菊地 正人

Articles:  1-2 of 2

  • 集約放牧と併給飼料の組み合わせによる前期乳用雌育成牛(2~6ヶ月)の発育効果  [in Japanese]

    越川 志津 , 茂呂 勇悦 , 松木田 裕子 [他] , 山口 直己 , 加藤 英悦 , 菊地 正人

    前期乳用雌育成牛を対象にペレニアルライグラス草地を用い、乾物摂取量、放牧草の栄養成分および草勢維持を考慮し、草高20cm以下で多回利用する集約放牧を組み入れた飼養管理を実施した。放牧草の生産量および栄養成分の季節推移ならびに牛の乾物摂取量を考慮し、併給飼料を必要に応じて給与することにより、牛の養分充足が維持され、体重、体高とも標準発育値と同等に推移した。以前本研究所では、中期・後期乳用雌育成牛の飼 …

    岩手県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Iwate Agricultural Research Center (7), 45-47, 2007-03

    JASI 

  • 高泌乳・高蛋白牛群に適応した飼養管理技術の確立  [in Japanese]

    茂呂 勇悦 , 山口 直己 , 松木田 裕子 [他] , 川村 輝雄 , 菊地 正人

    高泌乳・高乳蛋白を達成するための飼料給与及び飼料中蛋白質の効率的な利用について検討した。乳量及び乳蛋白質率が高く、特に牛群として斉一的に高い県内の酪農家2戸について飼料給与内容を調査した。粗飼料は、とうもろこしサイレージと購入乾草が給与されており、乾物、DN、CP充足率は適度に満たされていた。栄養成分と消化性に優れた高品質粗飼料の給与が、高泌乳、高乳蛋白質率を達成するために必要と考えられた。泌乳牛 …

    岩手県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Iwate Agricultural Research Center (6), 85-89, 2006-03

    JASI 

Page Top