Karasawa Kaori

Articles:  1-1 of 1

  • 自己評価と接近回避志向 : 制御焦点の活性化による相関関係の変化  [in Japanese]

    尾崎 由佳 , 唐沢 かおり , Ozaki Yuka , Karasawa Kaori , オザキ ユカ , カラサワ カオリ

    自己評価の肯定性・否定性と利得接近志向・損失回避志向の相関関係が、制御焦点の活性化操作によっていかに変化するかについて、以下の2 つの仮説を検証した。促進焦点を活性化させたときには、予防焦点を活性化させたときよりも、利得接近志向と自己評価の肯定性の正相関が強く示されるだろう(仮説1)。予防焦点を活性化させたときには、促進焦点を活性化させたときよりも、損失回避志向と自己評価の否定性の正相関が強く示さ …

    対人社会心理学研究 (12), 59-65, 2012

    IR  DOI 

Page Top