宮薗 勉

Articles:  1-3 of 3

  • かごしま黒豚を用いた焼酎粕濃縮液給与技術の開発  [in Japanese]

    今村 修二 , 生駒 エレナ , 大平 徳雄 [他] , 渡邊 洋一郎 , 稲田 年久 , 宮薗 , 林 國興 , 尾花 尚明 , 入江 正和 , 高橋 俊浩#森田 哲夫

    焼酎粕濃縮液(以下:濃縮液)を添加し,CPおよびTDN等を調整した飼料を給与することでかごしま黒豚肥育去勢豚の生産性および肉質等への影響について比較検討した。試験1 濃縮液の添加水準を3水準設けた試験区を設定し,濃縮液の最適添加量の検討を行った結果,飼養成績および枝肉成績には区間に有意差はみられなかったが,歩留率やロース断面積が増加する傾向がみられた。肉および脂肪の理化学的特牲は対照区に対し,ドリ …

    鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 畜産部門 (5), 25-31, 2012-03

    JASI 

  • Breeding and Improving in Swine by Transvaginal Ultrasound-guided Ovum Pick Up (OPU) Technology  [in Japanese]

    生駒 エレナ , 磯部 知弘 , 今村 修二 [他] , 大平 徳雄 , 稲田 年久 , 丸野 弘幸 , 宮薗 , 山下 静馬

    豚の受精卵(胚)や卵子の回収は通常外科的手法,あるいはと畜由来の卵巣および子宮から実施されるが,母豚へのダメージが少ない非外科的手法および卵子を同一個体から反復して採取することが可能である経腟採卵(OPU)についての検討は未だされていない。そこで,種豚の育種改良の一助と考えられるOPUをバークシャー種において実施し,体外受精卵の作製を試みた。61頭の豚にOPUを実施したところ45頭の豚から245個 …

    鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 畜産部門 (5), 21-24, 2012-03

    JASI 

  • Improving sow fertility under spontaneous estrus through frozen-thawed spermatozoa in artificial insemination  [in Japanese]

    生駒 エレナ , 今村 修二 , 大平 徳雄 [他] , 丸野 弘幸 , 稲田 年久 , 宮薗

    豚の凍結精液の人工授精(AI)は,凍結精液の個体によって融解後の生存率に差があり,液状精液よりも生存時間が短く,受胎率および産子数ともに劣ることから,現在実用化されていない。そこで,効率的な凍結精液のAI手技を模索するため,自然発情下の母豚に子宮深部注入器を用いてAIを行い,凍結融解液の違いによる子豚生産について検討した。(1)BCC融解液を用いた1回AIで,受胎率75%および平均産子数6.8頭と …

    鹿児島県農業開発総合センター研究報告. 畜産部門 (5), 17-19, 2012-03

    JASI 

Page Top