 15, 143-148, 1968-02

    IR  Ichushi Web 

  • 睡眠中の精神活動と脳波

    谷 嘉代子

    臨床脳波 9(3), 192-202, 1967-05

    Ichushi Web 

  • Psychological Test of Nocturnal Enuretics  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    脳波をモニターして夜尿現象を検討した6才から53才の20名のうちからロールシャッハテストを行った18名の対象について心理テストに反映された夜尿症の性格像を明かにせんとした。対象は脳波測定から得られた分類に従って, 年少群, 中間群, 成人群の3群にわけて検討した。その結果, 年少群では未成熟傾向が主な特徴とみられた。中間群では著しい未熟傾向に加えて, 神経症的特徴がみとめられた。成人群では未成熟傾 …

    大阪市立大学家政学部紀要 (14), 105-109, 1967-02

    IR  Ichushi Web 

  • Psychogical Tests of Tics  [in Japanese]

    谷 嘉代子

    比較的軽度Ticの患児12名の心理テスト(R・T, WISC)からTicの性格像をみようとした。更にGilles de la TouretteのTicの患児の心理テスト結果と対照検討した。軽症TicではWISC動作性テストが劣っていた。R・Tではcontrol群に比べて, M, mが高く, FC, ΣCが少く, 内向型を示すものが多かった。Gilles de la TouretteのTicは, W …

    Reports of the science of living 12, 93-97, 1964

    IR  Ichushi Web 

  • 睡眠脳波の周波数分析 特に不眠症患者の場合

    谷 嘉代子 [他]

    臨床脳波 5(4), ????, 1963-11

  • 1 / 2
Page Top