加藤 茂夫

Articles:  1-4 of 4

  • Case Studies on Corporate Capabilities for Sustainability  [in Japanese]

    間嶋 崇 , 今井 雅和 , 福原 康司 [他] , 矢澤 清明 , 加藤 茂夫

    本研究は,50年を超えて企業が持続的に発展するための源泉(持続的発展能力)を探ることを目的にしている。本稿では,一昨年に実施したヒアリング調査に対する議論に加え,これまでの我々の調査全体を通じて得られた知見を3つのポイントに整理している。すなわち,それは,経営理念/ビジョン,大胆な戦略展開/転換,ケイパビリティ/ダイナミックケイパビリティの3つである。

    専修マネジメント・ジャーナル = Senshu management journal 4(1), 29-39, 2014

    IR 

  • Case Studies on Corporate Capabilities for Sustainability  [in Japanese]

    間嶋 崇 , 今井 雅和 , 小沢 一郎 [他] , 笠原 伸一郎 , 蔡 芢錫 , 福原 康司 , 矢澤 清明 , 加藤 茂夫

    本稿の目的は,50年を超えて企業が持続的に発展するための源泉(持続的発展能力)を探ることにある。本稿では,我々の3年間の調査の一端である昨年,一昨年に実施した2社のヒアリングを頼りにしながら,その持続的発展能力を議論する。とりわけ本稿においては,その能力として,戦略転換を支えるケイパビリティと経営理念,そして地域社会との連携(地域密着)の重要性を強調したい。

    専修マネジメント・ジャーナル = Senshu management journal 3(1), 63-71, 2013

    IR 

  • Case Studies on Corporate Capabilities for Sustainability  [in Japanese]

    間嶋 崇 , 奥村 経世 , 馬塲 杉夫 , 山田 耕嗣 , 加藤 茂夫

    本研究は,企業自身のサステナビリティに関する能力(持続的発展能力)の探求を目的としている。さまざまな社会環境の変化の中で,社会のサステナビリティと共に,企業のサステナビリティが問題となっている。企業が50年,100年と持続ないし持続的に成長発展するには何が必要なのか?本研究では,企業の持続的発展能力の探求の端緒として,50年を超える歴史を持つ企業4社のヒアリングを実施した。本稿では,その4社におけ …

    専修マネジメント・ジャーナル = Senshu Management Journal 1(1-2), 145-158, 2012-03-20

    IR 

  • Case studies on corporate capabilities for sustainability  [in Japanese]

    間嶋 崇 , 小沢 一郎 , 笠原 伸一郎 , 加藤 茂夫

    本稿の目的は、50年を越えて企業が持続的に発展するための源泉(持続的発展能力)を探ることにある。本稿では、我々の調査の一端である昨年実施した2社のヒアリングを頼りにしながら、その持続的発展能力を議論する。とりわけ、我々は、その能力として、試行錯誤しながらの大胆な戦略転換とそれを支える(現実のものとする)組織の学習能力(開発力や改善力)の重要性を強調したい。We intend the search …

    専修マネジメント・ジャーナル = Senshu management journal 2(2), 45-55, 2012

    IR 

Page Top